夏休み!野菜を使った小学生の自由研究を集めました!

古幡真恵

古幡真恵

20817views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休み!野菜を使った自由研究

夏休みは小学生のお子さんを持つお母さんたちにとって、大変忙しい時期になります。

ラジオ体操、お昼ご飯に、夏休みの思い出作り、宿題、そして…

自由研究!!

今年の自由研究の題材はもう決まりましたか?

野菜栽培好きのお母さんと、野菜が大好きなお子さんのための自由研究をご紹介します。

目次 

小学校低学年におすすめ

小学校中学年におすすめ

小学校高学年におすすめ

野菜を使った料理で自由研究

 

小学校低学年におすすめ

観察

現在ご家庭で育てている野菜の絵日記を付けましょう。

特におすすめしたいのは、きゅうりです。

・花から実までのきゅうりの生長記録

きゅうりは、開花してから1週間くらいで、だいたい18cm以上の大きさにまで生長します。

収穫最盛期になるとお天気にもよりますが、きゅうりは1日に3cm前後も大きくなります。そのため、日に日にきゅうりが大きくなるので、花が咲いてからの観察記録はきっとお子さんも大興奮の結果になりますよ。

 

・きゅうりの苗の観察

きゅうりは品種によって、親づるに実がなるものと、子づるに実がなるものなどがあります。きゅうりの花がどの場所について、どの場所にきゅうりができるかを観察すると発見があります。

例えば「節なり型」は、主に親づるに実をつけます。

illustration:小野寺 葉月

 

また、きゅうりには雌花と雄花があります。雌花は小さな実が付いた状態なので、その時の様子を調べ、早い段階から真っすぐなきゅうりと曲がりきゅうりの差が発見できます。

 

小学校中学年におすすめ

調査

・水分量の計測

野菜にはたくさんの栄養が含まれていることは、みんな知っていますが、水分量の多さにきっと驚くことでしょう。

実際に自宅で育てている水分がたっぷり含まれた野菜を朝どり収穫して、重さを測り、その後干し野菜にした後もう一度測ると水分量を調べることができます。

また、自宅で育てた朝どり野菜の水分量と、お店で売っている野菜の水分量も比べることができますね。

・野菜から水分が出る考察

「青菜に塩」ということわざがありますが、この意味は「元気をなくして、しんなりした様子」のことです。

これは、塩に脱水作用があるため、野菜から水を吸い出すことができます。野菜を塩もみすると水分が出て、しんなりするのはそのためです。塩をかけた野菜とかけない野菜の状態を調べて、塩の脱水作用を立証する実験もいいですね。

他にも、塩や砂糖を使用したカビや細菌を防ぐ保存方法を調べたり、長持ちする野菜の保存方法を調べたりしてみてはいかがでしょうか。

 

・リボベジ野菜の調査

人参やダイコン、チンゲン菜などの切れ端を使って、どんな野菜が再生するのか。または、どんな状態のものが再生するのか。調査をしてみてもいいですね。
%e8%b1%86%e8%8b%97%ef%bc%93

 

 

小学校高学年におすすめ

考察・実験

・ナス科の考察

例えば、ミニトマトやナス、ピーマンは全てナス科ですが、実の形などは全く違います。それがなぜ同じナス科なのかを考察してみてはいかがでしょうか。共通の特徴があるところ、無いところが見えてきます。同じナス科であるという事実は、見た目だけではなく、植物の進化を調べることやDNAの考察が必要だということが理解できると思います。

▼ナス・ミニトマト・ピーマンの葉の形

 

▼ナス・ミニトマト・ピーマンの花の形

 

ミニトマト

  • トマトの原種は、大玉トマトではなく植物学者たちの調査によりチェリートマト(ミニトマト)ということが分かっています。

    大玉トマトの方が突然変異として、チェリートマト(ミニトマト)よりも後に生まれました。アンデス高原に自生していたトマトの野生種は、いずれもチェリートマトの種類だったようです。

    原産地では多年草ですが、日本のような温帯で育てると1年草として栽培されます。

    この野生種のトマトは、メキシコから北米に伝わり、実際に栽培されるようになったのは19世紀に入ってからです。ヨーロッパへ伝わるのは、コロンブスの新大陸発見が大きく影響し、ヨーロッパでトマトを食べるようになったのは、18世紀以降といわれています。

    当初、トマトは観賞用として育てられ、食用とされることはありませんでした。というのも、新大陸からヨーロッパに伝わった時に、トマトの実がとても赤いために有毒植物と信じられていたからです。

    日本に伝わったのは、17世紀の江戸時代ですが、同じように観賞用として伝わってきましたが、やはり「赤茄子」としての価値しか見出せず、しばらくの間観賞用としてのみ育てられていました。

    トマトの赤い実は毒性ではありませんが、じつはトマトの苗自体には有毒物質が含まれています。完熟のトマトにはほとんど含まれていませんが、「トマチン」といって、花・葉・茎などに含まれています。そのため、ピーマンの葉は食すことはできますが、トマトの葉は食べることができません。

    現在では、様々な品種が改良され、青臭さもなく、まるでフルーツのような甘いミニトマトもでき、人気の野菜の一つです。

    緑黄色野菜の1つで、クエン酸、リコピン、グルタミン酸など栄養も豊富。健康や美容にも効果があることも人気の理由。サラダから、煮込み料理、ソースなど様々な料理に使えます。

きゅうり(キュウリ・胡瓜)

  • きゅうりの歴史は3000年ほど前と言われており、日本では1000年前から栽培されていたとされています。そんな歴史あるきゅうりも、切り口が徳川家の葵の紋に似ていたことから江戸時代には大変不人気の野菜だったそうです。

    きゅうりの外側の表面の白い粉のようなものは、ブルームといって乾燥や雨などからきゅうりを守るために自然にできた物質です。最近のきゅうりの品種は、このブルームがあまりない、艶々のきゅうりが市場に多く出回っています。

ナス(なす・茄子)

  • 原産はインドです。日本には奈良時代に中国から伝わり、古くから日本人に親しまれた野菜のひとつです。ナスの形は、丸や卵、中長、長形など様々な品種が栽培されています。幅広く料理にも使えるので和洋中問わず、味を楽しむことができます。

    みなさんがよくご存じの縁起の良い初夢の順番「一富士、二鷹、三茄子」ですが、江戸時代の初物のナスは1個がなんと1両。そのため庶民が正月に初物のナスを食べることは、夢のまた夢…叶わぬ夢でした。初夢にナスが登場すると縁起が良いとされるのもこのことからうかがえます。
    現在のようにハウス栽培がない江戸時代で、冬に高温作物のナスを作るためには、油紙障子でハウスのようなものを作り、馬糞や麻屑(あさくず)などを踏み込んだ発酵材でエコに温度を上げるなどして、手間暇かけて栽培していたそうです。

・DNA単離実験

小学校高学年ともなれば、しっかりとした将来の夢も持ち始めているのではないでしょうか。将来農学を目指したいお子さんに、ぜひしていただきたい自由研究は、野菜のDNA単離です。

DNAとは…

生物は良くも悪くも親に似ます。それは、生物の設計図ともいえる遺伝子を受け継ぎ、それをもとにして自分自身を作っているからです。その遺伝子の本体が、DNAといわれる物質です。

DNA単離とは…

野菜をすりつぶして糸のようなDNAを取り出すことが目的です。簡単に説明すると、DNA単離は洗濯に例えられます。野菜を洗剤で洗い、その洗った液体の中にDNAが溶けだし、それを脱水して、螺旋状の糸のように情報が決まった配列で並んでいるDNAを取り出すことです。じつは、洗剤やエタノールなどを使ってご家庭でも簡単にできますので、お試しください。

~材料~

エタノール

洗剤

ブロッコリー

すり鉢・すりこぎ棒

ハサミ

 

~手順~

①計量カップに、水~100ml、塩~小さじ1(5cc)、洗剤~小さじ1(5cc)を入れ、塩が溶けるまでよくかき混ぜます。

②ブロッコリーの先の部分をハサミで切って、すり鉢の中に入れます。

 

③ブロッコリーをすり鉢でペースト状(この作業が一番重要)になるまでよくすりつぶします。

 

④ ①で作った液体をすり鉢に入れて、緩やかに混ぜます。

⑤ コップの上の布に注ぎ、搾ります。

 

⑥エタノールを静かに入れます。こうすることで、DNAを浮かび上がらせます。白い糸のようなものがDNAです。

DNAは、ヌクレオチドという物質が、たくさんの鎖のように連なっています。混ぜると鎖なのですぐ壊れてしまいますので、注意してください。

 

野菜を使った料理で自由研究

料理が好きなお子さんは、野菜を使った自由研究をおすすめします。これをきっかけに野菜がもっと好きになってくれると嬉しいですね。

定番の夏野菜のカレー

illustration:小野寺 葉月

 

新メニューの開発

定番の料理を一人で作る挑戦も良いですが、新しいレシピを開発しながら、実験感覚で料理を楽しむのも自由研究らしくて良いですね♪

 

 

いかがでしたか?

自由研究は、野菜をテーマにお子さんといろんな発見をしてみてください♪

 

「夏休み!野菜を使った小学生の自由研究を集めました!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。日本エディブルフラワー協会事務局在籍。

オススメ特集