牡丹(ボタン)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

牡丹(ボタン)は多重の花びらを持つ高貴な花を咲かせる「花の王様」。牡丹(ボタン)の花言葉と種類についてご紹介。

 

牡丹(ボタン)の花言葉

牡丹(ボタン)の花言葉は「風格」「高貴」。

明確な色別の花言葉はつけられていません。

 

牡丹(ボタン)について

科・属  ボタン科・ボタン属
和名  牡丹
英名  Tree peony
学名  Paeonia suffruticosa
原産地  中国北西部
開花期  4~6月、10月~1月

 

牡丹(ボタン)の特徴

牡丹(ボタン)はボタン科の落葉小低木で、花期は4月~6月です。牡丹は芍薬と花はよく似ていますが芍薬は季節になると土から直接芽を出す多年草とは違い、落葉低木にまります。時期になると新芽が芽吹き先端に花径15~40cm程の花をつけます。

牡丹は日本でも古くから「花の王様」と呼ばれ、親しまれている植物のひとつです。その貴婦人のようなたたずまいから美人の形容にもたとえられる花のです。

花名である「牡丹(ボタン)」は、中国での名前である「牡丹」の音読みからボタンと呼ばれるようになりました。原産地とされる中国では、花の豪華さが他の植物を圧倒するほどだ、というところから「花王」や「花神」といった別称でも呼ばれます。英語では「Tree peony」と呼ばれます。

 

牡丹(ボタン)の種類

牡丹は花形は一重、八重、千重、万重、獅子咲きなどの種類が多い植物です。一般的には春咲きの春牡丹ですが、初冬に寒牡丹という春牡丹より小ぶりで、春と秋の2回咲く種類があります。冬牡丹と言われているものは寒牡丹より大きな花を咲かせる春牡丹を温度管理によって花の少ない冬に楽しむ為に人工的に咲かせたものをそう呼びます。

牡丹の花色は白、桃、紅、朱赤、黄、絞りや複色など種類が豊富です。中国原産の花木で奈良時代に薬用木として渡来しその後改良が進んだ結果中国の品種とは異なる独自の品種群がつくりだされました。欧米で改良された品種群にフランスボタン、アメリカボタンがあります。

 

家紋に使用された牡丹

牡丹の花はその豪華さから百花の王とされ、関白家である近衛家がはじめて牡丹を用いたことで、他家では遠慮してその使用を控えました。しかし、九条・鷹司・難波家は同族のため、牡丹をを使用しました。その後、島津・伊達・津軽・上野矢田の松平・鍋島の五氏は、婚姻、交換、下賜などの方法でこれを手に入れました。寺院でも、興福寺・大乗院・本願寺・総持院・興正寺などは寺紋として使用しました。何らかのゆかりが公家とあったものと思われます。

 

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

牡丹は古くから日本では美しい女性の姿を形容する言葉として「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があります。芍薬は茎の先端に花を咲かせることから立ち姿、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつけることから座り姿、百合は風に吹かれ揺れるさまから歩く姿をそれぞれ連想させ、女性はそれらと同じくらいに美しい、という例えの言葉として使われています。

▼牡丹の育て方など詳しい情報はこちら

ボタン(ぼたん・牡丹)

  • 牡丹は芍薬と花はよく似ていますが芍薬は季節になると土から直接芽を出す多年草とは違い、落葉低木にまります。

    時期になると新芽が芽吹き先端に花径15~40cm程の花をつけます。

    花形は一重、八重、千重、万重、獅子咲きなどの種類が多い植物です。一般的には春咲きの春牡丹ですが、初冬に寒牡丹という春牡丹より小ぶりで、春と秋の二回咲く種類があります。冬牡丹と言われているものは寒牡丹より大きな花を咲かせる春牡丹を温度管理によって花の少ない冬に楽しむ為に人工的に咲かせたものをそう呼びます。

     

    花色は白、桃、紅、朱赤、黄、絞りや複色など種類が豊富です。中国原産の花木で奈良時代に薬用木として渡来しその後改良が進んだ結果中国の品種とは異なる独自の品種群がつくりだされました。欧米で改良された品種群にフランスボタン、アメリカボタンがあります。

▼牡丹の関連記事

▼関連ワード

「牡丹(ボタン)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ