ユーフォルビア・峨眉山の育て方|植物図鑑

植物名
ユーフォルビア・峨眉山
学名

Euphorbia בGabizan’

(=Euphorbia bupleurifolia × Euphorbia susannae

和名
峨眉山
科名
トウダイグサ科
属名
ユーフォルビア属
原産地
日本(交配種)

ユーフォルビア・峨眉山の特徴

ユーフォルビア・峨眉山はユーフォルビア・鉄甲丸とユーフォルビア・瑠璃晃の交配種で、瑠璃晃の群生する性質を受け継ぎ、見た目も瑠璃晃と鉄甲丸の中間のようで非常に可愛らしい見た目をしています。単頭で育てるよりも群生させた方が本種の魅力がより出せるでしょう。大きさも小型で育てやすい初心者にもおすすめのユーフォルビアです。

ユーフォルビア・峨眉山の詳細情報

園芸分類 多肉植物、ユーフォルビア
耐寒性 弱い
耐暑性 普通
耐陰性 弱い

ユーフォルビア・峨眉山の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
肥料
植え替え
植え付け

ユーフォルビア・峨眉山の栽培環境

日当たり・置き場所

峨眉山は日当たりの良い所を好みます。日当たりの少ない場所で育てると徒長して丸い見た目を楽しめなくなるので注意しましょう。また、群生してくると通気性が悪くなるため、風通し位の良い場所で育てるようにしましょう。

温度

峨眉山は寒さに弱いので冬の少し肌寒くなってきた位に暖かい室内に取り込むと良いでしょう。

用土

峨眉山は水はけの良い土を好みます。市販の多肉植物用の土か、山野草向けの土がおすすめです。自分で配合する場合は硬質鹿沼土を中心に赤玉土やパーライトなどを使用しましょう。

ユーフォルビア・峨眉山の育て方のポイント

水やり

峨眉山の水やりは基本的に用土が乾いてから与えます。水の与えすぎは徒長の原因になるため注意しましょう。

肥料

春~秋の生長期にひと月に1~2回程度液肥を与えるか、元肥を極少量入れておくと良いでしょう

 

病害虫

ハダニカイガラムシが付着しやすいです。風通しを良くし、見つけ次第捕殺しましょう。

ユーフォルビア・峨眉山の詳しい育て方

選び方

峨眉山は胴体が丸く、良く群生している株を選ぶと良いでしょう。

植え付け

初夏と9月頃がおすすめです。

植え替え・鉢替え

初夏か9月頃に植え替えを行うと良いでしょう。植え替え後はすぐに水をたっぷりと与えます。

夏越し

峨眉山は暑さに強い多肉植物ですが、猛暑日に直射日光が当たると葉焼けを起こすことがあります。その場合は寒冷紗などで弱めの遮光を施すと良いでしょう。

冬越し

峨眉山は寒さに弱いため暖かく、直射日光の当たる室内で管理するようにしましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

挿し木で増やすことが出来ます。群生している峨眉山から一株切り取り、土に挿して管理します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング