じゃがいも(馬鈴薯・ジャガイモ)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
じゃがいも(馬鈴薯・ジャガイモ)
学名

Solanum tuberosum

英名
Potato
和名
馬鈴薯
科名
ナス科
属名
ナス属
原産地
南アメリカ アンデス地方

じゃがいも(馬鈴薯・ジャガイモ)の特徴

じゃがいも(馬鈴薯)は、薄紫や白の小さな花が咲きます。 実はミニトマトのような形をしていますが、食べられません。花や実はなりますが、ジャガイモの生長に栄養分を使いたいので、花や実は取り除くことが多いです。

ジャガイモはサツマイモに比べて先端が丸くなっており、表面もツルツルとしています。じつは、サツマイモのような根の部分とは違い、ジャガイモは地下茎の先端が肥大したものです。その証拠に、ジャガイモが日に当たると緑色に変色します。緑色に変色したものや小ぶりなものは毒性が強くなっているので食べないようにしましょう。

他に毒性のあるものとして、じゃがいもの芽にはソラニンという成分があるため、調理前に取り除く必要があります。包丁の角でえぐるように取ると簡単に取れます。

じゃがいも(馬鈴薯)の栄養価はカリウムや、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンCなどでビタミンがでんぷんによって調理の熱から 守られているため、効果的に栄養を体内に取り入れることができます。比較的乾燥した地域でも生育し、一年中栽培されるため世界中で好まれて食されています。 見た目がふっくらとしてしわがなく重量感があるものがおいしいとされています。新じゃがはみずみずしく 皮が薄いのが特徴です。春、秋、冬作と一年中収穫されており、収穫したあと乾燥させて保存すれば長く持ちます。

じゃがいも(馬鈴薯・ジャガイモ)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 30~80cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 白、紫色

じゃがいも(馬鈴薯・ジャガイモ)の種類

男爵いも

見た目はごつごつとしていて、蒸かすとほくほくしています。

メークイン

細長い形で煮崩れが少ない品種です。

じゃがいも(馬鈴薯)の豆知識

お料理によく使われる片栗粉はでんぷんの粉です。薬のコーティングなど工業用品としても利用されています。ポテトサラダ カレーやシチュー 肉じゃが、フライドポテトなど世界中の料理に愛用されています。

じゃがいも(馬鈴薯)の歴史

日本には観賞用として慶長年間にオランダ人によって持ち込まれ、東洋の貿易の拠点ジャワ島にちなんでジャガタライモと名付けられジャガイモ(馬鈴薯)になりました。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング