エアプランツにとっての「ステーキ」と「栄養ドリンク」とは?

松本卓

松本卓

このライターの記事一覧

公開日 :

エアプランツは正式名称をティランジアと言う中南米原産の植物です。土が要らないことで有名ですが、普通の植物と同じように根を出し、花を咲かせます。今回はそんなエアプランツにとって、液体肥料と活力剤がどんな存在なのかをご紹介します。

 

目次

 

液体肥料とは

液体肥料とは液肥とも呼ばれている液状の肥料のことです。ホームセンターなどで手に入れることが出来ます。液肥には土に容器ごと挿して使用するアンプルタイプと、そのまま使用できるストレートタイプ、ボトルに入っている現役を水で希釈して使用する原液タイプなどがあります。

アンプルタイプ

アンプルタイプは主にある程度の大きさの鉢で育てている観葉植物や花などに使用します。そのまま挿しておくだけで適量の液肥が植物に与えられるので植物を育て始めた初心者の方におすすめです。ティランジア(エアプランツ)は葉から養分を吸収するためこのアンプルタイプは向いていません。

ストレートタイプ

ストレートタイプはボトルに入っている液肥をそのままジョウロなどで水やりの代わりに与える液肥になります。希釈しない分、施肥がとても楽なのですが、すぐに無くなってしまうので小型の観葉植物などを少量育てている方におすすめです。

原液タイプ

原液タイプの液肥はボトルに入っている液肥を施肥する植物に併せて水で希釈して使用する肥料になります。観葉植物であれば大体1,000倍希釈で使用するため、育てている植物の数が一般的なものであればそこそこ長く使うことができます。植物の状態を見て濃度を調節できるメリットがあるため、園芸を本格的に始めたいという方は原液タイプの液肥を選ぶと良いでしょう。

液肥の役割

ティランジア(エアプランツ)に使用する液肥は三大要素と呼ばれる植物が生長に必要なN=チッ素、P=リン酸、K=カリウムを含んだものが適しています。これらはそれぞれに植物を生長させるうえでの役割があります。

N=チッ素 P=リン酸 K=カリウム
  • 葉・茎の生長促進
  • 株を大きく育てる
  • 開花促進
  • 花・実付きの増加
  • 根の生長促進
  • 茎・根を丈夫にする
  • 耐暑性・耐寒性の向上
  • 病害虫への対抗性向上

チッ素は葉肥えとも呼ばれ植物を大きくする肥料成分です。過剰に与えると株は大きくなりますが耐暑性や耐寒性が失われ性質の弱い株になってしまうため注意が必要です。また植物によってはリン酸を嫌うものなどもあるため、液肥を与える前にその植物が与えても問題ないか調べると良いでしょう。ティランジア(エアプランツ)の場合は特に嫌う成分などはありません。

目次に戻る≫

活力剤とは

その名の通り植物に活力を与えるために使用するものです。植え付け後や元気の無い株など液肥を与えると逆にダメージとなる場合には液肥の代わりに活力剤に与えます。主にカルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルを主成分にして作られています。肥料だけでは補え切れない部分を活力剤で補うと良いでしょう。

活力剤の役割

活力剤には耐暑性・耐寒性の向上、発根促進などの効果があるものがあります。基本的に液肥と同じで1,000倍希釈で使用しますが、商品によっては100倍で与えるものもあるので注意書きをよく見て使用してください。

目次に戻る≫

 

 

\液肥と活力剤の違いとは?/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「エアプランツにとっての「ステーキ」と「栄養ドリンク」とは?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

このライターの記事一覧

おすすめ