家庭菜園特集

フリージアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

フリージア(香雪蘭)は鮮やかな花とで女性らしい花言葉を持つ、甘い香りが魅力的な春の花。フリージア(香雪蘭)の花言葉と種類についてご紹介。

 

フリージア(香雪蘭)の花言葉

「フリージア(香雪蘭)」の花言葉は「優雅」「天真爛漫」。

黄色いフリージア(香雪蘭)の花言葉は「無邪気」。

赤いフリージア(香雪蘭)の花言葉は「純潔」。

紫のフリージア(香雪蘭)の花言葉は「憧れ」。

 

フリージア(香雪蘭)について

科・属  アヤメ科・フリージア属
和名  香雪蘭
英名  Freesia
学名  Freesia refracta
原産地  南アフリカ
開花期  3月~4月

 

フリージア(香雪蘭)の特徴

フリージア(香雪蘭)は、半耐寒性の球茎をもつ秋植えの植物で、アフリカ南部のケープ地方が原産と言われています。スイセンのような細長い葉を10枚ほど出した後に3~4月頃に6~12ほどの花ををつけた穂状花序を水平につけます。オランダで品種改良がすすみ、150以上の園芸品種が存在します。フリージア(香雪蘭)の草丈は50cm~80cmほどになります。花壇植えや鉢ものだけでなく切り花としても流通しています。原種に近い黄色や白の花は甘く強い香りがあります。やや寒さに弱いので霜に当てないように栽培しましょう。

 

フリージア(香雪蘭)の種類

フリージア(香雪蘭)といば黄色や白の花をよく見かけますが、花色は以外にもたくさんあり、白、黄、紅、紫、ピンクやツートーンカラーと様々です。また八重咲きの品種も育成されています。

▼フリージア(香雪蘭)の育て方など詳しい情報はこちら

フリージア

  • フリージアは、半耐寒性の球茎をもつ秋植えの植物で、アフリカ南部のケープ地方が原産と言われています。スイセンのような細長い葉を10枚ほど出した後に3~4月頃に6~12ほどの花ををつけた穂状花序を水平につけます。和名では「香雪蘭」といいます。オランダで品種改良がすすみ、150以上の園芸品種が存在します。草丈は50cm~80cmほどになり、花色はメジャーな黄色や白のほか、紫やピンク、濃いピンク色、ツートーンカラーの品種など、様々な種類があります。また八重咲きの品種も育成されています。花壇植えや鉢ものだけでなく切り花としても流通しています。原種に近い黄色や白の花は甘く強い香りがあります。やや寒さに弱いので霜に当てないように栽培しましょう。

▼フリージア(香雪蘭)の関連記事

関連ワード

「フリージアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ