10月29日の誕生花|アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

10月29日の誕生花は「アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)」です。「アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

10月29日の誕生花

10月29日の誕生花は「アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)」。

「アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)」の花言葉は「家族愛」「家庭的」。

 

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)について

科・属 シソ科・サルビア属
英名  Amethyst sage
学名  Salvia leucantha
原産地 中央アメリカ 
開花期 9月~11月 

 

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の特徴

セージ(サルビア)の仲間のアメジストセージ。別名サルビア・レウカンサといい、アメジストセージという名前からわかるように、アメジストのような色の花を咲かせます。花には毛が生えているため、少しふわふわとした触り心地です。学名はSalvia leucantha(サルビア・レウカンサ)ですが、アメジストセージの名前で流通しています。

薬効のあるセージではないので、主に観賞目的で植えられます。シルバーグリーンの葉と晩夏から秋にかけて咲く紫色の花が美しい草花で広いスペースに植えると見事です。ベルベットのような質感の部分は花ではなくガクで、花はガクから突き出すように咲きます。花色は白や紫、ピンクがあります。すっと長く伸びた花茎の先に縦に連なるように紫色の花穂を付けます。鮮やかな紫色の花が風に揺れるように咲く姿は美しく、目を奪われます。

 

▼アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)の詳しい育て方はこちら

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)

  • アメジストセージはメキシコから中米原産の観賞用のセージの一種です。学名はSalvia leucantha(サルビア・レウカンサ)ですが、アメジストセージの名前で流通しています。 とても丈夫で植えっぱなしで年々大株になります。花は秋から開花し、大株になると紫色の長い花穂が株一面を覆うように咲き誇り、秋の庭を美しく彩ります。 花に見えるベルベットのような肌触りの部分はガクで、花はガクから突き出すように咲き、色は白や紫、ピンクなどがあります。暑さにもとても強く、春に植え付けると一年目からたくさんの花が楽しめるため、秋の庭に植えておきたい一株です。 アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、とても生長が早く、株元は次第に木化します。あまり大きくしないためには春から初夏に剪定して仕立てるとよいでしょう。また、株はまっすぐ上には伸びず、広がるように生長します。強風で倒れてしまうこともあるので、必要に応じて支柱を立てましょう。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「10月29日の誕生花|アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス