アメジストセージ|ベルベットのような花とシルバーリーフの秋に咲く多年草

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

アメジストセージ

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「アメジストセージ」。ふわふわした紫、白、ピンクの花を咲かせるシソ科の多年草です。

アメジストセージ サルビアレウカンサ 特徴 育て方

アメジストセージは、天然石のアメジスト(紫水晶)に花色が似ていることからその名が付いたそうです。また、メキシコから中米原産であることから、メキシカンブッシュセージとも呼ばれます。さらに、学名がSalvia leucantha(サルビア・レウカンサ)なので、サルビア・レウカンサの名で流通していることもあります。

 

アメジストセージ サルビアレウカンサ 特徴 育て方

「レウカンサ」には「白い花」の意味があります。実は、もこもこした質感の花に見える紫色の部分は「ガク」なんです。花はガクから飛び出すように咲き、この写真だと白い部分が花です。花色は白や紫、ピンクがあります。

 

アメジストセージ サルビアレウカンサ 特徴 育て方

アメジストセージは薬効のあるセージではなく、9月~11月頃に咲く美しい花とシルバーグリーンの葉を観賞するタイプのセージです。残念ながら特に良い香りがすることは無いのですが、細く長く伸びた花茎の先に、小さな花穂をたくさんつける姿がとてもきれいで、シルバーがかった葉との相性もぴったりです。

 

アメジストセージ サルビアレウカンサ 特徴 育て方

このふわふわした花と、うぶ毛が生えていているシルバーグリーンの葉の質感が、少し肌寒くなる秋にとても合っているなと思います。切り花として飾ってもいいですね。

 

アメジストセージ サルビアレウカンサ 特徴 育て方

アメジストセージはどちらかというと乾燥気味を好み、肥料もそれほど必要とせず、とても丈夫で育てやすいため、公共の場所でも美しく育っている姿を見かけます。真っすぐ上にではなく、株元に近い部分から斜め上に伸びる特徴があります。

地植えで放任するとものすごく大きく育つので、コンパクトに育てたい場合は梅雨前くらいに草丈1/2くらいまで剪定するのがおすすめです。

公園などで見かけたら、ベルベットのような花をやさしく触ってみてください。ふんわりした質感がたまらなく可愛いですよ。

 

▼編集部のおすすめ

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)

  • アメジストセージはメキシコから中米原産の多年草です。庭植えでも鉢植えでも育てられます。 学名はSalvia leucantha(サルビア・レウカンサ)ですが、アメジストセージの名前で流通しています。薬効のあるセージではないので、主に観賞目的で植えられます。シルバーグリーンの葉と晩夏から秋にかけて咲く紫色の花が美しい植物です。正しくは、ベルベットのような質感の部分は花ではなくガクで、花はガクから突き出すように咲きます。花色は白や紫、ピンクがあります。すっと長く伸びた花茎の先に縦に連なるように紫色の花穂を付けます。鮮やかな紫色の花が風に揺れるように咲く姿は美しく、目を奪われます。 アメジストセージは草丈高く生長し、伸びすぎると株元の方が木化します。あまり大きくしないために剪定の必要があります。アメジストセージは真直ぐ上には伸びないという特徴があります。株元に近い部分から地表を這うように斜め上に伸びていきます。強風で倒れてしまうこともあるので、必要に応じて支柱を立てましょう。  

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「アメジストセージ|ベルベットのような花とシルバーリーフの秋に咲く多年草」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス