挿し木で増やせる! パッションフルーツの育て方と増やし方、食べ頃の見分け方

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

トロピカルな南の香りを運ぶパッションフルーツ。その花の形は一度見たら忘れられないユニークで個性的な形をしています。今回は花の名前の由来と育て方、挿し木での増やし方、美味しい食べ頃の見方などををご紹介致します。

目次

パッションフルーツってどんな植物

■学名 Passiflora edulis ■和名 クダモノトケイソウ(果物時計草) ■英名 パッションフルーツ ■科名 トケイソウ科トケイソウ属  ■常緑蔓性木質多年草  ■原産国 ブラジル  パッションフルーツはブラジル原産の亜熱帯地域から、1700年半ばから1800年頃に日本に渡ってきたと言われています。パッションフルーツが育つ気温は20℃~30℃の為、日本では明治時代から育成され始め、鹿児島の奄美大島や沖縄で栽培が盛んな果実です。最近は品種改良等が進み、関東などでも育つパッションフルーツも出来てきたようです。耐寒温度は3℃、気温が下がる地域では冬の間のみ霜が当たらない室内で育てれば通年育てる事が出来る植物です。  蔓性の多年草で、蔓は年数を重ね古くなるとの木の様に硬くなってきます。  葉は光沢があり10㎝~20㎝程で光沢があります。形は若い時期はたまご型をしていますが年数がたつと、葉の形が変わり先が3つにわかれます。  葉の付け根の部分から、ねじれた髭のような蔓を出してよじ登ったりします。花は6月頃と9月頃に6㎝~8㎝程の一度見たら忘れない様な、とても個性的な形の花を咲かせます。果実は7月~8月と10月~11月に出回ります。形は卵型をしていて濃い紫色の果実です。  独特な香りは南国を思わせ味は甘酸っぱくゼリー状で種も一緒に食します。  寿命は7~8年程で挿し木や種を蒔き増やすことができます。

■学名 Passiflora edulis
■和名 クダモノトケイソウ(果物時計草)
■英名 パッションフルーツ
■科名 トケイソウ科トケイソウ属

■常緑蔓性木質多年草

■原産国 ブラジル

パッションフルーツはブラジル原産の亜熱帯地域から、1700年半ばから1800年頃に日本に渡ってきたと言われています。パッションフルーツが育つ気温は20℃~30℃の為、日本では明治時代から育成され始め、鹿児島の奄美大島や沖縄で栽培が盛んな果実です。最近は品種改良等が進み、関東などでも育つパッションフルーツも出来てきたようです。耐寒温度は3℃、気温が下がる地域では冬の間のみ霜が当たらない室内で育てれば通年育てる事が出来る植物です。

蔓性の多年草で、蔓は年数を重ね古くなるとの木の様に硬くなってきます。

葉は光沢があり10cm~20cm程で光沢があります。形は若い時期はたまご型をしていますが年数がたつと、葉の形が変わり先が3つにわかれます。

葉の付け根の部分から、ねじれた髭のような蔓を出してよじ登ったりします。花は6月頃と9月頃に6cm~8cm程の一度見たら忘れない様な、とても個性的な形の花を咲かせます。果実は7月~8月と10月~11月に出回ります。形は卵型をしていて濃い紫色の果実です。

独特な香りは南国を思わせ味は甘酸っぱくゼリー状で種も一緒に食します。

寿命は7~8年程で挿し木や種を蒔き増やすことができます。

目次に戻る≫

個性的な花と名前の由来

名前の由来は諸説ありますが、その中の一つをご紹介いたします。

1500年代後半にニコラスモナールというスペイン人の医師であり植物学者がペルーで出会った「グラナディラ」と呼ばれていたパッションフルーツを見て、その個性的な花の形に心を惹かれた。花の形は3つに分かれた雌しべが十字架に見えた事や重なる様に5つに分かれた雄しべが磔られたキリストの姿と重なり、その周りにある放射状に広がる弁状の付属物がキリストを照らす光に見え、雄しべや雌しべを囲むように広がる花弁が使途の姿と重なった事が、まるでキリストの磔(はりつけ)受難のシーンを思わせる花の形がキリストの受難の語源となった「Passi」から由来した「Passionfluit」の名がつけられた様です。花はパッシフローラと呼ばれ修道士のシンボルとして大切にされているようです。

植物の名前の由来は、どんな植物もドラマチックで面白い逸話がたくさんあります。

長い歴史の中でその植物に出会った人々が色々な思いを重ねて行きます。

気に入った植物を見つけたらその植物の名前の由来を調べてみるとまた違った植物の一面を知ることができますね。

目次に戻る≫

パッションフルーツの花言葉

「聖なる愛」「宗教」「信仰」「信じる心」

目次に戻る≫

 

 

\パッションフルーツの食べ方と食べごろはこちらへ/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「挿し木で増やせる! パッションフルーツの育て方と増やし方、食べ頃の見分け方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

おすすめ