2月7日の誕生花|ギンバイカ(銀梅花)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

2月7日の誕生花は「ギンバイカ(銀梅花)」です。「ギンバイカ(銀梅花)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

2月7日の誕生花

2月7日の誕生花は「ギンバイカ(銀梅花)」。

「ギンバイカ(銀梅花)」の花言葉は「愛」「愛のささやき」。

 

ギンバイカ(銀梅花)について

科・属  フトモモ科・ギンバイカ属
和名  銀梅花
英名  Myrtle
学名  Myrtus communis
原産地  地中海沿岸
開花期  5月~6月

 

ギンバイカ(銀梅花)の特徴

ギンバイカ(銀梅花)は名前にも梅がはいっているように、梅の花に似ていて、白い小さな花をたくさん咲かせる低木です。花だけではなく、葉も美しいとされ、マートルとも呼ばれます。花が梅に似ていることから、「銀梅花」と名づけられました。

ギンバイカ(銀梅花)は見た目が美しいだけでなく花の香りも良く、そこから「ギンコウバイ(銀香梅)」や「ギンコウボク(銀梅木)」などの呼ばれ方もします。

 

ギンバイカ(銀梅花)の種類

ギンバイカ
葉は濃い緑色で、先端が尖った卵型。少し厚めで硬さがあり、葉をちぎるとユーカリのような独特の香りがします。枝葉は肉の香りづけなど料理にも利用でき、庭木以外の用途としても楽しめます。

ギンバイカ バリエガタ
葉に乳白色の覆輪がある斑入り品種。枝の伸びや花数はギンバイカより少ないですが、開花期以外でも覆輪葉が美しいのが特徴です。

そのほかに背丈が1mほどで、葉の大きさも通常の物に比べて約半分の大きさで比較的コンパクトに栽培できる「ヒメギンバイカ(姫銀梅花)」という品種もあり、ドワーフマートルとも呼ばれています。ドワーフマートルと名前の似たレモンマートルもありますが、こちらはフトモモ科でも別の属に分類され、生息地はオーストラリアです。

▼ギンバイカ(銀梅花)の育て方など詳しい情報はこちら

ギンバイカ(マートル)

  • ギンバイカ(マートル)は地中海沿岸原産の常緑低木です。春に花びらが5枚の梅に似た花を咲かせるところから、和名を銀梅花(ギンバイカ)と言います。ハーブとして扱われる場合は「マートル」という名前で流通しています。

    冬にはオリーブに似た黒い果実を付けます。光沢のある明るいグリーンの葉には芳香があり、ハーブとして肉料理などに利用される他、ギンバイカ(マートル)の精油も人気があります。ギンバイカ(マートル)は古代ギリシャを始め、ヨーロッパでは昔から神聖な樹とされてきました。「祝いの木」とも言われ、ヨーロッパでは昔から結婚式で使用されてきました。

    常緑で葉の密度も高いことから生垣としてもよく利用されます。斑入りの品種「バリエガタ」は、より柔らかい印象を与えます。日当たりの良い場所に植えると花付きも良くなります。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2月7日の誕生花|ギンバイカ(銀梅花)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

gui モビールキット イエロー

販売価格:4,400円(税込)

フレッシュフィール トマト

販売価格:880円(税込)

ワークエプロン バッククロスタイプ ヒッコリー

販売価格:2,750円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ