ズッキーニの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ズッキーニ
学名

Cucurbita pepo

英名
Courgette
科名
ウリ科
属名
カボチャ属
原産地
中南米、北アメリカ南部

ズッキーニの特徴

見た目はきゅうりのようですが、ズッキーニは「ペポかぽちゃ」の変種です。原産地は北アメリカ南部~中南米ではないかと考えられています。16世紀頃にヨーロッパに伝わり、19世紀後半にイタリアで改良されたものの中からズッキーニが誕生したといわれています。

日本ではまだ歴史が浅く、普及し始めたのは1980年頃からですが、家庭菜園ではお洒落で人気の野菜のひとつです。花がついたままの未熟な果実を食用にするため、エディブルフラワーとしての一面もあります。

ズッキーニは、別名「つるなしカボチャ」といわれ、分枝が発達することはなく、親づるがどんどん生長します。整枝といって、ズッキーニの実の下の葉を処理したり、支柱などでぐらつく株元を支えながら管理していきます。

ズッキーニの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 50~60cm
耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 弱い
花色 黄色
開花時期 5~8月

日本では歴史の浅いズッキーニですが、年々私たちの食卓に欠かせないものとなっています。レシピも今ではイタリア風のみにならず、和風、中華など調理法にも幅が広がっています。

ご家庭でもお馴染みとなったズッキーニですが、実の表面が柔らかく、皮が薄いために傷がつきやすいお野菜でもあります。

ズッキーニの生産

ズッキーニの消費は年々増加しており、 この10年ほどで国内での生産量もかなり増加しています。なかでも長野県や宮崎県が主な産地となっており、この2県で国内の生産量の半分以上を占めています。

ズッキーニの選び方

ズッキーニはかぼちゃの仲間ですが、かぼちゃのように寝かせて美味しくなるというものではありません。ヘタの切り口が新しいものを選びましょう。収穫時期を逸して育ちすぎたものは、果肉がスカスカになっていて食味が落ちています。適度な大きさで太さが均一なズッキーニを選びましょう。

保存方法

乾燥や低温に弱く、そのまま冷蔵庫で保存すると鮮度が落ちやすくなります。新聞紙やラップなどで包み、直接冷気が当たらないように注意してあげましょう。この場合でも、長くは保存できませんので数日中に食べ切りましょう。スライスして冷凍保存もできますが食感が軟らかくなります。出来るだけ早く食べることをおすすめします。

ズッキーニの栄養

ズッキーニにはカリウムやビタミンC、ベータカロテン、ビタミンAなどが含まれています。

花ズッキーニが異様に苦い!

ククルビタシン

ズッキーニやキュウリなどのウリ科の植物には、ククルビタシンといわれる苦味成分が含まれています。通常のズッキーニは、何の問題もなく食べることができますが、極まれにククルビタシンの含有量が多い花ズッキーニがあり、食したときに苦味で違和感を感じます。この苦い花ズッキーニを無理に食べると、下痢やおう吐、腹痛を起こすことがあります。
ズッキー二の苦味を感じるような場合は、加熱してもククルビタシンを防ぐことはできないので、残念ですが食べずに捨てましょう。

ズッキーニの調理法

くせが無いのでどんな料理にも使えます。特にトマトやニンニク、お肉とよく合います。煮込み(ラタトゥイユなど)、炒め物、ソテー、フライ、さっとゆでてサラダにしたり、天ぷらなどの和風料理にも用います。さっと炒めて和風のピクルス漬けもできます。炒めてカレーのトッピングに使うこともおすすめです。

ズッキーニの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
収穫

ズッキーニの栽培環境

日当たり・置き場所

ズッキーニは日当たりを好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

ズッキーニの生育適温は20℃前後です。

用土

ズッキーニは中性に近い弱酸性を好みます。

プランター栽培のズッキーニは、野菜用の培養土で育てましょう。

畑栽培のズッキーニは、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

ズッキーニの育て方のポイント

水やり

収穫する以前は水の与えすぎに注意し、土が乾いてからしっかり与えましょう。

反対に、収穫最盛期になるとズッキーニは水分を必要とします。日頃から乾燥させないように、定期的にお水をあげるよう管理しましょう。

通常畑で栽培する際は、雨のはね返りによる病害虫を防いだり、夏の乾燥を防ぐためにマルチや敷きわらを敷くことが多いです。

春夏のプランター栽培は、バーク堆肥などを敷いて梅雨時期の雨のはね返り・乾燥を予防すると、いくぶんかそれらを防ぐことができますので、是非お試しください。

肥料

追肥は一番果の収穫期から開始します。2週間に1回与えますので追肥した日付を忘れないようにしましょう。

アブラムシはアミノ酸が大好き。葉で合成されるアミノ酸に集まります。アミノ酸は、過剰な肥料投入などで、窒素成分を野菜に与え過ぎると発生しやすくなります。正しい量の肥料を心がけましょう。

病害虫

うどんこ病:葉の表面に白いうどん粉状のカビが生じ、病気がさらに進むとカビは葉全体に広がります。土壌の排水を良くして、加湿を避けることが病気の発生を防ぐコツです。なってしまったら、病気の葉や果実は早めに取り除いて下さい。

モザイク病:モザイク病はアブラムシがウィルスの媒介をします。感染してしまうと、葉が濃淡のモザイクとなり委縮し、果実にも奇形やモザイク模様を生じます。

ズッキーニの詳しい育て方

選び方

 葉の緑が濃く、厚みがある。

目で葉の厚みを見極めましょう。実際にホームセンターや園芸店で、葉をやみくもに触るのはズッキーニの苗もかわいそう。お店への配慮のある対応を心がけましょう。

節間がしまっている。

他の野菜と比べて節間が間延びしたものはあまり見られないと思いますが、節がしっかりしているものを選びましょう。

大きい子葉が付いている。

ご覧の通り、立派な大きい子葉です。

蕾か花が付いている。

雌花と雄花がもうしっかりと出来ていまが、ズッキーニが実るかどうかは今後の受粉次第で決まります。昆虫の手助けをあまり得られない時は、人工授粉でしっかり実のらせてあげましょう。

病害虫が付いていない。

苗の先端に勢いがある。

 

種まき

ズッキーニの発芽温度は25℃以上です。直にまくというよりも育苗として種まきをします。

植え付け

1.苗に充分水分を与える。

植え付ける前のひと手間です。植え付けてしまった後に気づいた方は、最後に水をしっかり与えてください。

2.プランターに苗と同じくらいの穴を開け、苗を軽く手で押さえ根鉢を崩さないように植え付けます。

白い根が見えています。新しい根がぐんぐん生長している様子が分かります。

3.苗の周りを少し凹まして、苗にしっかり水が浸透するように植え付けてあげると乾燥しずらいでしょう。

植え付けてから1週間はしっかり苗に水を与えてください。そのころになると活着してくるので、適度な水やりに切り替えていきます。

4.箸か小さめの支柱を立てて苗を安定させます。

誘引はまだできないほどの大きさですが、このように割りばしなどで軽く支えましょう。

5.最後はお水をしっかりあげます。

植えたばかりの苗は土に活着するまでに少し時間がかかります。その際根が乾燥してしまわないためにも、植え付けから1週間位はしっかりと水を与えます。お水の代わりに病害虫予防のためにニームを希釈したものをかけてもいいでしょう。

6.まだ苗が小さいので、寒冷紗に入るうちは出来るだけ中に入れて育てましょう。

 

ズッキーニの株は横に広がりながらも上に伸びていきますので、株間は70cm程開けましょう。プランターで栽培というよりも、大きな10号鉢くらいのものに植えつけると育てやすいでしょう。

ウリ科ではめずらしく連作障害のでにくい野菜と言われているズッキーニですが、少なくとも1年は栽培しないほうが無難です。

摘芯(摘心)・摘果

せっかく綺麗に咲いたズッキーニの雌花ですが、小さい苗の状態でズッキーニの実をつけてしまうと、苗が体力を消費してしまい生長に遅れが出てしまいます。そのため一番に咲いた雌花(一番花)を取り除きます。これを摘花といいます。

せっかく綺麗に咲いたズッキーニの雌花ですが、小さい苗の状態でズッキーニの実をつけてしまうと、苗が体力を消費してしまい生長に遅れが出てしまいます。そのため一番に咲いた雌花(一番花)を取り除きます。これを摘花といいます。

もし、雌花が実になってしまっても大丈夫。一番最初になった実を一番果といって、大きくしないうちに取り除くことを摘果といいます。

 

ズッキーニの花は、雌花と雄花がしっかり分かれています。この二つが同じ開花時期を迎え、受粉することでズッキーニの実が出来ます。

雌花

ズッキーニの赤ちゃんのような花が雌花です。

雄花

茎からすっと伸びた、少し大きめの花を咲かせるのが雄花です。

 

収穫

ズッキーニは、開花後1週間ほどで長さ20~30cm前後に生長し、収穫することができます。

 丸ズッキーニは開花後3~5日で6~7cmほどで収穫になります。

品種によって収穫のサイズが異なりますので、品種の確認を忘れずにしましょう。

【花ズッキーニ】

雄花や幼果が生長する前の雌花の「花ズッキーニ」は、店頭でなかなか見かけることができませんが、ご自宅で育てていると新鮮な花ズッキーニを収穫することができます。
花の部分にチーズや挽肉などを詰めて揚げ物にするのが人気の食べ方です。

ズッキーニの人工授粉

人工授粉の条件

晴れた日を選んで、その日に咲いた新鮮な雄花を選び、できるだけ同じ日に咲いた雌花と9~10時までには授粉させましょう。

人工授粉の手順

①雄花を切ります。

①雄花を切ります。

②雄花の花びらをめくり、花粉を付けやすいように花びらを剥きます。

②雄花の花びらをめくり、花粉を付けやすいように花びらをむきます。

③雌しべにそっと雄しべの花粉をこすり付ければ人工授粉は完成です。

③雌しべにそっと雄しべの花粉をこすり付ければ人工授粉は完成です。

収穫後の整枝(せいし)

整枝(せいし)  古い葉や病葉は除去すると、採光性がアップし、風通しが良くなります。  収穫したズッキーニより下葉は、全て摘み取ってしまいましょう。

整枝(せいし)

古い葉や病葉は除去すると、採光性がアップし、風通しが良くなります。

収穫したズッキーニより下葉は、摘み取りましょう。

支柱・誘引(ゆういん)

ズッキーニの株は、茎葉を横に広げながら上へと伸びていくために、風で倒れたり、実がついて重くなり、途中で折れてしまうことがあります。

ズッキーニの株は、茎葉を横に広げながら上へと伸びていくために、風で倒れたり、実がついて重くなり、途中で折れてしまうことがあります。

太くて強度のある支柱を一本、株元に垂直に立てて茎を安定させます。  支柱は根を傷めないように、しっかりと地中に突き刺しましょう。

太くて強度のある支柱を一本、株元に垂直に立てて茎を安定させます。

支柱は根を傷めないように、しっかりと地中に突き刺しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング