もう準備しましたか?秋植え球根おすすめ10選!

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

10月~12月は春に咲く球根花の植え付けシーズンです。夏頃から園芸店や通信販売で、色々な秋植え球根が販売されていますね。今回は秋植え球根の流通事情やおすすめの秋植え球根をご紹介します。

目次

秋植え球根は早めに用意!

球根類の流通は、長い期間販売される花やグリーンの苗ものに比べて季節限定の売り切り商品です。お店の規模にもよりますが、売り切れたら再入荷の可能性が少ない商品です。人気の品種の球根から売り切れていくので球根は早めに買うことをおすすめします!

目次に戻る≫

良い球根の選び方

大きくてずっしりと重みがあって、皮があるものは皮に艶がある球根を選びましょう。同じ品種なら大きいほど良い球根である可能性が高いでしょう。

触ったときに柔らかかったり、カビが生えていたりする球根は、鮮度や品質的に問題があるので花が咲かない可能性があります。お店では良い球根から売れていくので、早めに買った方が良い球根を選ぶことができます。

目次に戻る≫

秋植え球根の植え付け時期までの管理

球根は早めに買っておいた方がよいのですが、植え付ける時期はそれぞれの植物の植え付け時期まで待ちます。早く植え付けすぎると葉っぱが伸びすぎたりするので、適切な時期に植え付けるのが大切です。

秋植え球根の植え付け時期はそれぞれの植物によっても違いますが、一般的に気温が肌寒くなってくる15℃前後くらいの時期が最適です。目安としては木々の紅葉が始まった頃がその年の適時です。植え付けに適切な気温になるまで保管します。

球根の保管場所は涼しくて風通しの良い場所で保管します。球根は暑さに弱いので、直射日光が当たる気温が高い場所で保管した球根は花が咲かない可能性があります。また、ジメジメとした湿度が高い場所に保管しておくとカビが生える原因になります。

目次に戻る≫

おすすめ秋植え球根

それでは代表的な秋植え球根をご紹介します!

チューリップ

チューリップ

もっとも品種が豊富な秋植え球根のチューリップ。品種によって球根の大きさが違います。チューリップは品種によって開花時期が異なります。

早咲き(3月~)、普通咲き(4月)、遅咲き(4月後半~5月)とあり、球根の説明書きに書いてあることが多いです。他の植物との寄せ植えに使う時は、開花時期の合う品種を選ぶと花が咲きそろいます。

▼きれいな植栽になるチューリップの球根の植え付け方をご紹介しています。

 

▼変わり咲きチューリップの球根!お得なセット販売です♪

アネモネ

アネモネ

アネモネは、以前は赤、青、濃いピンク、白と限られた色でしたが、最近はパステルトーンや八重咲種、矮性種など、品種が豊富になりました。球根の花は華やかな反面、開花期間が短いものが多いのですが、アネモネは比較的開花期間が長いので、長く楽しみたい方にはおすすめの球根花です。写真は原種系のアネモネ。

アネモネ

  • アネモネは分枝性の塊茎をもち、草丈25~40cmになるキンポウゲ科の多年草で、直立して直径10cm前後の花を咲かせます。アネモネの花びらに見える部分は、がく片です。 和名はボタンイチゲ(牡丹一華)やハナイチゲ(花一華)といいます。 アネモネはまだ花の少ない2月下旬ごろから5月頃までと開花期が長く、赤、白、ピンク、紫や青など豊富な花色や一重だけでなく半八重や八重など花形の異なる多くの品種があり、切り花や花壇で広く栽培されています。性質は日当たりを好み、寒さに当てないとつぼみができない性質があるのでの冬も屋外で育てましょう。 アネモネの品種は、100品種以上あり、毎年のように新しい品種ができています。以前は、発色のよい色が中心でしたが、最近はパステル系の複色系の品種もあり、花のサイズも大輪のものから小輪のものまで豊富に揃います。園芸用以外に、切り花としても春を代表する球根花です。

 

ラナンキュラス

ラナンキュラス

切り花としてもとても人気のラナンキュラス。園芸品種もたくさんあります。植え付け前に吸水処理をする必要があるので、球根の説明書きを読んでから植え付けましょう。

ラナンキュラス

  • ラナンキュラスは早春から春にかけて開花の多年草の球根植物です。秋に植えて開花時期は3月~4月、夏の高温期は休眠します。 ラナンキュラスの学名の由来は、葉っぱが「カエルの足」に似ていること、またラナンキュラス属の多くが湿地帯を好むことから、ラテン語の「rana (カエル)」 が語源となっていると言われています。ただし園芸用として流通しているラナンキュラス(Ranunculus asiaticus)は加湿を苦手とします。バターカップ(Buttercup)という英名は、原種のラナンキュラスが花びらが5枚の黄色い花を咲かせることに由来します。 最近のラナンキュラスは品種改良が進み、咲き方、色数がとても豊富。薄紙のように繊細な花びらが幾重にも重なった花が、光と温度に反応して開く姿がとても魅力的です。毎年新品種が作り出されるほど人気のある花です。

 

スイセン

スイセン

スイセンは、品種によって開花時期がかなり違います。説明書きに書いてある植え付け時期を確認してから適切な時期に植え付けましょう。3~4年は植えっぱなしでも大丈夫な球根です。

水仙(スイセン)

  • 水仙(スイセン)は、早春に花を咲かせる春を告げる球根植物のひとつです。白と黄色以外にピンクや緑、オレンジなど、色とりどりの花が咲きます。水仙(スイセン)の園芸品種の数は数万品種もあり、とても種類が豊富です。品種によって一本の茎から一本の花が咲く種もあれば、日本水仙のような房咲き種もあります。最近では八重咲種など、新品種の水仙(スイセン)が毎年のように登場します。水仙(スイセン)は、主に冬咲きと春咲きの品種が多いですが、中には秋に咲く品種もあります。 水仙(スイセン)は、数年間は植えっぱなしで管理でき、環境が合えば球根が年々増えていくのでガーデニング初心者にはおすすめの球根の花です。球根をまとめて植え付けておくと、年々分球し、とても見事な空間となります。日本全国には、たくさんの水仙(スイセン)の群生スポットが存在します。

 

ムスカリ

ムスカリ

あまり早く植え付けすぎると、葉っぱが伸びすぎて見た目がだらしない感じになってしまいます。遅めに植え付けた方が、見栄えがきれいになります。

 

シラー・カンパニュラ―タ(ヒヤシンソイデス)

シラー・カンパニュラ―タ(ヒヤシンソイデス)

別名、ブルーベルと呼ばれるシラー・カンパニュラータ(ヒヤシンソイデス)。4月~5月ごろに開花する球根花です。

色は青紫、白、ピンクの3色があります。花の形はつり鐘状(ベル型)で、目立つ花ではないですがひっそりと咲く花姿がガーデナーには密かな人気のある球根花です。植えっぱなしで大丈夫な球根花です。

シラーは、カンパニュラータ以外にもたくさんの品種があります。

▼シラー・カンパニュラータの魅力についてご紹介しています。

 

ヒヤシンス

ヒヤシンス

ヒヤシンスは土への植え付けの他、水栽培できる秋植え球根としても代表的な花です。水栽培にする場合は、水栽培用と売られている球根のサイズが大きめなものを選びましょう。

ヒヤシンス

  • ヒヤシンスは秋植え春咲きの球根植物です。ヒヤシンスは小さな花を花茎に連なるように咲かせます。ヒヤシンスにはダッチ系とローマン系があり、ダッチ系は花数も多く豪華です。私たちが日頃見ているヒヤシンスの多くはダッチ系ヒヤシンスです。ヒヤシンスの一番の魅力は、花色のバリエーションの豊富さと強く甘い香りでしょう。 ヒヤシンスは庭植えや鉢植えなど土壌で育てることも、土を使わずに水耕栽培(水栽培)でも育てる事も出来ます。球根は通常、一球から一つの花を咲かせますが、最近は品種改良が進み一球から数本の花芽を出し咲かせる品種もあります。球根の表皮は花色によって違い、表皮の色でおおよその花の色が分かります。 庭植えのヒヤシンスは数年植えっぱなしでも花を咲かせます。但し、球根に蓄えられている養分が減って行くにつれて花も小さくなっていきます。毎年ヒヤシンスの花を楽しみたければ、花後、葉を残して花茎を付け根から切り戻します。その後緩効性肥料を与え、残った葉が茶色く枯れたようになるまで光合成をさせます。こうすることで球根に養分が蓄えられ、翌年も花を楽しめるようになります。葉が茶色くなった頃に球根を掘り上げて次の秋の植え付けまで休ませることで、球根を良い状態で保存しておけます。

 

ハナニラ

ハナニラ

ハナニラは東京だと4月ごろ無数の花を咲かせます。一度植え付けると植えっぱなしで大丈夫。人によっては「雑草」と表現する人もいるほど、秋植え球根の中でも最も管理の楽な球根花です。毎年分球して、年々花数が増え見事になります。10年以上経過すると最盛期は花のカーペットのような光景になります。

▼ハナニラの魅力をご紹介しています。

 

スノードロップ、スノーフレーク

花の時期 3月~5月  スノーフレークは1.5cm程度の白いスズランのような釣鐘型の花を咲かせます。花びらの先は6枚に分かれ、緑の斑点が入ります。草丈は30~40cmと背が高めです。  似た見た目のスノードロップとの違いは、開花時期と花丈で見分けるのが簡単な見分け方です。桜の咲くころの3月~4月に咲くのはスノーフレークです。

スノーフレーク

スノードロップやスノーフレークは、可憐な花姿は春を告げるシンボルとして人気の高い球根の花です。スノーフレークは草丈は30~40cmと背が高めで3月~4月に開花、スノードロップは地面付近で開花し、開花時期は2月~3月と早春です。

 

アリウム

丹頂アリウム

丹頂アリウム

アリウムはたくさんの種類があって、大輪から小輪まで様々。素敵なフォルムで最近は切り花としても大人気。その中でも小輪系のアリウムは、数年間は植えっぱなしで管理できます。品種によって花の形、丈も様々なので、庭や花壇のスペースに合わせてみては。

▼お庭のアクセントにおすすめ!アリウム・ギガンチューム

 

▼爽やかなブルーのお庭に!アリウム・カエルレウム

 

目次に戻る≫

オーニソガラム、フリチラリア、クロッカス、リューココリーネ……

おすすめの秋植え球根はまだまだあります!

球根の花は植え付けさえすれば簡単なので、ガーデニング初心者さんにはおすすめの植物。たくさんの秋植え球根があるので、是非早めに園芸店に見に行ってみてくださいね。

 

▼編集部のおすすめ

スノードロップ

  • スノードロップは「マツユキソウ(待雪草)」とその仲間を総称して「スノードロップ」と呼びます。秋頃から地中で根を伸ばし、まだ寒い時期に芽を出し、花が少ない早春に花をつけることから、人々に春の始まりを告げる存在として親しまれてきました。雪の残る中でも花茎をすっと伸ばし、一輪ずつ花を咲かせます。下向きの白い花は、まさに雪がしずくとなったようです。つややかな光沢のある葉もまた美しいものです。 日本では「ジャイアント・スノードロップ」や「フロレ・プレノ」など数種が中心ですが、イギリスでは品種改良がとても盛んで数百種に達するともいわれています。 スノードロップは、一度植え付けてしまえば、特別な手入れをする必要がないので、育てやすい草花です。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「もう準備しましたか?秋植え球根おすすめ10選!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【事前予約・11月上旬発送】宿根草 ブローディア(トリテレイア)コリーナ 球根 10球入り

販売価格:550円(税込)

【省スペースで手軽に飾ろう】おしゃれなワゴン ストアおすすめセット DRAW A LINE ムーブロッド (Move Rod)+トレー×2

販売価格:20,020円(税込)

【シンプルでおしゃれな花瓶】フラワーベースM(円筒)

販売価格:3,960円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A