エアプランツが火傷!?植物の火傷 ‘葉焼け’ とは。

松本卓

松本卓

このライターの記事一覧

公開日 :

図鑑や栽培方法が載っている雑誌をみると、ティランジア(エアプランツ)は直射日光に当ててしまうと葉焼けをすることがあると書かれています。でも肝心な葉焼けした画像は載っていない……、なんてことありませんか?

今回は名前はよく聞くけどどんなモノか分からない葉焼けについて、実際に葉焼けしてしまった写真とともにご紹介します!

目次

葉焼けってどんな状態?

葉焼けとは日光や強力な照明によってによって植物が火傷をしている状態のことです。ティランジア(エアプランツ)はトリコームと呼ばれる毛のようなもので自分を守っていますが、光が強すぎると守り切れずに火傷をしてしまいます。葉焼けをすると葉緑素が分解され葉が黄色く変色し、その後枯れていきます。

強い光に当たると葉が赤く変色しているものがありますが、これは光に対するストレス反応のようなもので、光を弱めたり環境を変えることによって緑色に戻る場合が殆どです。また、庭木など外に植えられている植物などを春先に観察すると新芽部分が赤くなっていることがあるかと思いますが、これは展開したばかりの新芽は光に弱く、赤く変色しやすいためです。新芽の場合は生長と共に変色が直っていくので特に心配はありません。

葉焼けする環境

基本的に葉焼けは夏などの日光がきつい季節に起こることが多いです。これは夏外気温の高さも関係しており、気温が高ければ高いほど、植物の葉が日光によって熱くなりやすいです。人間の日焼けをイメージして頂けると分かりやすいかと思います。そのため、冬場など気温が低い場合はティランジア(エアプランツ)を直射日光に当てても葉焼けになることはあまりありません。

夏以外に葉焼けする環境

基本的に葉焼けというのは過度な光の供給が原因で起こります。酷暑などの場合は熱で起こりやすくなりますが、梅雨明けや暗い場所で管理していた植物をいきなり明るい場所に出したりすると葉焼けを引き起こします。植物は過度な光から身を守る仕組みを持っていますが、光が不足している環境ではその仕組みが十分に機能しておらず、むしろ光をより多く吸収しようとします。

例えば観葉植物では徒長というものがあります。これは主に光が不足している環境で育てていると起こる現象で、茎が細長く伸びたり、葉が大きく広がり薄くなります。この徒長している部分は光などの刺激に弱くなっており、強い光を当ててしまうと一気に葉焼けします。そのため、光が十分な場所で育てた植物と光が不足している場所で育てた植物では株の締まり具合や葉の厚さなどが変わってきます

目次に戻る≫

葉焼けを予防する

葉焼けは少し手を加えるだけで予防することができます。具体的には2つの方法があります。

  1. 風通しを良くし遮光する
  2. 冬の間も出来るだけ日光に当てる
  3. ティランジア(エアプランツ)の健康状態を良くする

1.風通しを良くし遮光する

これは酷暑などの気温が高い時に特に有効な対処法です。先述したとおり酷暑ではティランジア(エアプランツ)の葉が熱くなって焼けてしまうことが原因なので、風通しの良い場所で遮光ネットや寒冷紗を用いて光を弱くしてあげることで物理的に葉の表面温度上昇を防ぐことが出来ます。

遮光率としては30~50%程度がオススメです。冬場や梅雨時に室内で管理していた場合は50%ぐらいの強めの遮光率から始めて徐々に遮光率を上げていくと良いでしょう。遮光ネットや寒冷紗は100均でも売られているので1セット購入しておくと何かと便利です。色が黒と白のものがありますが、黒い遮光ネットはネット自体が熱を持ちやすいので白いものがおすすめです。

2.冬の間も出来るだけ日光に当てる

急に光量が増えることによって起きる葉焼けは環境を変えた時に光量のギャップがなるべく無いようにすることで対処できます。ティランジア(エアプランツ)を室内で冬越しする場合はなるべく明るい窓辺などで管理して充分に日光を当てておくことで、生長期に外に出したときに光量のギャップが少なくなり葉焼けをしにくくなります。

ただし暖かい室内で直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こすことがあるためレースのカーテン越し程度の光を当てると良いです。

目次に戻る≫

 

 

葉焼けしたときの対処法は?

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「エアプランツが火傷!?植物の火傷 ‘葉焼け’ とは。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

このライターの記事一覧

おすすめ