植木の剪定をしよう!剪定の基本と意味・方法・時期について

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

お庭の植木、剪定はどうしていますか?木によって剪定方法や時期が変わってきますので、技術が必要です。

 

目次

剪定の種類

剪定(せんてい)とは?

樹木の枝を切ることで形を整えたり、風通しを良くしたりすることの総称です。庭木のお手入れの中のひとつです。見た目を美しくするのみでなく、木が栄養を効率よく吸い上げたり、生長を促進したり、病害虫の繁殖を予防することもできます。剪定時期や方法は樹木によって異なりますので、詳しくは其々の育て方を参照してください。また、用語については地方によってもさまざまですので、ここでは代表的な呼び方で記載をしています。

透かし剪定

sukashi

伸びすぎたり混みすぎたりしている枝を適度に透かす剪定方法です。枝の密度を適度にすることで、日当たりや風通しが改善できて、樹形を良くすることが出来ます。大きくなり過ぎた樹木を小さくすることを目的とした強剪定と、枝先の不要な枝をおとす弱剪定があります。

切り戻し

kirimodoshi

 

枝を半分~三分の一あたりで剪定し、樹幹を保つ方法。むやみに切ると、切り落とした枝から細かい枝がたくさん出て、樹形を乱すことにも。また、野菜や花卉などでも、切り戻しで収穫や開花を促進させるために切り戻す場合があります。

刈り込み・刈り上げ

Hands of a professional gardener man with gloves and garden shears cutting a green hedge in the garden

gi_logo_grey

 

生垣やトピアリーなどで伸びてきた枝を途中から刈る方法。形を保つことが目的で、そんなに難しくありません。全体を均一に刈り込みます

karikomi

①刈り込み後のサイズをイメージする

②イメージに近づけるように剪定していく

③表面に枝の切断部が出る場合は少し深いところで枝を切る

④完成!表面が密になり、見栄えもよくなります

芽摘み・みどりつみ

Young pine cones with spring

gi_logo_grey

盆栽用語でもありますが、針葉樹などで新しく出てきた新芽を手などで摘むことにより、枝の生長を抑え、樹形を保つことができます。庭木でもマツなどは春に出た新芽を6月ごろに摘むことで、生長を穏やかにすることができます。

目次に戻る≫

剪定のタイミングや時期

基本的には毎年行います。夏と冬の年2回剪定するのが理想的。それぞれの剪定内容を変化させることで、年間を通して美しい庭を保つことが可能です。落葉樹か針葉樹か、など植物の種類によっても異なるので、植物の育て方カレンダーなどを見て確認してから進めましょう。

夏剪定

サツキやツツジの終わる6月ごろに、伸びすぎてしまった枝を中心に剪定します。日当たりの改善と、夏までに活発になってくる害虫予防にもなります。また、バランスの良く無い枝はこの時期に落としておくと、台風対策にもなります。また、クスノキやシイなどの常緑広葉樹については新芽が出て枝が大きく伸びる前の春ごろに剪定するのが理想です。芽摘みも春ごろまでに行いましょう。

冬剪定

植物の休眠時期に、春に備えて剪定します。樹形を整える目的で、夏に比べると大きく剪定します。落葉樹や耐寒性のある常緑針葉樹については、冬剪定が基本です。

目次に戻る≫

 

\剪定する枝の名前を知ろう!/

 

続きを読む

Pages: 1 2
キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「植木の剪定をしよう!剪定の基本と意味・方法・時期について」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

おすすめ