【野菜の花】花ニラとは?食べ方とハナニラ(イフェイオン)との違い

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

花ニラ Allium tuberosum

花ニラとは?

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「花ニラ」。花ニラとは野菜のニラの花のことで、8月くらいから秋にかけてが花の季節です。夏になると株元からスッとした花茎が立ち上がり、頂点に小さな白い花の集合体がついた形状をしています。

花ニラ

つぼみ

ネギの仲間なのでネギ坊主のようなつぼみです。このつぼみの状態を食用にでき、流通もしています。(出荷量が多いのは5月~9月)つぼみも花茎もやわらかくて甘みがあり、油で炒めるとシャキッとした独特の歯ごたえがあります。

野菜として流通している花ニラは、一般的なニラより香りが強くない花ニラ専用の品種が多く、種も販売されています。「とう」収穫専用の花ニラ品種:テンダーポール、ニラむすめなど

 

花ニラ

花を咲かせると株が弱るため、葉を収穫する目的の場合は、つぼみのうちに花茎を摘み取った方がよいのですが、今回は畑で育てているニラを咲かせてみました。

 

花ニラ

開花直前の横顔

1本の茎にたくさんの花がついています。

 

花ニラ

開花。アリウムの仲間の中では小輪でかわいい花。いっぺんに咲かず、少しずつ開花します。

 

花ニラ

薄皮がはじける前とはじけた後。大きさがかなり違います。野菜として流通する時は数十本で一束として売られていますが、この日の収穫は5本(笑)。家庭菜園ならではです。

つぼみの状態と薄い皮がはじけたものだと、茎の固さにかなり違いがあります。開花が近づくと茎がしっかりと固くなるので、食用にするならやはりつぼみのうちの方が柔らかくて美味しいのでしょう。

 

花ニラ

豚バラと花ニラの炒め物ののっけそば

つぼみの付近と根元の茎の固さに違いがあるため、根元部分の茎を先に炒めてから最後につぼみとつぼみ付近の茎をさっと炒めるのがおすすめです。炒め物の他、茹でて和え物としていただくことができます。

 

花ニラ

咲いてしまったものは切り花に。生花のアリウム・コワニーに似た雰囲気です。

ハナニラ(イフェイオン)との違い

宿根草 球根・ハナニラ

ハナニラ:Ipheion uniflorum

同じ名前のハナニラという花があるのでご紹介します。

ハナニラは、桜の咲くころに無数の星型の花が開花する球根の花です。(品種によっては早春など他の時期に咲くものもあります)学名のイフェイオンという名で流通していることもあります。葉がニラの香りがすることが名前の由来ですが、こちらは観賞用で食用にはできません。

野菜のニラの花は1本の茎の頂点に複数の小さな花が咲くのに対して、ハナニラ(イフェイオン)は1本の茎の頂点に星形の花がひとつ咲くので、花の時期なら簡単に見分けることができます。

葉だけの時は観賞用のハナニラもニラの香りがして間違いやすいので、家庭菜園の近くには植えないことをおすすめします。

 

▼編集部のおすすめ

ニラ(韮)

  • ニラ(韮)は独特の香りが料理を引き立て、炒め物や鍋物、餃子の具などに使われる野菜です。栄養面でも、カロテン、ビタミンB2、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどを含み栄養豊富です。 東アジア原産で、日本でも古事記や万葉集にも名前が出てくるなど古くから親しまれていました。古くはミラ「美辣」と呼ばれており、これは美味しいという意味で、野菜の種類が少なかった昔に大変重宝がられた野菜でした。 ニラは別名懶人草(らんじんそう)とも呼ばれます。懶人(らんじん)とは怠け者のことで、次々収穫できるニラは、畑や庭の隅に何株か植えるだけで誰にでも簡単に育てられる野菜という意味合いでつけられたようです。 多年草で一度植え付けると同じ株から数年収穫することができ、数年経過した後は株分けをするとさらに長く収穫することができます。畑だけでなくプランター栽培もできるので、家庭菜園向きの野菜のひとつです。

ハナニラ

  • ハナニラは、桜の咲くころに無数の星型の花が開花する球根の花です。葉がニラの香りがすることが名前の由来ですが、葉に触れない限りは匂いません。 ハナニラは、秋に球根を植えると翌春開花します。開花後の球根は、植えっぱなしにできます。庭や花壇などに地植えにした場合は、球根を植え付ければその後の管理は不要です。植え付けた球根は分球し、年を追うごとに花数が増えていきます。植えっぱなしにできる球根の中でも最も手入れいらずの植物です。 ハナニラは光に反応する性質で、夜や曇り、雨の日は花が閉じています。太陽に向かって花を咲かせるため、朝は東、午後は真上、夜は西を向く、動きのある花です。 以前からよく植栽されているハナニラの色は淡い紫色ですが、最近はさまざまな園芸品種があり、白、紫系濃淡、ピンクなど花色も豊富です。これらの開花時期は3月~4月ですが、少し早い2月~3月に咲く黄花ハナニラや12月頃から咲き始めるイフェイオン・パルビフローラなどもあります。

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【野菜の花】花ニラとは?食べ方とハナニラ(イフェイオン)との違い」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス