2月7日の誕生花|ギンバイカ(マートル)

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

2月7日の誕生花は「ギンバイカ(マートル)」です。「ギンバイカ(マートル)」について、花言葉や基本情報、花の特徴、名前と花言葉の由来、種類など気になる情報をご紹介!

 

2月7日の誕生花

2月7日の誕生花は「ギンバイカ(マートル)」

「ギンバイカ(マートル)」の花言葉は「愛」「愛のささやき」

 

ギンバイカ(マートル)について|基本情報

科・属 フトモモ科・ギンバイカ属
和名 銀梅花
英名 Myrtle
学名 Myrtus communis
原産地 地中海沿岸
開花期 5月~6月

 

ギンバイカ(マートル)とは|花の特徴、名前と花言葉の由来

ギンバイカ マートル

ギンバイカ(マートル)は、梅の花に似た白い小さな花をたくさん咲かせる常緑低木です。花が梅に似ていることから「銀梅花」という名が付けられました。

 

ギンバイカ マートル 実

冬にはオリーブに似た黒い実を付けます。ギンバイカ(マートル)は花や実が美しいだけでなく香りも良いため、「ギンコウバイ(銀香梅)」と呼ばれることもあります。光沢のある卵形のグリーンの葉にも芳香があり、ハーブとして肉料理などに使われます。精油にも用いられ、ハーブとして扱われる場合は「マートル」という名前で流通しています。

丈夫で育てやすく、病害虫の心配もありません。日当たりの良い場所に植えると花付きが良くなります。関東以西では屋外で越冬できるため、鉢植えだけでなく庭木やシンボルツリーとして人気があります。常緑で葉の密度も高く、刈り込みにも耐えるので、生垣やトピヤリーの素材としてもよく使われます。

ギンバイカ(マートル)は、ヨーロッパでは古くから神聖な樹とされ「祝いの木」とも呼ばれて結婚式にも使われてきました。現在も結婚式の装飾や花嫁のブーケの材料にギンバイカ(マートル)が使われています。2022年に崩御されたエリザベス女王陛下の棺の上に飾られたリースに使われたギンバイカ(マートル)は、1947年のご成婚の際のウェディングブーケの中にあったものを挿し木にして育てられたものだそうです。

 

分類:常緑低木 樹高:1~3m 花期:5月~6月 マートルは地中海地方原産のフトモモ科の常緑低木です。光沢のある葉が美しい庭木です。初夏に梅に似た白い花を咲かせます。

ギンバイカ(マートル)は純白の花の美しさから愛と美の象徴とされ、女神に贈る花と言われてきた歴史もあります。愛や純潔、不死を表し、結婚したての花嫁さんや恋人に贈る花としても有名です。そんなことに由来して、ギンバイカ(マートル)に「愛」「愛のささやき」という花言葉が付けられたと言われています。

 

ギンバイカ(マートル)の種類

斑入りギンバイカ(マートル・バリエガータ)

葉に乳白色の縁取りがある斑入りタイプです。枝の伸びや花数はギンバイカ(銀梅花)より少ないですが、花の季節以外でも美しい斑入りの葉が楽しめる魅力があります。

ヒメギンバイカ(姫銀梅花)

樹高が1mほどで、葉も小さく比較的コンパクトに栽培できる品種。別名ドワーフマートルとも呼ばれます。

 

▼ギンバイカ(マートル)の詳しい育て方


▼ギンバイカ(マートル)の関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2月7日の誕生花|ギンバイカ(マートル)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス