冬の三大植物特集

2019年の大寒(二十四節気)はいつ? | 暦のある生活

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

暦(こよみ)は中国から日本に渡ってきたものです。季節を記録するものとして太陽暦(新月の日を1日としてひと月を定めたもの)を用いていました。太陽暦の一年間、春夏秋冬を二十四分割したものを、二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。この場合、一年は二十四節気の「立春」から始まり「大寒」で終わります。季節をより身近に感じることのできる、二十四節気をご紹介します。

目次

二十四節気とは?

大寒(たいかん)とは? どういう意味?

大寒(たいかん)はいつごろ? 2019年はいつ?

季節を感じる花

季節を感じることば

大寒に旬を迎える食べ物

二十四節気とは?

二十四節気とは、春夏秋冬一年間を二十四分割したもののことです。

二十四節気は、小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至です。春分や夏至、秋分や冬至などよく耳にすることばもありますね。中国から伝わった二十四節気は日本の気候に合わないものもあったので、農耕が盛んだった日本では「雑節(ざっせつ)」という暦を合わせて、日本では旧暦として用いていました。雑節には節分や彼岸などがあります。

七十二侯もある

二十四節気をそれぞれ三分割したものを七十二侯(しちじゅうにこう)といいます。

24 × 3 = 72

一年間を七十二個に分けたもので、初侯・次侯・末侯という三つの侯があります。春分も初侯・次侯・末侯に分けることができます。

大寒の場合

初侯-款冬華さく(ふきのとうはなさく)
寒さは厳しい折ですが、地中から蕗の薹が顔を出す時期です。

次侯-水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし) 
沢の水が氷ったりして厚くなる時期です。

末侯-鶏始めて乳す(にわとりはじめてとやにつく/にゅうす) 
鶏が卵を産み始める時期です。

春の味覚の代表格である蕗の薹。蕗の薹が出てくるのはいちばん寒さが厳しいこの頃です。寒いながらも土の中は準備を進めているんですね。また、沢の水が凍り厚くなるこの時期、湖面も凍結します。末侯、鶏始めて乳す、とは、鶏が春を感じて鳥小屋に入ること、つまり産卵期になること、を指します。

目次に戻る≫

大寒(たいかん)とは? どういう意味? 

大寒は二十四節気の第24節目で一年の最後の節気です。

「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」

という言葉が江戸時代に発行された暦便覧(こよみびんらん)にあります。大寒は「厳寒期」。その名前の通り、一年の中で一番寒い時期になってくるがその中にも春の兆しが感じられるということです。

目次に戻る≫

二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。2019年の大寒は1月20日です。また、1月20日から二十四節気、最初の節である立春の2月4日までの15日間ぐらいを指します。

目次に戻る≫

季節を感じる花

二十四節気の大寒である新暦の1月20日ごろに咲く花を見てみましょう。

ウメ

植物名 ウメ(梅)
学名 Prunus mune
英名 Plum blossom
科名

バラ科

属名

サクラ属

原産地

中国

ウメは落葉樹で、花、香り、実も楽しめる庭木として人気があります。花色や香りの強さ、実のなり方など、沢山の品種がありますので庭木として植える場合はよく確認しましょう。公園やの山で梅が咲くともうすぐ春が来るんだなという気持ちになりますよね。

▼ウメについてはこちらの記事もチェック!

ツバキ

植物名 ツバキ(椿・つばき)
学名 Camellia japonica
英名 Camellia
科名 ツバキ科
属名

ツバキ属

原産地

日本・台湾

ツバキは古くから日本で愛された木で、京都の龍安寺には室町時代から植わっているツバキもあるそうです。自家受粉ではなく、他家受粉で結実する性質を持っているので、交配して新しい園芸種を作りやすく、沢山の品種が作られました。特に、茶道の時に活けられる茶花として、冬に活けられる花が少ないことから人気が出たため、さらに品種が増えました。植物園のツバキ園は、いろいろな品種を見ることができるのでお勧めです。わたしのお気に入りは東京にある神代植物園のツバキ園が好きです。

目次に戻る≫

季節を感じることば

三寒四温

一週間の間に三日寒くて四日温かい日が続くことです。現在の実際の気候としては2月末~3月頃だそうですが、冬の季語です。

目次に戻る≫

大雪に旬を迎える食べ物

菜の花

菜の花はアブラナ科の花茎とつぼみを食べるもので、おひたしやお吸い物にしたりします。少しほろ苦さもあり、春の味です。油とも相性がいいので、ベーコンと一緒に炒めてパスタにするのもおいしいです。さっと茹でて、生ハムを巻いて食べてもおいしいですよ。

百合根

百合根はおせち料理用に年末からスーパーに並びます。オニユリや小オニユリの根っこではなく、鱗茎と呼ばれる葉が変化したものです。関東よりは関西で食べられることが多く、スープにしたり揚げたりしてもおいしいです。お酒とほんの少しのお塩で炊いて梅であえても美味しいです。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

▼関連ワード

「2019年の大寒(二十四節気)はいつ? | 暦のある生活」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

おすすめ