家庭菜園特集

菜の花(なのはな)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

菜の花(なのはな)は明るい色で元気いっぱいの、春の訪れを告げる花。菜の花(なのはな)の花言葉と種類についてご紹介。

 

菜の花(なのはな)の花言葉

菜の花(なのはな)の花言葉は「快活」「明るさ」。

明確な色別の花言葉はつけられていません。

 

菜の花(なのはな)について

科・属  アブラナ科・アブラナ属
和名  菜花
英名  Turnip rape, Chinese colza
学名  Brassica rapa
原産地  大西洋岸、地中海沿岸のヨーロッパ
開花期  2月~3月

 

菜の花(なのはな)の特徴

菜の花(なのはな)は、つぼみや花茎、若葉の部分を食する、ほろ苦い味が特徴的なアブラナ科の野菜です。

菜の花(なのはな)は、「菜の花」「花菜」と呼ばれることもあります。というのも、アブラナ科の黄色い花を一般的に菜の花(なのはな)といいますが、菜の花(なのはな)と呼ばれるもののなかには観賞用、菜種油の原料となるナタネ、食用のなばななどがあり、品種がそれぞれ異なります。「野菜(菜っ葉)の花」という意味から 「菜の花」という名前がつきました。

菜の花(なのはな)は、開花する前のつぼみの状態で収穫するほうが苦味が少なく、柔らかいため美味しく食べることができますが、採り遅れて花が咲いてしまっても、黄色い菜の花(なのはな)は観賞用としても十分楽しむことができます。

菜の花(なのはな)は大変耐寒性に優れています。日当たりの良い環境で育てることで、冬も枯れずに生育します。

 

菜の花(なのはな)の種類

菜の花(なのはな)のの品種には、観賞用の品種の他に、菜種油をとるためのナタネ、食用のナバナがあります。アブラナ属の植物は似ている品種が多いため、アブラナ属を総称して菜の花と呼ばれています。

菜の花(なのはな)の育て方など詳しい情報はこちら

なばな(菜花)

  • なばなは、つぼみや花茎、若葉の部分を食する、ほろ苦い味が特徴的なアブラナ科の野菜です。

    なばなは、「菜の花」「花菜」と呼ばれることもあります。というのも、アブラナ科の黄色い花を一般的に菜の花といいますが、菜の花と呼ばれるもののなかには観賞用、菜種油の原料となるナタネ、食用のなばななどがあり、品種がそれぞれ異なります。

    なばなは、開花する前のつぼみの状態で収穫するほうが苦味が少なく、柔らかいため美味しく食べることができますが、採り遅れて花が咲いてしまっても、黄色い菜の花は観賞用としても十分楽しむことができます。

    なばなは大変耐寒性に優れています。日当たりの良い環境で育てることで、冬も枯れずに生育します。

菜の花(なのはな)の関連記事

 

関連ワード

「菜の花(なのはな)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ