前田有紀の一“花”言vol.33「私の好きな器」~選び方&飾り方のポイント

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

素敵な花瓶や食器を見ると、なんだかテンションが高まります。

しかし、いざ買おう!と思っても、

「いろいろありすぎて、何を買えばいいかわからない」

「せっかくなら、実用的なものをピンポイントで選びたい」

そんな声を多く耳にします。

そこで今回は花瓶や食器などの「器」にフォーカスして、

前田さん流の選び方や飾り方のポイントを聞いてきました。

同じ器でも色やサイズ別で複数買いを

シンプルなものから、カラフルなものまで。前田さんのご自宅には、仕事やプライベートで使用する花瓶がたくさんあります。いったい、どんな基準で花瓶を揃えているのでしょうか?

「以前はシンプルなものを選びがちだったんです。でも最近はgui(グイ)の活動もあるので、カラフルな花瓶を選ぶことが多くなりました。私なりの買い方のポイントは、色違いやサイズ違いなど、同じシリーズの花瓶を複数買うこと。ひとつでも十分可愛いのですが、複数並べて飾ると花瓶としてだけでなく、インテリアとしても楽しむことができるんです」

意外と使いやすいカラフルな花瓶

FIDRIOの花瓶

カラフルな花瓶は使い勝手が悪そうで、なかなか手が出せない人も多いはず。しかし、こちらの花瓶は使い勝手がいいと、前田さんは太鼓判を押します。

「これはFIDRIO(フィドリオ)というオランダのブランドの花瓶。市場で見つけて一目惚れして買ったんです。カラフルなぶん、いろんな花とも相性がいいのが特長。花瓶にグリーンの色が混ざっているから、葉物だけを挿して飾っても絵になるんです。デザイン性が高いので、そのまま棚に飾っても可愛いですよ」

球体の花瓶はみんなが集まるダイニングテーブルに

Wedgwoodの花瓶

こちらも前田さん一推しの球体の花瓶。Wedgwood(ウェッジウッド)というイギリスのブランドなんだそう。

「ぱっと見はただの白い花瓶なのですが、よく見ると葉脈をモチーフにデザインされているんです。そういう、さり気ないデザイン性に心を奪われました。あとは、丸いフォルムなのでどこから見ても絵になるのが特長。なので、お客さんが集まるリビングやダイニングテーブルに置くことが多いですね。いろんな色の花をざっくり入れても、器が白いからまとまって見えるのでおすすめです」

Wedgwoodのマグカップ

Wedgwoodは花瓶だけでなく、食器類もたくさん展開されています。左側のマグカップは、ロンドンのハイド・パークの葉をイメージして作られているのだそう。

「植物をモチーフにデザインされた食器を愛用するだけで、食卓が華やぎますし、心も癒されますよ」

枝ものは背の高いピッチャーに

琺瑯のピッチャー

3年前に雑貨屋で出逢ったのが、こちらのピッチャー。

「琺瑯のピッチャーも使い勝手抜群。高さがあるので、枝ものを生けるときに便利なんです。取手が付いているから持ち運びも便利ですよ」

このようにミモザを生ければ、とっても絵になります。

ひとくせあるグラスは花瓶にシフトすべし

注ぎ口がデザインされたグラス

自宅に花瓶がないという方は、グラスを代用してみてはいかがでしょう。

「小さなグラスも、一輪挿しにはぴったり。注ぎ口がデザインされているだけで、ちょっとした特別感が演出できます。ひとくせある食器は、どんどん花瓶として使ってみましょう」

マットな質感の花瓶はドライフラワーと相性抜群

マットな質感の花瓶

「マットな質感の花瓶は、ドライフラワー入れとして活用しています。サイズが小さいので、複数並べて棚に飾るだけで絵になりますよ」

ミニマムな花瓶はカラバリを揃えて

HUNT9の花瓶

ちょこんとした可愛いサイズの花瓶は、色違いを複数並べるだけで絵になります。

「手のひらサイズのこちらは、HUNT9(ハントナイン)のもの。小花を飾ると幸せなムードに包まれます」

食器をこだわれば、食卓も華やぐ

お気に入りの食器

生活をするうえで、食器選びも欠かせないポイントだと前田さんは言います。

「これは義母が作ってくれたお皿。とっても気に入っていて、毎日使っているほど。お気に入りの食器を使うだけで、料理をするときのテンションが上がるし、食卓も華やかになります」

食器に料理を盛り付ける

「炒めただけの簡単レシピも、お皿に盛りつけるだけでおいしそうな印象にランクアップ。外で買ってきたお惣菜やサラダも、お皿に盛りつけてみてください。ご家族もきっと喜びますよ」

今回のキーフラワー

今回のキーフラワーはミモザ

「庭先で咲いていたミモザを収穫して、グラスに入れて飾ってみました。黄色い小さな花は春の訪れを感じさせてくれて、心が温まります。そして、3月8日はミモザの日。イタリアでは、男性から女性にミモザを贈る文化が今でも続いているそうです。この機会に、ぜひミモザを手に取ってみてはいかがでしょう」

——————–

引き続き、隔週金曜日に前田さんの連載の「前田有紀の一花言」を配信。

フラワースタイリスト 前田有紀  2013年イギリスに留学し、帰国後フラワースタイリストとして活躍。イベント装飾やブーケやアレンジメントの制作を手がけ、雑誌やSNSなどでメディアを通して花と緑のある暮らしを提案している。2017年の春以降は積極的にワークショップも行い、花や緑に関わる人々と直接ふれあうことでリアルな声も積極的に取り入れている。また、2017年10月にオープンした「世界の花屋」では、デザイン監修を務め、世界の花々の生産や流通など、花の歴史などの魅力を伝えている。

フラワーアーティスト
前田有紀

2013年イギリスに留学し、帰国後フラワーアーティストとして活躍。イベント装飾やブーケやアレンジメントの制作を手がけ、雑誌やSNSなどでメディアを通して花と緑のある暮らしを提案している。

Facebook/前田有紀『一日一花』

instagram/前田有紀 『一日一花』

Instagram/移動花屋”gui”

 

「Botapii」取扱店舗一覧はこちら

 

前田有紀の一“花”言 バックナンバー

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「前田有紀の一“花”言vol.33「私の好きな器」~選び方&飾り方のポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ