家庭菜園特集

コーヒーノキ(コーヒーの木)の育て方|植物図鑑

植物名
コーヒーノキ(コーヒーの木)
学名

Coffea

英名
Coffee tree
和名
コーヒーの木
別名・流通名
コーヒーの木
科名
アカネ科
属名
コーヒーノキ属
原産地
アフリカ、マダガスカル周辺

コーヒーノキ(コーヒーの木)の特徴

ミニ観葉植物としてよく見かけるコーヒーの木は、アフリカ~マダガスカル周辺が原産のアカネ科コーヒーノキ属に分類される植物の総称です。

飲み物のコーヒーの原材料となるコーヒーの木とは別物でしょ?と思っている方も多いのではないでしょうか。実は全く同じものなんです!

コーヒーの原材料となるコーヒーの木はアラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種の三大原種が多いですが、観葉植物として売られているコーヒーの木もこれらから派生した品種の幼株であることが多いです。

ちなみに、コーヒーの有名な銘柄であるブルーマウンテンはアラビカ種から派生したティピカという品種になります。

現在栽培されているコーヒーの木の7割はアラビカ種から派生したものと言われており、ティピカやブルボンと言った品種がおよそ70種はあるのではないか、と言われています。

栽培品種が多くつくられた背景には原種であるアラビカ種が繊細で、サビ病にかかりやすく土壌も選ぶため安定したコーヒー豆の収穫が出来ない、というものがあるそうです。

コーヒーの実は赤く、熟すまで約9カ月を要します。完熟したコーヒーの実は非常に赤いため、コーヒーチェリーとも呼ばれています。

一般家庭でも大き目の鉢に植えしっかりとした管理をすれば実をつけることがあるようです。

コーヒーノキ(コーヒーの木)の詳細情報

園芸分類 観葉植物
草丈・樹高 ~50cm程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色
開花時期 6月~7月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング