バジルを害虫に食わせない!害虫の種類とその予防・対策について

櫻井彩乃

櫻井彩乃

110873views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

インドでは、聖なる力を秘める神聖な植物として大切にされているというバジル。わずかなスペースでも鉢やプランターで栽培できる手軽さもあり人気のハーブです。

バジルは病気などに強いことから初心者でも育てやすい植物のひとつ。しかし、最初は調子よく育っていたものの、気がついたら害虫の被害にあってしまったという声をよく聞きます。

皆さんが育てているバジル、今は元気でもいつ害虫の被害に合うかはわかりません!私が実際に育てているバジルも油断していたらあっという間に大変なことになってしまいました。

よく生長し、育てやすいということに間違いはないですが、害虫の対策はしっかりしないとせっかく育てても食べられないという状態に…

今回は私の体験談から、バジルの害虫対策や長く収穫するための方法などご紹介します。

 

目次

バジルにつきやすい害虫

バジルの害虫予防・対策

バジルが枯れかけ!害虫以外の要因は?

バジルの害虫被害を減らす方法

バジルを長く収穫する方法

バジルの管理方法

 

バジルにつきやすい害虫

ベニフキノメイガ

バジルの多くの被害はベニフキノメイガが多いです。

バジルを食害するしているのはベニフキノメイガという蛾の幼虫です。成虫になると食べることはありませんが、夜に飛来してきて葉裏に半透明の卵を産み付けます。主に高温多湿期に多く発生し、夏は特に活発になるそうです。

 

ヨトウムシ(夜盗虫)

ヨトウムシはヨトウガの幼虫で、年に2回ほど発生するそうです。昼間は土の中に隠れていて、夜になると一斉に出てきて活動するため「夜盗」虫という呼び名になったそう。日本各地に生息していて、一度に大量に産卵するので被害が大きくなります。

 

ハダニ

3月~10月の暖かい時期に発生しやすいそうです。葉の裏に寄生して栄養を吸い取り、葉緑素を抜いて葉を真っ白にして弱らせてしまうそう。最終的には植物を枯らすことにもなるようです。

 

カイガラムシ

カイガラムシは植物に付着して、その養分を吸い取ってしまうそうです。また、様々な病気の原因にもなります。

 

アブラムシ

アブラムシは「肥料に寄ってくる」そうです。葉で合成されるアミノ酸が多くなりすぎてしまい、アブラムシはアミノ酸が大好きなので、その多く作られすぎたアミノ酸に寄ってきてしまうようです。

 

コガネムシ

成虫は葉を食害し、大量発生するとあっという間に葉がレース状に食べられてしまうこともあるそうです。幼虫は、植物の根を食害してしまうそうです。

 

バジルの害虫予防・対策

綺麗なグリーンで丸い葉をつけるバジル。鑑賞用としてインテリアにも合いますが、料理でも使用したいと思い購入する方が多いのではないでしょうか。市販の害虫駆除のスプレーを使うのは抵抗があるという方に、オーガニックな害虫対策をご紹介します。

防虫ネットをかける

ベニフキノメイガなど成虫が飛来してくることで害虫は発生します。発生源となる虫から守るためにネットをあらかじめかけて予防しましょう。すぽっと被せるタイプなら、簡単に防虫対策ができますね。

葉水や風通しをよくする

鉢を風通しのいい場所に移動させたり、収穫を兼ねて剪定して風通しをよくしましょう。風通しが良くなるだけで害虫被害は変わってきます。また、葉水を与えるだけでもハダニなどの害虫の被害を抑えることもできます。

コンパニオンプランツ

バジルのコンパニオンプランツと合して有名なのもはトマト。トマトは乾燥気味に育てた方が甘くなり、バジルは水を好みます。ただバジルの害虫対策にはならないので、ニンニクトウガラシを一緒に植えることで害虫被害を少なくすることが期待できるそうです。

オリジナルスプレー

コンパニオンプランツでもおすすめの、ニンニクの汁やトウガラシのスプレーがいいそうです。ニンニクの匂いがきついので、虫はいなくなるそうです。人間でも匂いはきついので外でやることをオススメします。

酸性の効果を生かしてレモン汁のスプレーも効果があるそうです。レモン汁のスプレーなら室内栽培でも安心して使えるのではないでしょうか。また、レモンの性質でコバエ対策にもなるので、キッチンでハーブを育てるのも抵抗がなくなりそうです。

蒸れ防止にこまめに収穫

葉が込み合って、株の風通しが悪くなると蒸れて害虫が発生しやすくなります。込み合っている場合は収穫を兼ねて剪定をしましょう。葉は料理、ドリンクなど使い道はたくさん。使いきれない場合は吊るしてドライにしても保存できます。
バジル

logo getty

 

バジルが枯れかけ!害虫以外の要因は?

バジルが枯れかけているのだけど、どうやら害虫被害じゃなさそう。なかったらなぜ枯れかけているのか、よく観察してみましょう。

水やり

バジルはどちらかといえば、お水が重要です!だからと言って与えすぎもよくないです。土が乾いたらたっぷりとお水を上げてくださいね。

日当たり

直射日光に当たりすぎて葉焼けを起こしているのかもしれないです。日当たりは重要ですが、直射日光は避けましょう!窓際のカーテン越しや、外で育てている場合は、朝の陽ざしが3時間から4時間当たるような場所がいいです。

直射日光に当たりすぎないほうが、葉の柔らかく育てられるそうです。

土の水はけが悪かったり、バジルと合わない土なのかもしれません。風通しのいい場所に移動したり鉢の下にすのこを敷いたたりしてみましょう。用土の通気性や保水性をよくするために腐葉土を、さらに排水性を期待したい場合はパーライトを混ぜ込んでもいいかもしれません。

ハーブは用土を中和するために苦土石灰を加えるといいそうです。また、虫除け植物のニームの成分が入っている土を入れてもいいようです。

バジル

logo getty

 

バジルの害虫被害を減らす方法

害虫の被害が発生しにくいのは、水耕栽培です。室内で育てる場合にはインテリアとしても爽やかでいいかもしれないですね!夏場は、水質が悪くなりやすいので毎日取り換えた方がいいです。

 

バジルを長く収穫する方法

バジルは、花がつくと枯れて種ができます。花が咲いて種ができるところに株のエネルギーを持っていかれてしまうので、花芽ができたら摘むように心がけると、長くバジルと楽しむことができます。

バジル

gi_logo_grey-e1480498673143

 

バジルの管理方法

バジルの土

市販のハーブ用の土でも可能です。乾燥に弱いので保水性を保つために赤玉土、パーライトを混ぜ込んでもよいです。

日当たり・置き場所

日当たりと風通しのよい場所で管理しましょう。直射日光は葉焼けの原因になりますので避けたほうがいいです。室内の場合は明るい窓辺などに置きましょう。

水やり

土が乾き切る前にたっぷりと与えます。乾燥に弱いので水切れを起こさないよう気を付けましょう。
バジル

 

バジルは、よく育ちますので害虫と花を咲かせないことに気を付ければバジルソースを作れるくらいたくさん収穫ができます!諦めずに育てて収穫していきましょう!

 

▼関連記事

バジル

  • スイートバジルは普段「バジル」とか「バジリコ」と呼ばれているハーブで、イタリア料理には欠かせないハーブの一つです。爽やかな香りが食欲をそそり、生ではもちろんのこと、ジェノペーゼソースやパスタ、ピザの彩りに最適です。6月下旬ころから9月にかけてシソ科らしい花穂をつけ可憐な白い花を咲かせます。

「バジルを害虫に食わせない!害虫の種類とその予防・対策について」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

オススメ特集