植えっぱなしでどんどん増える球根花!星型の花、ハナニラ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ハナニラは春に無数の花を咲かせる球根の草花です。道端、庭、花壇など、この時期あちこちに咲いているので、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。今回は「ハナニラ」の魅力についてご紹介します。

目次

ハナニラとは

ハナニラの特徴

ハナニラとは?

学名 Ipheion uniflorum
和名 ハナニラ
科・属

ネギ科・ハナニラ属(イフェイオン属)

*ユリ科で分類されることもあります

原産 南アメリカ
開花期 4月
形態 球根 多年草

ハナニラ

目次に戻る≫

ハナニラの特徴

ハナニラは、桜の咲くころに無数の星型の花が開花します。

ハナニラは、桜の咲くころに無数の星型の花が開花します。

「ハナニラ」という名前の通り、葉っぱと球根をこするとニラの香りがしますが、葉をちぎったり、カットしたりしない限りは匂わないので、特に気になりません。ハナニラは秋植え球根で、9月~10月に植えて翌春から開花します。丈は20センチ~30センチです。

ハナニラは植えっぱなしでどんどん増えます!

ハナニラの球根は植えっぱなしで大丈夫なので、庭や花壇などの地植えにした場合は、球根を植え付ければ、その後の管理は不要と言ってもよいくらいです。毎年どんどん花が増えるのは、球根が分球してくるからです。

ワンシーズンでたくさんの花!

球根の花は開花期間が短いものが多いですが、ハナニラは1球からたくさんのつぼみをつけて、時間差で開花するので、1か月近く開花しています。球根植物の割には、開花期間が長いのが特徴です。

とにかく強い!

春は雨や風が強い日が多いですが、風雨でぐったりしていても、翌日の晴れには、何もなかったように起き上がります。

犬に踏まれても、翌日は元通り。本当に強い花です。

犬に踏まれても、翌日は元通り。本当に強い花です。

ハナニラは太陽に反応する性質です

ハナニラは光に反応する性質なので、夜や曇り、雨の日は花を閉じます。

ハナニラは光に反応する性質なので、夜や曇り、雨の日は花を閉じます。太陽に向かって花を咲かせるので、朝は東を向いて、午後は真上、夜は西を向きます。動きのある花です。

 

夕方に撮影。花が西側を向いています

夕方に撮影。花が西側を向いています。我が家のハナニラも最初は、母が植えたおそらく5~10球がスタートでした。それが数十年後、今では4月になると、無数の星型の花が花壇からあふれるように咲いて、それはそれは見事です。私が頻繁に苗の植え替えなどで土を掘り起こすので、その時に球根があちこちに散乱するのか、花壇だけでなく、通路のあちこちからも開花しています。

ブルーや白の草花とあわせて

白のネモフィラと

白のネモフィラと

ネモフィラや忘れな草など、4月にきれいに咲き誇る草花と合わせると、とてもきれいな色合いになります。

 

ブルーのネモフィラと

ブルーのネモフィラと

ハナニラの花の後の管理

ハナニラは基本的に植えっぱなしで大丈夫です。自然に葉が黄色くなり、地上部分から姿を消します。

ご参考までに私の場合は、植えてから数十年がたちますが、一度も掘り起こしたりしたことがありませんが、どんどん花が増えています。鉢植えの場合は、限られた土と栄養で育てているので、数年に一度、掘り起こして分球した球根を整理して、大きな球根を新しい土に植え替えたほうがよいでしょう。

ハナニラの種類と入手方法

今回ご紹介したのは、薄紫色ですが、白、ラベンダー色、ピンクなど、数品種あります。出回りは、球根が一般的で夏に出回りますが、3月~4月にポット苗に植えられた開花苗も若干出回ります。

「ハナニラ」は観賞用です!

ハナニラは、食用ではありません。

「花ニラ」と呼ばれる食用のニラとは別の植物です。ご注意ください。

一度植えると年々見事になるハナニラ。気に入った方は、ぜひお庭に取り入れてみてください

一度植えると年々見事になるハナニラ。気に入った方は、ぜひお庭に取り入れてみてください!

目次に戻る≫

ハナニラの関連記事

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「植えっぱなしでどんどん増える球根花!星型の花、ハナニラ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ