モロヘイヤの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

モロヘイヤの花言葉や種類、特徴をご紹介。モロヘイヤは、「王様の野菜」と呼ばれるきわめて栄養価が高い野菜。日本では比較的新しい野菜ですが、原産地では古くから貴重な緑の野菜として大切にされてきました。

モロヘイヤの花言葉

モロヘイヤの花言葉は「体力回復」

 

モロヘイヤについて

科・属 シナノキ科・コルコルス属
和名 モロヘイヤ
英名 Nalta jute
学名 Corchorus olitorius
原産地 北アフリカ、中近東
開花期 9月頃

 

モロヘイヤの特徴

モロヘイヤ 収穫 葉 茎 育て方 特徴

モロヘイヤは、エジプトを中心とする中近東やアフリカ原産のシナノキ科の野菜。高温乾燥に強く、熱帯の砂漠地帯でも育つ丈夫な性質ですが、あまり乾燥させると葉が硬くなったりハダニが発生するので、土の表面が乾いたら水やりしましょう。放任すると草丈が2mにもなるので、わらかい葉茎を次々に収穫しながらコンパクトに育てることがポイントです。寒さには弱いため、春に十分暖かくなってから植え付け、秋に花が咲く頃まで収穫します。

重病の王様がモロヘイヤのスープを飲んで回復したことから、 王様の野菜(ムルキイヤ)と呼ばれるようになり、 それがモロヘイヤの語源になったそうです。クレオパトラも愛食していたと言われ、エジプトには、扇形の刃の左右に取っ手が付いているモロヘイヤ専用のマハラタという包丁が昔から存在しています。

病の王様がモロヘイヤを食して回復したという言い伝えもありますが、実際にモロヘイヤは、抗酸化作用のあるビタミン類が野菜の中でもトップクラスの含有量と言われています。そんなことから、花言葉「体力回復」が付けられたのではないでしょうか。

 

モロヘイヤの栄養

モロヘイヤ 収穫 葉 茎 育て方 特徴

モロヘイヤには、カリウム、カルシウム、ビタミンA、B1,B2、C、食物繊維などが多く含まれます。苦味や強い香りなどはなく、きざむとオクラのような粘りとほんのり甘味が出てるのが特徴的です。

 

モロヘイヤの食べ方

モロヘイヤ 栄養 食べ方 簡単レシピ 毒 おひたし 茹で方

食用となるのは、やわらかい葉と茎の部分です。葉はみずみずしくてキレイな緑色をしているもの、茎はやわらかい部分だけ食べられます。

モロヘイヤは、ホウレンソウと同じく「シュウ酸」という「あく」の成分を含みます。モロヘイヤに含まれるシュウ酸は、ホウレンソウの半分くらいと言われますが、気になる場合はさっと下茹ですることをおすすめします。

モロヘイヤの茎から葉を取って洗い、鍋に水を入れて沸騰させ、塩を一つまみ入れてからモロヘイヤを入れて1分茹で、水を切ります。茹ですぎないように注意しましょう。 下茹でしたモロヘイヤは、ホウレンソウと同じようにおひたしやみそ汁の具などに使えます。

 

モロヘイヤの毒

モロヘイヤ 莢 種 毒

モロヘイヤは、9月頃になると小さな黄色い花を咲かせます。花後に莢をつけ、莢の中には種ができます。

モロヘイヤの種や莢には身体に有害な成分が含まれていて、種や莢を食べると少量でもめまいや嘔吐などの中毒を起こすので絶対に食べてはいけません。収穫期の葉とやわらかい茎の部分のみ食用とし、花や蕾、種、莢は食べないように注意しましょう。

野菜として流通しているモロヘイヤは、きちんと栽培管理されているので基本的に種や莢が入っている心配はありません。

 

▼モロヘイヤの育て方はこちら

 

▼編集部のおすすめ

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「モロヘイヤの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花と花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス