トレニアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

トレニアの花言葉や種類、特徴をご紹介!トレニアは、可愛い子つばめが口を開けたような、スミレに似ている色合いの小花が春から晩秋まで次々と咲きとても人気があります。

 

トレニアの花言葉 

「トレニア」の花言葉は「ひらめき」「温和」。

 

トレニアについて

科・属 アゼナ科ツルウリクサ
和名 夏菫(ナツスミレ)
英名 Wishbone flower
学名 Torenia
原産地 インドシナ半島
開花期 4月~10月

 

トレニアの特徴

トレニアは熱帯地域原産なので暑さに強く、夏から秋の長い間花を咲かせてくれる一年草(多年草)です。寒さに弱いので、日本の気候では一年草として扱われるものが多いです。  花色が豊富で、白地に桃色や青地に紫などの覆輪が美しく、他に黄色やローズ色もあります。花色が野生のスミレに似ているので、別名ナツスミレ(夏菫)やハナウリクサ(花瓜草)ともいわれます。  草姿がこんもりまとまる「立性」と、横にふんわり広がる「ほふく性」があり、ほふく性のトレニアはハンギングバスケットなどで目線の高い位置に飾ると美しさが引き立ちます。

トレニアは熱帯地域原産なので暑さに強く、夏から秋の長い間花を咲かせてくれる一年草(多年草)です。寒さに弱いので、日本の気候では一年草として扱われるものが多いです。

花色が豊富で、白地に桃色や青地に紫などの覆輪が美しく、他に黄色やローズ色もあります。花色が野生のスミレに似ているので、別名ナツスミレ(夏菫)やハナウリクサ(花瓜草)ともいわれます。

草姿がこんもりまとまる「立性」と、横にふんわり広がる「ほふく性」があり、ほふく性のトレニアはハンギングバスケットなどで目線の高い位置に飾ると美しさが引き立ちます。

 

トレニアの詳しい育て方はこちら

トレニア

  • トレニアは熱帯地域原産なので生育適温が15℃~30℃で暑さに強く、夏から秋の花壇に適した開花期の長い一年草から多年草です。生育が旺盛で草丈20~30cmにこんもり茂るような姿になります。花色は白地に桃色や青地に紫などの覆輪が美しく、他に黄色やローズ色もあります。 花形は唇形で花色が野生のスミレに似ていることから別名にナツスミレ(夏菫)やハナウリクサ(花瓜草)といわれています。夏の多湿にも強く育てやすい植物ですが極端な乾燥は嫌います。横に広がって生長するので花壇の縁取りやハンギングバスケットに適しています。

 

▼トレニアの関連記事はこちら

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「トレニアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス