3月3日のひな祭り・桃の節句とは? 女の子のお祭りじゃなかった!?

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

3月3日は桃の節句・ひな祭り。現代ではすっかり女の子のお祭りとして定着していますが、本来は老若男女問わず、春を喜ぶ日でした。3月3日の桃の節句・ひな祭りの起源や用意するものなどご紹介します。

目次

3月3日のひな祭りの起源とは?

3月3日になった理由

西暦300年ごろの古代中国で、「上巳節」という区切りがありました。もともと上巳(じょうし・じょうみ)とは、旧暦3月の最初の「巳の日」のことでしたが、年により日がずれるために3月3日に定められました。春を寿ぎ(ことほぎ)、無病息災を願う行事として定着していたようです。ちょうど季節の変わり目であるこの頃は体調を崩しやすく、邪気が入らないようにと沐浴して禊をしたりしていました。日本へは遣唐使が上巳節を伝え、宮中行事として取り入れらたところから始まりました。

西暦300年ごろの古代中国で、「上巳節(じょうしせつ・じょうみせつ)」という区切りがありました。もともと上巳(じょうし・じょうみ)とは、旧暦3月の最初の「巳の日」のことでしたが、年により日がずれるために3月3日に定められました。春を寿ぎ(ことほぎ)、無病息災を願う行事として定着していたようです。ちょうど季節の変わり目であるこの頃は体調を崩しやすく、邪気が入らないようにと沐浴して禊(みそぎ)をしたりしていました。日本へは遣唐使が上巳節を伝え、宮中行事として取り入れらたところから始まりました。

「上巳の祓い」

穢れを払う意味合いで、紙や薬草で作った「ひとがた」で体を撫で祓い、穢れを移した「ひとがた」を川や海に流すようになりました。現在でも地方によっては「流しびな」などの形で残っている場合がありますね。

目次に戻る≫

ひな祭りは平安時代のおままごとだった?

ひな人形の由来

平安時代になると、宮中や貴族の子どもの間で人形遊びが流行になりました。おままごとは「飯事」と書き、ご飯を食べるところやお祭りの情景などを紙人形で再現して遊ぶ、ということが現在のおままごとの起源とする説も。この遊びを、飯事という言葉とは別に「小さい、かわいらしい」「大きいものを小さくする」という意味の「雛」「ひいな」という言葉を用いて「ひいな遊び」「ひいな人形」と呼ばれました。上巳の節に子供の健康や厄払いを男女一対の人形に託したのです。

平安時代になると、宮中や貴族の子どもの間で人形遊び(ままごと)が流行になりました。ままごとは「飯事」と書き、ご飯を食べるところやお祭りの情景などを紙人形で再現して遊ぶ、ということが現在のおままごとの起源とする説も。この遊びを、飯事という言葉とは別に「小さい、かわいらしい」「大きいものを小さくする」という意味の「雛」「ひいな」という言葉を用いて「ひいな遊び」「ひいな人形」と呼ばれました。

桃の花の言い伝え

やがて「ひいな遊び」が武家社会まで広がると、5月5日が男の子の節句であることの対として、3月3日は女の子の節句として浸透していきました。またそのころ開花時期の花である桃は、古代中国から邪気を払う神聖な樹木、花として大切にされてきました。実は食べると不老不死の仙人になれるとか、花も邪気を払うと言われていました。葉もまた漢方薬などに利用されてきたため、桃の花を飾ったり、室町時代には桃の花を浮かべた桃花酒というお酒が飲まれていました。このお酒は、飲むと顔色がよくなったり、体の悪い所を持って行ってくれたりするなどの効果があると信じられていたのです。

やがて「ひいな遊び」が武家社会まで広がると、5月5日が男の子の節句であることの対として、3月3日は女の子の節句として浸透していきました。またそのころ開花時期の花である桃は、古代中国から邪気を払う神聖な樹木、花として大切にされてきました。実は食べると不老不死の仙人になれるとか、花も邪気を払うと言われていました。葉もまた漢方薬などに利用されてきたため、桃の花を飾ったり、室町時代には桃の花を浮かべた桃花酒というお酒が飲まれていました。このお酒は、飲むと顔色がよくなったり、体の悪い所を持って行ってくれたりするなどの効果があると信じられていたのです。

流すものから飾るものに変化したひな人形

人形を作る技術が発展するに伴い、ひな人形は流すものから飾るものへと変化を遂げました。江戸時代初期には男女一対の人形にお供えする行事食のみだったものが、わずか100年ほどの間に、7段飾りなどの豪華なひな人形が出てきたのです。お供が増え、お道具が増えていきました。名のある大名は女の子が生まれたらすぐに雛道具の準備に取り掛かったと言われています。それらは本物の牛車や籠、漆器などを再現したミニチュアで、ひな祭りの日はそのお道具を使っておままごと遊びをしたと言われています。

人形を作る技術が発展するに伴い、ひな人形は流すものから飾るものへと変化を遂げました。江戸時代初期には男女一対の人形にお供えする行事食のみだったものが、わずか100年ほどの間に、7段飾りなどの豪華なひな人形が出てきたのです。一対の人形だけだったものが、お供が増え、お道具が増えていきました。当時、名のある大名は女の子が生まれたらすぐに雛道具の準備に取り掛かったと言われています。それらは本物の牛車や籠、漆器などを再現したミニチュアで、ひな祭りの日はそのお道具を使っておままごと遊びをしたと言われています。上巳の節に子供の健康や厄払いを男女一対の人形に託したところから発展していったのですね。

目次に戻る≫

桃の節句になったひな祭り

ひな人形を用いて遊ぶ

江戸幕府が五節句を制定すると、桃の節句は定着し、ひな祭りもだんだんと豪華なものになっていきました。それにまつわるイベントが流行していきます。

江戸幕府が五節句を制定すると、桃の節句は定着し、ひな祭りもだんだんと豪華なものになっていきました。そしてそれにまつわるイベントが流行していきます。

ひな合わせ

自慢のひな人形を見せ合う遊び。平安時代に流行した「物合わせ」の流れなのだろうと思います。物合わせは、二手に分かれて課題の品を複数品ずつ持ち寄り、一品ずつ優劣を決めるものでした。ちなみに平安時代の物合わせの代表的なものは、歌合わせ、絵合わせ、貝合わせ等、他に小鳥や梅、虫合わせなどがありました。

ひなの使い

白酒や餅などのごちそうを持ち、親戚を訪ねたそうです。また、初節句のお祝いのお返しに紙のひな人形をつけて、「雛の使い」としたそうです。

ひなの国見せ

おひな様に春の景色を見せてあげる遊び。ひな人形と一緒に春の野山、海辺に行き、食事をしたりお菓子を食べたりしていたようです。一説によると、「ひなあられ」は屋外でも持ち運びがしやすいよう、菱餅を砕いて割って持って行ったことが始まり、と言われています。

踏青(とうせい)とは

中国や韓国の一部地方では上巳節に「踏青(とうせい)」というピクニックをする風習が残っているようです。春は体を動かすのに適した時期であり、外に出て新鮮な空気を吸いながら、青々とした大地を踏みしめよう!ということのようです。

目次に戻る≫

3月3日のひな祭りに食べるものは?

ひな祭りにまつわる料理の意味や由来をご紹介します。

ちらし寿司

ひな祭りの主役ですよね。ちらし寿司に使われている具材に意味がありました。エビは背が曲がるほど長く生きれる「長寿」、レンコンは穴が開いているところから「見通しが立つ」、豆は「健康でまめに働ける」などの意味があるとされます。

ちらし寿司はひな祭りの主役ですよね。ちらし寿司に使われている具材に意味がありました。エビは背が曲がるほど長く生きれる「長寿」、レンコンは穴が開いているところから「見通しが立つ」、豆は「健康でまめに働ける」などの意味があるとされます。

ひし餅

三色のお餅をかさねてひし形に切ったひし餅ですが、色にはそれぞれ意味があります。  緑・・・造血作用やデトックス効果があるとされるクロロフィルや酵素、ビタミンミネラルなどを豊富に含んだヨモギを使っています。新芽の萌ゆるイメージです。  白・・・薬膳で滋養強壮や健胃効果があるとされるヒシの実を使っています。子孫繁栄を表します。また、純白のけがれない雪のイメージです。  桃色・・・止血、鎮痛効果があるとされていたがクチナシを用いて色付けされています。桃は厄除けのイメージです。  すべてに薬草を使用しており、穢れを払う意味が込められているのですね。

三色のお餅をかさねてひし形に切ったひし餅ですが、色にはそれぞれ意味があります。

緑・・・造血作用やデトックス効果があるとされるクロロフィルや酵素、ビタミンミネラルなどを豊富に含んだヨモギを使っています。新芽の萌ゆるイメージです。

白・・・薬膳で滋養強壮や健胃効果があるとされるヒシの実を使っています。子孫繁栄を表します。また、純白でけがれのない雪のイメージです。

桃色・・・止血、鎮痛効果があるとされていたがクチナシを用いて色付けされています。桃は厄除けのイメージです。

すべてに薬草を使用しており、穢れを払う意味が込められているのですね。

ハマグリのお吸い物

ハマグリは二枚貝で、一つ一つ形が異なります。他の貝とは、つがいになれないことから、女の子の貞淑、良縁を表しています。

ひなあられ

ひし餅と同様、緑、白、桃色でできています。それぞれ新緑、白雪、桃は厄除けの意味が込められています。ちなみに関東以北は丸とお米のような形の砂糖がかかった甘いもの。名古屋は長い筒型のあられが入った甘いもの。関西では塩やコショウ味のあられを小さな丸い形にして作っているそうです。地域によって味に違いがあるんですね!

目次に戻る≫

桃の節句・ひな祭りは、お花を生けよう!

ひな祭りといえば人気の桃の花

2月中旬から3月に出回る人気の花・枝もののひとつが桃の花。桃の節句・ひな祭りには是非自宅で生けて季節を楽しみませんか? やさしいピンク色の可愛らしいお花にとても癒されます。

2月中旬から3月に出回る人気の花・枝もののひとつが桃の花。桃の節句・ひな祭りには是非自宅で生けて季節を楽しみませんか? やさしいピンク色の可愛らしいお花にとても癒されます。

明るい黄色がかわいい菜の花

 ピンクの桃の花と一緒に飾りたいのが春らしい黄色いお花の菜の花。この時期に菜の花も一緒に出回ります。

ピンクの桃の花と一緒に飾りたいのが春らしい黄色いお花の菜の花。この時期に菜の花も一緒に出回ります。

 

節分や桃の節句など、季節の変わり目は昔から体調を崩しやすいので厄をよけるために行事を起こしてきた経緯があるんですね。節季を意識して季節の物を食べたり取り入れることで体調も万全に春の新生活を迎えたいですね。

 

▼春に合わせて読みたい関連記事

 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「3月3日のひな祭り・桃の節句とは? 女の子のお祭りじゃなかった!?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・4月下旬発送】"甘み比べ"本気野菜ミニトマト苗2種セット(純あま×純あまオレンジ)

販売価格:2,530円(税込)

ちりとり&ほうき セット おしゃれ お掃除 M レッド Smily Set

販売価格:2,420円(税込)

【在庫限り・残り僅か】剪定鋏 剪定はさみ キャメル SYU secateur

販売価格:5,500円(税込)

『ボタニカルライフ』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A