ハーブのセージとは。花言葉、浄化、使い方、料理、種類、育て方

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

ハーブとして使われる本来のセージとはどんな植物かご存知ですか?他にも、たくさんある種類、花言葉、浄化や料理などの使い方、育て方、色、花について。セージについて詳しく紹介します。

目次

セージとは?基本情報

セージとは?基本情報

  • 学名:Salvia officinalis
  • 英名:Common Sage,Garden Sage
  • 和名:セージ、ヤクヨウサルビア
  • 科名・属名:シソ科アキギリ(サルビア
  • 分類:常緑低木

セージの特徴

セージは、地中海沿岸原産のシソ科の多年草、あるいは常緑低木。優しいグリーンの葉と初夏に咲く薄紫のような水色のような色の花が魅力です。

セージは、全草に爽やかな香りがあるのが特徴のハーブです。ソーセージの語源だと言われているように、肉料理の臭み消しや香りづけ、お茶、精油などに使用されています。特にブーケガルニには欠かせないハーブです。もちろん肉料理以外の料理にも使用されます。

セージには多くの種類がありますが、ハーブやスパイスとして使用されるセージは、このSalvia officinalisです。

セージは昔から薬効があると信じられてきました。中世のヨーロッパでは、料理や治療に用いられるほか、魔除けのハーブとして神聖視されていたそうです。

セージの学名であるSalviaは、「救う」という意味のラテン語のsalvereが語源だとされています。

セージの香り

セージの香りは主に葉にあります。ハーブとして利用するのも葉の部分。セージの香りは花の香りではないので、甘い芳香を期待していると肩透かしをくらってしまうかもしれません。

ハーブとして流通しているセージの香りは、草や葉特有の爽やかさで、新緑の森に入ったときの草いきれの香りを彷彿させます。

セージ

  • セージは、ヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。和名は「ヤクヨウサルビア」と呼ばれてます。セージは「コモンセージ」「ホワイトセージ」、「ゴールデンセージ」、「パープルセージ」、他にも種類が豊富にあるのも人気の理由のひとつ。コモンセージは古代ギリシア・ローマの時代から免疫力を助ける薬草や香辛料として活用され長寿のハーブの呼び名も。料理のスパイスや臭み消し、ハーブティーなどに利用されてます。

 

目次に戻る≫

セージの花言葉

セージの花言葉

セージの花言葉を紹介します。

  • 不老不死
  • 長寿
  • 健康
  • 悲しみを和らげる
  • 知恵

古代より薬効があると信じられてきたセージらしい花言葉です。

目次に戻る≫

セージは浄化のハーブ?

セージは浄化のハーブ?

昔からセージは浄化のハーブだと言われています。オーラを浄化したり、不純物を取り除く力があるとされてきました。

セージは放っておいても枯れずに生長を続けるので、不死の植物とされていたそうです。

古代ローマ人は、セージには不老不死や長寿をもたらす力があると信じていたといいます。中世のヨーロッパでは、魔術から身を守るためや、魔除けとして用いられてきました。疫病を退治する魔法の薬の主成分だったとも言われています。

ネイティブアメリカンは、ホワイトセージの葉をいぶして浄化に使用したと言われています。現在でもセージは、空気やパワーストーンの浄化などに用いられています。

目次に戻る≫

ハーブのセージの使い方

ハーブのセージの使い方

セージは爽やかな芳香と、ほんのり苦味のあるハーブ。フレッシュでもドライでも使用できます。

セージの使い方|料理

セージは肉料理を始め、様々な料理に使用できます。

肉料理のスパイス

豚肉やレバーなど、肉類特有の臭み消しとして使用します。塩と一緒に全体にまぶして焼くだけで香り良く仕上がります。他にもシチューなどの煮込み料理に加えても味に奥行きを出せます。

料理に使う際は、乾燥させた葉を粉末状にしたものが使いやすいのでおすすめです。

ブーケガルニ

ブーケガルニとは、料理の臭み消しや香りづけに使う、数種類の香味野菜やハーブを束ねたもの。ハーブの種類に決まりはありません。パセリやタイム、セージ、セロリなど。各家庭や作る料理によって違います。

セージの葉は、他のハーブと一緒にブーケガルニにすることができます。生のセージをタコ糸などで縛って、煮込み料理の鍋に入れます。香りが出たら引き上げるようにしましょう。

ハーブバター

セージの葉を細かく刻んでバターに混ぜて使用します。セージが香るバターは、そのままパンに塗ったり、シンプルなスープに浮かべてコクを出したりして使用できます。

作り方は、常温で柔らかくしておいたバターに、細かく刻んだセージの葉を混ぜて、ラップで包んで固るだけ。とっても簡単ですぐに楽しめるレシピです。

ミネストローネ

セージが活躍するのは肉料理だけではありません。野菜だけで作るシンプルなミネストローネにもセージは欠かせません。ニンニクと一緒にセージの葉を1~2枚入れるだけで、味と香りに奥行きが出ます。

セージの使い方|ハーブティー

セージはハーブティーとしても楽しめます。

ドライセージで作るなら、ティーカップ1杯に対してセージの葉をティースプーン1杯強。お湯を注いて2~3分蒸らしてからいただきます。

これにラベンダーを混ぜると香りが甘くなります。セージのみの青臭さに抵抗があるような気分の時におすすめです。

セージの使い方|浄化

ネイティブアメリカンが使用していたと言われる、ホワイトセージを使用したスマッジスティックは現代でも人気があります。

▼スマッジスティックとは?詳しくはこちら

 

目次に戻る≫

セージの色は?セージグリーンとは?

セージの色は?セージグリーンとは?

セージの葉の色は、青みがかったグリーンをしています。さらに葉全体に軟毛があるため、少しくすんでいるように見えます。黄みが弱く、青みがかったグレイッシュなグリーンといった色です。

このセージの葉の色のようなグリーンを指して、セージグリーンと呼びます。ただし、セージグリーンと言っても環境等により色の見え方に差があるので、自分の目で確認するのが一番です。

目次に戻る≫

こんなにある!セージの種類

セージと呼ばれる植物にはたくさんの種類があります。広義でのセージとは、シソ科アキギリ属に分類される植物のこと。サルビアという名前でも流通しています。

ここではポピュラーなセージの仲間を紹介します。

ホワイトセージ(サルビア・アピアナ)

ホワイトセージ

  • 学名:Salvia apiana

ホワイトセージは高さ1.5mほどになる常緑の低木。茎や葉など全体が白っぽく見えることからホワイトセージと呼ばれています。

ネイティブアメリカンが浄化のハーブとして利用していたということで有名です。

ホワイトセージ

  • ホワイトセージは正式名称がサルビア・アピアナで高さ1.5mほどになる常緑の低木です。アメリカのカリフォルニア州南西部に分布しており、茎や葉など全体が白っぽく見えることからホワイトセージと呼ばれています。葉は長さ15センチほどの楕円形で両面に細かな毛が生えています。葉には油分を含み、こするとセージの香りを一層強くしたような芳香があります。1mほど花茎をのばした先端に春に咲く花は白から淡いラベンダー色になり、ミツバチにとっての蜜源植物でもあります。特にネイティブアメリカンの生活に利用される機会が多く、宗教儀式の香として焚いたり薬草として葉を食べたり煙をかぶったり、また食用にも用いられています。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)

  • 学名:Salvia leucantha

アメジストセージは、赤紫色の花を咲かせる多年草。メキシカンブッシュセージと呼ばれることもあります。

花が咲く前のつぼみはベルベットのような質感で、葉は軟毛のあるグレイッシュなグリーン。葉と花の色合いが美しいセージです。晩夏から秋まで開花します。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)

  • アメジストセージはメキシコから中米原産の多年草です。庭植えでも鉢植えでも育てられます。 学名はSalvia leucantha(サルビア・レウカンサ)ですが、アメジストセージの名前で流通しています。薬効のあるセージではないので、主に観賞目的で植えられます。シルバーグリーンの葉と晩夏から秋にかけて咲く紫色の花が美しい植物です。正しくは、ベルベットのような質感の部分は花ではなくガクで、花はガクから突き出すように咲きます。花色は白や紫、ピンクがあります。すっと長く伸びた花茎の先に縦に連なるように紫色の花穂を付けます。鮮やかな紫色の花が風に揺れるように咲く姿は美しく、目を奪われます。 アメジストセージは草丈高く生長し、伸びすぎると株元の方が木化します。あまり大きくしないために剪定の必要があります。アメジストセージは真直ぐ上には伸びないという特徴があります。株元に近い部分から地表を這うように斜め上に伸びていきます。強風で倒れてしまうこともあるので、必要に応じて支柱を立てましょう。  

メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)

メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)

  • 学名:Salvia guaranitica

メドーセージは、青紫色の花を咲かせる多年草。花のサイズは3~4cm程度と大きく、夏の盛りから秋まで開花します。夏のお庭の強い味方です。

メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)

  • メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)は、シソ科の多年草です。流通名のメドーセージは日本国内のみの流通名です。メドーセージいう名前は、本来は他のシソ科の植物を指します。 メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)は非常に強健で、暑い夏の盛りから秋まで花を咲かせてくれます。花色は濃い青から深い紫まであります。ガクが黒いのが特徴です。花は長さ3~4cm程度、シソ科特有のリップ状の特徴的な形状をしています。すっと伸びた茎に縦に連なるように10輪前後の花を咲かせます。 メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)は、開花期に切り戻しを行うと長く花を楽しめます。また、思い切って切り戻すことで小さめに仕立てて楽しむことが出来ます。地下茎で増えるので、庭植にすると群生します。  

チェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ、サルビア・グレッギー)

チェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ、サルビア・グレッギー)

  • 学名:Salvia microphylla,Salvia gregii

チェリーセージは、赤や白、ピンク、複色の花を咲かせる多年草。サルビア・ミクロフィラとサルビア・グレッギーがチェリーセージという名で流通しています。初夏から秋まで花を咲かせる花期の長い植物です。

チェリーセージ

  • チェリーセージの葉はさくらんぼに似ていて、なんと匂いまでもさくらんぼのような香りがします。背丈は40cm~1.5mくらいまで伸びます。花びらの色が赤、ピンクや白のものや赤と白が混じっている品種もあります。庭に地植えにすると自然に増えて育ち、挿し木で増やすことができます。殺菌作用や解熱の効果があるハーブティーとしても知られており、お菓子のシロップやサラダにも利用されています。花に香りがあるので部屋に切り花として刺したり、押し花アートやドライフラワーなどのインテリアとしても活用することができます。 チェリーセージは、いくつかの品種の総称で、とても長い期間(5月~11月)開花する多年草(宿根草)です。普通のセージは、ブルー・紫系の花が多いですが、チェリーセージの特徴は豊富な花色。毎年新しい色の新品種が創り出されています。

クレベラントセージ

クレベラントセージ

  • 学名:Salvia clevelandii

クレベラントセージは、淡い紫色の花を咲かせる常緑低木です。花のフォルムは他のセージと違い茎に対して輪になるように花を付け、さらに段状に連なります。初夏から秋まで花を咲かせる観賞用のセージです。

クレベラントセージ

  • クレベラントセージは、カルフォルニア原産の常緑低木で、初夏から秋にかけて、淡い紫色の花を咲かせる観賞用のセージです。クレベラントセージの花は、茎に段々とリング状の小さな花が集合している姿で咲きます。茎は柔らかい毛に覆われて、葉っぱには甘い香りがあります。葉っぱのシルバーグリーンと、花の淡い紫色の色合わせがとても美しく、涼しげな雰囲気があります。

 

目次に戻る≫

セージの花の魅力

セージの花の魅力

セージの花の特徴

セージの花の特徴は、シソ科特有の唇形花(しんけいか)であるということ。花一つ一つのフォルムは筒状で、先端は上唇と下唇のように突き出しています。これは、花粉の運び屋である虫たちに効率よく花粉を運んでもらうための構造であると言われています。

虫にとって効率が良いのかどうかはわかりませんが、セージの花の独特のフォルムは見ていて飽きない美しさです。

セージの花咲く季節

セージ(Salvia officinalis)の花咲く季節は5月~6月。初夏に紫がかった淡いブルーの花を咲かせます。くすんだグリーンの葉と淡いブルーの葉の組み合わせが美しい植物です。

目次に戻る≫

セージの育て方

セージの育て方

置き場所・用土

日当たりと風通しの良い場所で管理しましょう。セージは酸性土壌を嫌うので、あらかじめ苦土石灰をすき込んでおくのもよいでしょう。

鉢植えのセージは市販のハーブ用培養土で問題なく育ちます。

水やり

セージは加湿が嫌いです。水やりは土が乾いて表土が白っぽくなったらたっぷりと与えるようにしてください。

肥料

セージは痩せ地でも育つ植物です。植え付け時に元肥を入れておけば、特に追肥の必要はありません。

剪定

セージは放っておくと80cm~1mほどまで生長します。花が終わったら、適宜剪定を行います。この時、風通し良く管理することも含めて、奥の方の枝葉をすくようにしてください。

病害虫と対処法

乾燥するとハダニが発生します。夏季の乾燥が続くようなときは、葉裏まで葉水を行うとよいでしょう。

高温多湿もウイルスが発生する原因となります。風通し良く管理するように心がけてください。

目次に戻る≫

セージは香りが良く、花も美しいハーブ。料理の他、ハーブティー、浄化にも使用できます。フレッシュでもドライにしても使用できる優秀なハーブです。手間もかからず育てやすいセージの魅力を見直してみませんか。

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ハーブのセージとは。花言葉、浄化、使い方、料理、種類、育て方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】観葉植物 パキラ 6号 スプラウトエコポット付き

販売価格: 8,250 円(税込)

【送料無料】5種類から選べる 観葉植物 2個セット アクアテラポット ベーシックボウル10.5 <パキラ・ガジュマル・サンスベリア・フィカスプミラ・シュガーバイン>

販売価格: 5,500 円(税込)

【送料無料】マクラメハンギング付きポット フレボディウム・アウレウム(ブルースター)

販売価格: 5,280 円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス