3月26日の誕生花|花ニラ(ハナニラ)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

3月26日の誕生花は「花ニラ(ハナニラ)」です。「花ニラ(ハナニラ)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

3月26日の誕生花

3月26日の誕生花は「花ニラ(ハナニラ)」。

「花ニラ(ハナニラ)」の花言葉は「悲しい別れ」「耐える愛」。

 

花ニラ(ハナニラ)について

科・属  ネギ科・ハナニラ属
和名  花韮
英名  Spring starflower
学名  Ipheion uniflorum
原産地  南アメリカ
開花期  3月~4月

 

花ニラ(ハナニラ)の特徴

花ニラ(ハナニラ)は南米原産で、明治時代頃に観賞用として日本にやってきました。桜の咲くころに、3cmほどの無数の星型の花が開花します。

葉がニラの葉の形に似ていて、球根の香りや、葉や茎を折った時にニラに似た強い匂いがすることから「花ニラ」と名づけられたそうですが、葉をちぎったり、カットしたりしない限りは匂わないので、特に気になりません。

花ニラ(ハナニラ)は秋植え球根で、9月~10月に植えて翌春から開花します。球根は植えっぱなしで大丈夫なので、庭や花壇などの地植えにした場合は、球根を植え付ければ、その後の管理は不要と言ってもよいくらいです。

花ニラ(ハナニラ)は光に反応する性質なので、夜や曇り、雨の日は花を閉じます。太陽に向かって花を咲かせるので、朝は東を向いて、午後は真上、夜は西を向きます。動きのある花です。

 

花ニラ(ハナニラ)の種類

白い花を咲かせるイメージのある花ニラ(ハナニラ)ですが、花色には白から淡い紫色、ピンク色などがあります。花の形はいずれも星型です。

▼花ニラ(ハナニラ)の育て方など詳しい情報はこちら

ハナニラ

  • ハナニラは桜の咲くころに、無数の星型の花が開花します。「ハナニラ」という名前の通り、葉っぱと球根をこするとニラの香りがしますが、葉をちぎったり、カットしたりしない限りは匂わないので、特に気になりません。ハナニラは秋植え球根で、9月~10月に植えて翌春から開花します。球根は植えっぱなしで大丈夫なので、庭や花壇などに地植えにした場合は、球根を植え付ければ、その後の管理は不要です。

    ハナニラは光に反応する性質なので、夜や曇り、雨の日は花を閉じます。太陽に向かって花を咲かせるので、朝は東を向いて、午後は真上、夜は西を向く、動きのある花です。

▼花ニラ(ハナニラ)の関連記事

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「3月26日の誕生花|花ニラ(ハナニラ)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・産地直送】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

おうちでベジ スプラウト 有機種子 赤ラディッシュ

販売価格:345円(税込)

【送料無料】観葉植物 ベンガレンシス 陶器鉢 アクアテラポット 4号鉢相当 ホワイト

販売価格:5,940円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ