黒キャベツの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
黒キャベツ
学名

Brassica oleracea ‘Lacinato’

英名
Kabonero
科名
アブラナ科
属名
アブラナ属
原産地
トスカーナ地方

黒キャベツの特徴

黒キャベツは耐寒性のある作物のため、関東の厳寒期でも育てることができる野菜です。

黒キャベツは育て方も簡単で、冬から春先まで長い間収穫できるため、家庭菜園におすすめしたい秋冬野菜の一つです。

厳寒期になると、寒さにより葉の凸凹が強くなり、甘みが増します。葉が生長し葉の数も増えた頃、外葉から順次収穫出来るため、冬の間長く収穫できる野菜です。

結球するキャベツと違い、黒キャベツは結球せずに、ケールのように葉を広げて、上に向かって生長していきます。

葉の中心に太い葉脈が通っており、葉は縮れて内巻きになります。黒キャベツとはいいますが、葉の色は黒というよりも濃い緑色をしています。

黒キャベツの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 30~80cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色

黒キャベツの選び方

品種にもよりますが、あまり大きすぎるものは葉や茎が固くなるため、選ぶ際には気を付けましょう。

一般的なキャベツと比べて、黒キャベツにはビタミンCの含有量が多く栄養価の高い野菜です。日本では、まだ馴染みのない黒キャベツですが、煮崩れしないため原産地のイタリアでは煮込み料理に使われます。

生で食べるというよりも、炒める、煮る、茹でるなどの料理に向いている野菜です。くせのない味なので、すんなりと日本食にも溶け込むことができます。

黒キャベツの保存方法

冷蔵保存

保存するときは、湿らせたキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で、数日保存が可能性です。

冷凍保存

適当な大きさに切り、密封袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。そのまま、煮込み料理やスープに入れて火を通して調理してください。

黒キャベツの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
収穫

黒キャベツの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

耐寒性に優れているため、関東の厳寒期でも育てることができます。

用土

有機質を多く含む排水性・保水性のある土が適しています。
プランター栽培の場合は、野菜用の培養土で育てましょう。
畑栽培の場合は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

黒キャベツの育て方のポイント

水やり

乾燥に弱いため、水切れに注意しましょう。

肥料

黒キャベツは、比較的肥料を好みます。植え付けて2週間後から追肥をはじめましょう。長い間収穫できるので、肥料切れには注意しましょう。

病害虫

キャベツに比べて害虫の被害は少ないですが、葉に食害を見つけたら、ヨトウムシが土の中1cm程の深さにいないか、苗の周りを探して必ず捕殺しましょう。

黒キャベツの詳しい育て方

選び方

本葉4~5枚くらいで徒長しておらず、茎の太いしっかりした苗を選びます。葉が黄色くなっているものは避けましょう。

種まき

ビニールポットに種を2~3粒ずつまき、間引きをして、本葉が4~5枚になるまで育苗します。

植え付け

株間50~60センチの間隔で苗を植え付けます。植え付け後はしっかり水やりをして、根を乾燥させないように注意します。

春にとう立ちすると黄色い花を咲かせます。

収穫

品種にもよりますが、12月から翌年の3~4月頃までの長い間収穫することができます。
葉の長さが20~40cm位、葉の数も12枚以上になった頃が収穫の目安です。しかし、葉が大きすぎるとすじが固くなりますので、柔らかいうちに収穫すると美味しくいただけます。
順次外葉から手で折り取るか、ハサミで収穫しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング