エディブルガーデン12か月|4月の作業

sana

sana

260views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

illustration:小野寺 葉月

エディブルガーデンとは?

野菜や果樹、ハーブなど食べられる植物を取り入れ、育てて収穫を楽しむことができる庭や菜園のことを意味します。

今年から家庭菜園を始めようとしている皆さんと一緒に楽しいエディブルガーデン作り始めましょう。

Herb garden with many types of plants and a blank blackboard

 

4月4日は清明(せいめい)。

春の陽ざしを受け、天地万物が清らかな明るさに輝く季節です。本格的なエディブルガーデンのスタートです。より多くの種類の種をまくことができます。

 

3月のおさらい

・畝立て

・肥料について

・種まき

・寒冷紗

▼3月の作業のことならコチラ

エディブルガーデン12か月|3月の作業 

 

4/20は穀雨。

春の雨が降る頃です。作物の成長を助ける天からの雨です。4月末から5月5日の立夏頃に春夏野菜の苗を植え付けましょう。

 

4月の作業

プランツタグを作ろう!

まずは、楽しいガーデニングの準備から♪

見るだけで楽しくなってしまうようなガーデニンググッズを作りましょう。

手作りで簡単に出来る「プラバンとト-スターで作るプランツタグ」「木製のプランツタグとハンダゴテで可愛いプランツタグをDIY♪」

皆さんのエディブルガーデンを素敵に飾りましょう。

illustration:小野寺 葉月

▼プランツタグの作り方ならコチラ

プラバンで簡単DIY!「プランツタグ」を作ってみよう

 

 

▼ハンダゴテで作る木製のプランツタグの作り方ならコチラ

100円ショップのハンダゴテを使ってガーデニンググッズを作ろう!

 

間引き

種まきの次は、間引きです。

間引きをする目的

・密植状態をなくす

作物が密植状態だと、害虫の住みかになりやすく、蒸れることで病気にもかかりやすくなりましす。作物が元気に育つためには、日当たり・水分・風通しがとても重要です。充分な日当たりと風通しを良くするためにも、適度な間引きをしましょう。

・根の成長を邪魔しない

それぞれの作物の性質として、根が深く下に伸びる根菜類などの直根性のものもあれば、根が浅く横に広がっていく散根性の植物もあります。特に散根性の植物が、株間が充分になく隣同士でぎゅうぎゅう詰めになっていると、作物は生長できない状態に陥ります。根を十分に生長させるためにも間引きを行いましょう。


すじまき

1回目

本葉1~2枚の頃、葉が触れない程度で間引いてください。間引いた葉は、幼葉すなわちベビーリーフです。サラダなどで召し上がってください。その際、種が薬剤加工してあるものは気になるようでしたら、双葉を取り除き、本葉から召し上がってください。

 illustration:小野寺 葉月
2回目

本葉3~4枚の頃、30~50cm間隔が目安ですが、植物の種類ごとに異なります。それぞれの作物に合った株間をとりましょう。

 illustration:小野寺 葉月

点まき

1回目

何粒かまいた種が生長し、本葉1~2枚の頃生育の遅いものを1~2本間引き、2~3本立ちにします。

illustration:小野寺 葉月
2回目

2~3本立ちで本葉3~4枚の頃まで生長したら、また生育の遅いものを1本間引いて1本立ちにします。

30~50cm間隔が目安ですが、植物の種類ごとに異なります。ちなみに、オクラやインゲンなどは2本立ちのまま育てる作物もあります。それぞれの作物に合った本数、株間をとりましょう。

illustration:小野寺 葉月

苗を選ぶポイント

「茎が太い・葉の色が濃く厚い・節間がつまっている」苗を選びましょう。
連作・病気に強い接ぎ木苗がおすすめです。購入したらしっかり水分を与え植え付けに備えましょう。

illustration:小野寺 葉月

植え付けのポイント

花の植え付けと違い、野菜の苗は根鉢を崩すことはしません。静かに育苗ポットからはずして植え付けましょう。

1 株間をしっかりと取り、苗のポット分の穴を掘る。

illustration:小野寺 葉月

2 苗を軽く手で押さえ根鉢を崩さないように植える。

illustration:小野寺 葉月

3 苗を支えるために割りばし等の支柱を苗の少し離した場所に刺す。

植えたばかりの苗は土に活着するまでに少し時間がかかります。その際根が乾燥してしまわないためにも、植え付けから1週間位はしっかりと水を与えます。苗の周りを少し凹まして、苗にしっかり水が浸透するように植え付けてあげると乾燥しずらいでしょう。

illustration:小野寺 葉月

4月にまける種

セロリ・パセリ・ニンジン・バジル・パクチー・スイスチャードなど、4月はまくことの出来る種の種類がたくさんあります。

4月に植えられる苗

いよいよ苗ものの植え付けです。気温がグンと上がる4月下旬のゴールデンウイーク頃が植え付けの最高のタイミングです。

トマト

トマトの苗の選び方のポイント

花が1花咲き始めたころの苗を用意しましょう。節のしまった徒長していない、葉が大きく、濃い緑色のしっかりとした苗がよい苗です。病害虫に侵されていない、健康で元気な苗を選びましょう。

illustration:小野寺 葉月

▼トマトの育て方ならコチラ

トマトの育て方|植物図鑑

 

ナス

ナスの苗の選び方のポイント

茎が太く、葉が厚くて、色の濃いものを選びましょう。ちょうど一番果が咲き始めるくらいが植え付けに最適です。ナスは連作障害をうけやすいので、接ぎ木苗がお勧めです。

illustration:小野寺 葉月

▼ナスの育て方ならコチラ

ナスの育て方|植物図鑑

 

苗を植え付けた後も、寒冷紗をかけたほうが良いでしょう。植えたばかりの幼苗は、害虫・強すぎる光・急激な水分の蒸発・防風・防寒のためにも寒冷紗で守ってあげることをおすすめします。

 

いかがでしたが?

4月末から5月初めは苗を植え付け適期です!この時期を逃さないで4月のエディブルガーデン生活をお送りください♪

 

 

花・植物を、もっと楽しみたい!!

室内で楽しもう!

屋外で楽しもう!

花・植物を楽しむアウトドア編では、庭やガーデニング、玄関・ポーチのアレンジやベランダなど主に屋外で楽しめる情報をまとめました。

こんな素敵なガーデンにしたい!といったアイデア、アレンジから害虫が出てて困っている、庭木の剪定はどうしたらいいの?といった悩みなど盛りだくさん。

コチラから
ボタン

「エディブルガーデン12か月|4月の作業」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

sana
sana

農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培を経験後、屋上菜園・屋上庭園のグリーンクリエーター、エディブルフラワー店勤務を経験。自宅でエディブルガーデンを実践中。LOVEGREEN編集部で記事も執筆中です。

オススメ特集