フリージアの育て方|植物図鑑

植物名
フリージア
学名

Freesia

英名
Freesia
和名
香雪蘭
科名
アヤメ科
属名
フリージア属
原産地
アフリカ南部ケープ地方

フリージアの特徴

フリージアは、半耐寒性の球茎をもつ秋植えの植物で、アフリカ南部のケープ地方が原産と言われています。スイセンのような細長い葉を10枚ほど出した後に3~4月頃に6~12ほどの花ををつけた穂状花序を水平につけます。和名では「香雪蘭」といいます。オランダで品種改良がすすみ、150以上の園芸品種が存在します。草丈は50cm~80cmほどになり、花色はメジャーな黄色や白のほか、紫やピンク、濃いピンク色、ツートーンカラーの品種など、様々な種類があります。また八重咲きの品種も育成されています。花壇植えや鉢ものだけでなく切り花としても流通しています。原種に近い黄色や白の花は甘く強い香りがあります。やや寒さに弱いので霜に当てないように栽培しましょう。

フリージアの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 50cm~80cm程度
耐寒性 やや弱い
耐暑性 弱い
花色 黄、ピンク、紫、オレンジなど
開花時期 3月~4月頃

来年もフリージアを楽しむために

花後も葉はそのまま残して日向で光合成をたっぷりさせて翌年のために球根を太らせるようにしましょう。6月頃に葉が黄色くなったら掘り上げて葉を縛り、球根についている土や前年に植えた古い球根を取り除きます。そのまま秋の植え付け時期まで風通しの良い場所でカビが発生しないように保管しましょう。

 

フリージアの香り成分

フリージアは好きな香りランキングで常に上位にあげられる香りのよい花として知られていますが、香料をとるために栽培されていませんので香水などは合成香料が使用されています。フリージアの品種によっても若干香りは異なりますがその成分は主に「リナロール」が多く心を落ち着かせる効果があるとされています。 室温が低いほど花もちが良く香りも長持ちしますので、家の中の置き場所にも気を配ってみてはいかがでしょうか。

 

フリージアの名前の由来

フリージアはデンマークの植物学者C.F.Ecklon(エクロン)氏が南アフリカのケープ地方で植物採集の際に発見されました。彼は友人でドイツ人医師のFreeze(フリーゼ)氏に敬意を表してフリージアという名前をつけて発表しました。

フリージアの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
肥料
開花

フリージアの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりの良い場所を好みます。

用土

水はけと水持ちの良い土を好みます。

フリージアの育て方のポイント

水やり

冬の間地上部は動きが無くても根が動いていますので水やりを忘れないようにしましょう。土が乾いたらたっぷりとやります。

肥料

気温が上がって葉がよく伸びてきたら1カ月に2回ほどうすめの液肥をやります。あまり肥料が多いと葉や花茎が倒れやすくなるので注意しましょう。

病害虫

球根腐敗病、菌核病、モザイク病、首腐病、アブラムシに注意しましょう。

フリージアの詳しい育て方

選び方

球根はキズやカビのついていない健康なものを選びましょう。芽出し苗を購入する場合も病気にかかっていないかを確認し葉色の濃いものを選びましょう。

植え付け

球根植えつけは10月下旬から11月頃が適期です。植え付けが多少遅れても地温があがってくる頃にぐんと根をのばすのであまり心配はいりません。早く植えすぎるよりも芽の小さい状態で冬を越す方が良いです。球根の間隔は5cm~10cmほどでプランターの場合は球根の頭が隠れる程度の浅植えにします。葉が伸びてきたら土を足して倒れないようにします。地植えの場合は3cm程度の深さに植え付け、葉が伸びてきたら土を寄せて倒れにくくします。

3月~4月頃に黄色やピンクなどの色鮮やかな花を咲かせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング