紫陽花(アジサイ)の剪定は、切り方と時期がポイント!

金子三保子

金子三保子

公開日 :

アジサイの花が終わったあとの剪定が今ひとつよくわからないということをよく耳にします。アジサイは落葉性の低木ですが、剪定を一度もしないと、どんどん大きくなる生長力のある植物です。来年もきれいな花を咲かせるためのアジサイの剪定の時期や方法などを写真つきでご紹介します。

アジサイの鉢植え アジサイは母の日の贈り物としても人気です。

アジサイの鉢植え

アジサイは母の日の贈り物としても大人気。

目次

紫陽花(アジサイ)を剪定する上で知っておきたいこと

紫陽花(アジサイ)の剪定

紫陽花(アジサイ)の剪定の時期

紫陽花(アジサイ)の剪定方法

紫陽花(アジサイ)を剪定したら植え替えをしましょう

紫陽花(アジサイ)の葉が落葉したら

紫陽花(アジサイ)の鉢植えのリメイク

紫陽花(アジサイ)の名所に行くのは7月上旬までがおすすめ!

紫陽花(アジサイ)の生長の様子

紫陽花(アジサイ)を剪定する上で知っておきたいこと

アジサイは、植物の分類としては、落葉低木です。性質はとても強く、地植えして根付いた後は、水やりも必要なく、公共施設や公園など、広い空間に植えると、どんどん大きくなる植物です。  アジサイの花のつき方には法則的なことがあり、今年に伸びた枝には翌年には花がつかないという特徴があります。ではどこにつくのかというと、今年伸びた枝の下に位置する、昨年伸びた枝の付け根に花芽をつけます。  そのため、今年伸びた枝に2年越しで花が咲くという流れになります。

アジサイは、植物の分類としては、落葉低木です。性質はとても強く、地植えして根付いた後は、水やりも必要なく、公共施設や公園など、広い空間に植えると、どんどん大きくなる植物です。

アジサイの花のつき方には法則的なことがあり、今年に伸びた枝には翌年には花がつかないという特徴があります。ではどこにつくのかというと、今年伸びた枝の下に位置する、昨年伸びた枝の付け根に花芽をつけます。そのため、今年伸びた枝に2年越しで花が咲くという流れになります。

目次に戻る≫

紫陽花(アジサイ)の剪定

アジサイは剪定しなければ咲かないかというと、そんなことはありません。

剪定しなくても咲きますし、むしろ、咲かない理由の一番は、切りすぎて花芽まで切ってしまったというのが一番多い原因ではないかと思います。

ただし、アジサイは、性質が強健で、剪定せずに伸ばしていくと、どんどん背丈が高くなります。また、アジサイの花のつき方の特徴として、茎の先に花がつくので、剪定をしないで伸ばしていくと、花の位置が目線より高いところになってしまうという事態になります。

そのため地植えのアジサイの場合でも、「きれいだな」と思うところに花の位置が来るように剪定していくことが一般的です。

鉢植えのアジサイの場合は、もともと限られた土の中で生きているので、次の花のために養分を回すためにも、花が終わったら、早めに剪定をするのが肝心です。

アジサイの鉢植えは花後に剪定と植え替え

アジサイの鉢植えは花後に剪定と植え替えを必ず行いましょう。

目次に戻る≫

紫陽花(アジサイ)の剪定の時期

アジサイの花が終わる7月の半ばくらいまでには剪定を済ませるようにします。アジサイは終った花が「散る」ということがない特徴があります。自然に散ることがないので、花を取り去る作業が必要です。特に鉢植えのアジサイは、少ない土の中で生きているので、終わった花をいつまでもつけておくより、早めに切って株をすっきりと風通しよくした方が、次の年の花のためにエネルギーがいきやすくなります。

紫陽花(アジサイ)の剪定方法

アジサイの花が終わったら、花から2節下の脇芽が出ている上でカットします。(ピンク部分)

1.アジサイの花が終わったら、花から2節下の脇芽が出ている上でカットします。(ピンク部分

時期的には7月半ばまでには剪定します。まだ花が終っていなくても、切った花は切り花として楽しむ感覚で、剪定の時期は守ったほうが翌年の花のためになります。花が咲かなかった枝は、切らずに残します。

目次に戻る≫

脇芽が茎になっていきますが、この切った節のもうひと節下の葉の付け根(オレンジ部分)から秋以降に花芽ができます。

2.脇芽が茎になっていきますが、この切った節のもうひと節下の葉の付け根(オレンジ部分)から秋以降に花芽ができます。

11月~3月の期間に花芽より上の部分を再度切るとベストですが、花芽がわからないようだったら1の作業だけでも大丈夫です。その他、枯れた枝や細い枝などがあるようなら、根本から剪定します。

目次に戻る≫

紫陽花(アジサイ)を剪定したら植え替えをしましょう

鉢植えのアジサイは、1~2年に1回、一回り大きな鉢に植え替えましょう

植え替えは剪定後に行います。鉢植えのアジサイは、限られた土で生きています。アジサイは生長力が強い植物なので、何年も放置すると根が回ってしまい、花を咲かせたくても、養分がなくて咲かないという状態になってしまいます。

目次に戻る≫

紫陽花(アジサイ)の葉が落葉したら

アジサイは落葉性の植物なので、気温が下がってくると葉っぱが落ちます。見た目には枯れ木状態ですが、根っこは生きています!水やりを忘れないようにしてください。

目次に戻る≫

アジサイの鉢植えのリメイク

アジサイは、鉢植えで育てても、少しずつ鉢を大きくしていくと、かなりの横幅、丈になります。そんなときには、全体の株の半分、もしくは三分の一くらいの丈でばっさりと切り詰めるという強剪定をします。ただし、強剪定した翌年は花が咲かない可能性があります。

目次に戻る≫

紫陽花(アジサイ)の名所に行くのは7月上旬までがおすすめ!

山アジサイ

アジサイで有名な観光名所は、例年、7月の上旬ごろに剪定しているところが多いようです。これは、来年も美しい花を確実に咲かせるために行う作業です。行ったら剪定後で花がなかった!というのは悲しいですよね。

観光協会、市役所、施設などのホームページで、見頃や剪定についてのお知らせがされていることも多いので、7月以降にアジサイを見に行くことを計画している方は、情報を調べてから行くことをおすすめします。

紫陽花(アジサイ)の生長の様子

夏の剪定後のあじさいは、秋までは葉っぱがありますが、冬になると落葉します。冬の間は枯れ木のような見た目です。

芽吹き

冬場は枯れ木のような状態だったアジサイの枝が割れるようにして新しい芽が出ます。

2月後半~3月上旬

冬場は枯れ木のような状態だったアジサイの枝が割れるようにして新しい芽が出ます。この芽が日ごとに葉っぱへ生長します。

冬場は枯れ木のような状態だったアジサイの枝が割れるようにして新しい芽が出ます。

2月後半~3月上旬

4月上旬のアジサイ

4月上旬のアジサイ

小さなつぼみが目で確認できるようになります。

5月上旬のアジサイ

5月上旬のアジサイ

中旬以降には花のサイズは実寸になり、早い年は5月後半くらいから色づき始めます。

5月中旬

5月後半

6月前半。色づき始まります。6月いっぱい楽しんで、7月中に剪定作業を済ませましょう。

目次に戻る≫

翌年もきれいなアジサイの花を楽しむために・・・時期をおさえた剪定を是非してみてください!

 

アジサイ、剪定の関連記事

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「紫陽花(アジサイ)の剪定は、切り方と時期がポイント!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ