明日葉(あしたば)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
明日葉(あしたば)
学名

Angelica keiskei

和名
明日葉
別名・流通名
アシタグサ、ハチジョウソウ
科名
セリ科
属名
シシウド属
原産地
日本

明日葉(あしたば)の特徴

明日葉は、数少ない日本原産の植物で、房総、三浦、伊豆、紀伊半島や伊豆諸島に多く分布しています。

セリ科多年草の野菜の一つで、葉をいくら収穫しても、明日にはすぐに若葉が出るということから明日葉という名前が付きました。

春先冬を越した2年目以降(株の大きさによるところが多い)の株から新芽が伸び、6~9月に花が咲き、秋に種ができ、種の状態で冬を越して、春に発芽する。そして、開花・結実した株は枯れていくというサイクルで生育します。

花を咲かせないように、上手に茎葉を摘むことにより、4~5年は収穫を続けられます。

明日葉は、葉野菜として食べられるだけでなく、青汁などの加工品に多く使用されます。

明日葉の茎を切ると、黄色い汁が出てきます。この物質は「カルコン」と呼ばれ、ポリフェノールの一種ですが、近年その効能に注目が集まっています。

明日葉(あしたば)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 50~60cm
耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色

明日葉を選ぶポイント

劣化するごとに葉が黄色くなってきますので、緑色の濃い葉を選びましょう。

保存方法

乾燥させないように、新聞紙に包んでからビニール袋に入れて冷蔵庫に立てて保管しましょう。

明日葉レシピ

葉の利用

天ぷらやお浸し、お茶などに使用します。

根の利用

炒めて甘辛く味付けしたきんぴらや、明日葉の根に氷砂糖とホワイトリカーと合わせた薬用種を作ることができます。

明日葉(あしたば)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
収穫(2年目以降)

明日葉(あしたば)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりの良い、風通しの良い環境を好みます。

温度

生育適温は20℃前後です。

用土

野菜の培養土を用意しましょう。
堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

明日葉(あしたば)の育て方のポイント

水やり

種をまいた後は、乾燥させることのないように、しっかりと水を与えます。
その後は土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

肥料

生育をみながら葉が黄色くなるなど、肥料が足りていない状態でしたら追肥を施しまししょう。

病害虫

ウドノメイガが発生しやすいです。

明日葉(あしたば)の詳しい育て方

種まき

前日に水に浸しておいた種をすじまき、又はばらまきでまいていきましょう。。
明日葉は好光性種子のため、光がないと発芽不良となります。覆土する場合はごく薄くた種をまきます。
明日葉の条間は30cmとり、株間は15~20cmはとりましょう。
発芽まで乾燥しない様に注意しましょう。

間引き

生育の段階に応じて間引きを行います。最終的に株間は15~20cm位とりましょう。

春先冬を越した2年目以降(株の大きさによるところが多い)の株から新芽が伸び、6~9月に白い花が咲き、秋に種ができ、種の状態で冬を越して、春に発芽する。そして、開花・結実した株は枯れていくというサイクルで生育します。

収穫

種をまいた年の収穫はせず、2年目以降の明日葉を収穫します。
草丈が30cm位まで育ったら、古い茎葉を2~3本残し、光沢のある新芽をどんどん摘みましょう。
明日葉は収穫せずに放っておくと、早く大きくなって寿命が縮み、味が落ちます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング