ハナニラの育て方|植物図鑑

植物名
ハナニラ
学名

Ipheion uniflorum

英名
花韮
和名
ハナニラ
科名
ネギ科
属名
ハナニラ属(イフェイオン属)
原産地
南アメリカ

ハナニラの特徴

桜の咲くころに、無数の星型の花が開花します。「ハナニラ」という名前の通り、葉っぱと球根をこするとニラの香りがしますが、葉をちぎったり、カットしたりしない限りは匂わないので、特に気になりません。ハナニラは秋植え球根で、9月~10月に植えて翌春から開花します。球根は植えっぱなしで大丈夫なので、庭や花壇などの地植えにした場合は、球根を植え付ければ、その後の管理は不要と言ってもよいくらいです。

ハナニラは光に反応する性質なので、夜や曇り、雨の日は花を閉じます。太陽に向かって花を咲かせるので、朝は東を向いて、午後は真上、夜は西を向きます。動きのある花です。

ハナニラの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 20~30cm
耐寒性 普通
耐暑性 強い
花色 白、ブルー、紫、ピンク
開花時期 3~4月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング