クレソンの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
クレソン
学名

Nasturtium officinale

英名
Watercress
科名
アブラナ科
属名
オランダガラシ属
原産地
ヨーロッパ

クレソンの特徴

クレソンはヨーロッパからアジアの温帯にかけて広く分布する多年草の水生植物で、繁殖力が旺盛なため日本国内でも水辺でよく見られます。和名はオランダガラシやオランダミズガラシと呼ばれています。

横に這うように伸びて茎の途中から根を出しながら水深があるところでは水面に横たわるように浮いています。春には5~6ミリの小さな白い小花を茎の先に咲かせます。味はさわやかな苦みとピリッとする辛みが特徴です。水切れしないように注意をして土で栽培する事も出来ますし、水耕栽培も容易です。冬場に5度を下回らないように管理すれば、真夏や真冬を除きほぼ1年中収穫できます。環境が合えばとにかく良く育ちます。

クレソンの詳細情報

園芸分類 野菜

クレソンの保存方法

クレソンはあまり日持ちがしないので収穫後は1~2日ほどで食べきるのがよいでしょう。冷蔵庫で保存する場合は、軽く湿らせた新聞紙などで包んでからポリ袋へ入れて冷蔵庫の野菜室へいれておきます。また、茎を水にさしておくと萎れにくくなります。ただし葉が水につからないように注意しましょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング