前田有紀の一“花”言vol.70「チューリップ」〜春を代表する花の楽しみ方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

フラワーアーティストの前田有紀さんが、一家言ならぬ一“花”言と称して、その時期に気になる旬のお花や魅力、そして前田さんならではのアレンジ術などをお届けするこちらの企画。vol.70は「チューリップ」をご紹介!咲き方も、色も、バラエティに富んでいる、春を代表する球根の花です。

チューリップ

2月も終盤になり、春めいた陽気の日も増えてきました。花の市場もたくさんの春の花で華やいでいます。中でも「今年は一段と可愛いよね!」とスタッフの中で話題に上がるのがチューリップ。咲き方も、色も、バラエティに富んでいるので、好みの品種を探す楽しみもあります。今回はチューリップを生ける際に知っておきたいポイントをご紹介しますね。

2月も終盤になり、春めいた陽気の日も増えてきました。花の市場もたくさんの春の花で華やいでいます。中でも「今年は一段と可愛いよね!」とスタッフの中で話題に上がるのがチューリップ。咲き方も、色も、バラエティに富んでいるので、好みの品種を探す楽しみもあります。今回はチューリップを生ける際に知っておきたいポイントをご紹介しますね。

チューリップの選び方

チューリップの選び方 お花屋さんで春のお花と並んで咲いている姿もとても可愛いですよね。開いている方が大きく見えますが、チューリップは生けてからも生長していくので、小ぶりな蕾に近い方が、お家でも長く楽しめます。チューリップを購入する際には、花と葉の距離が近くて、茎が長く伸びすぎていないものが新鮮な証。こちらを参考にして選んでみてください!

お花屋さんで春のお花と並んで咲いている姿もとても可愛いですよね。開いている方が大きく見えますが、チューリップは生けてからも生長していくので、小ぶりな蕾に近い方が、お家でも長く楽しめます。チューリップは、花と葉の距離が近くて、茎が長く伸びすぎていないものが新鮮な証。こちらを参考にして選んでみてください!

おすすめの品種1:フリンジ咲きのチューリップ

おすすめの品種 私のおすすめは、最近本当によく目にするようになった「フリンジ咲き」のチューリップ。

私のおすすめは、最近とてもよく目にするようになったフリンジ咲きのチューリップ。

 

 ご覧の通り、ギザギザとした細かい切れ込みのはいった花びらが可愛い”ハウステンボス”。フリンジ部分がダイナミックに広がって独特の存在感と華やかさがあります。少しずつ咲いて変化いく姿に、癒されて、ますます愛着が湧いていきます。おうち時間のおともにお気に入りの咲き方のチューリップを見つけてみてくださいね。

ご覧の通り、ギザギザとした細かい切れ込みの入った花びらが可愛い”ハウステンボス”。フリンジ部分がダイナミックに広がって独特の存在感と華やかさがあります。少しずつ咲いて変化いく姿に癒されて、ますます愛着が湧いていきます。おうち時間のおともにお気に入りの咲き方のチューリップを見つけてみてくださいね。

おすすめの品種2:染めチューリップ

今年、花市場でアツイ存在なのが、染めチューリップ。ベージュカラーに優しく染め上げられていて、とても美しい花姿です。
市場でも染めチューリップの棚の前は賑わっていて、私のブランドの出店でも一番に売り切れる人気アイテムです。

 

花びらの細かい繊維も色がのることで綺麗に筋ができていて、立体的なチューリップに新鮮なアクセントを添えてくれています。インテリアにも馴染みやすいので、それだけで飾るのもオススメ。

チューリップと合わせるお花

チューリップと合わせるお花 チューリップは存在感がどんどん増していくお花なので、同じ色味で合わせていくと、全体に統一感がでるような気がしています。ピンクのチューリップにはピンク・パープル系のお花を。 今回は、薄紫のスイートピー、アルストロメリア、ピンクのフェノコマ、ホワイトのコワニーを。どんどん大きく咲いていくチューリップを個性豊かなお花達がふわっと包んでくれるようになります。

チューリップは、色の変化や、動きがあり、存在感がどんどん増していくお花なので、同じ色味で合わせていくと、全体に統一感がでるような気がしています。ピンクのチューリップにはピンク・パープル系のお花を。今回は、薄紫のスイートピー、アルストロメリア、ピンクのフェノコマ、ホワイトのコワニーを。どんどん大きく咲いていくチューリップを個性豊かなお花達がふわっと包んでくれるようになります。

 

開いて散っていくまで、ずっと楽しめるのも嬉しいところ。

開いて散っていくまで、ずっと楽しめるのも嬉しいところ。

 

4歳になった息子もピンクのチューリップがお気に入りです。あなたもお気に入りの1輪が見つかりますように。

4歳になった息子も赤のチューリップがお気に入りです。あなたもお気に入りの1輪が見つかりますように。

目次に戻る≫

PROFILE
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

前田有紀さんのプロフィール写真

フラワーアーティスト 前田有紀さん

10年間テレビ局に勤務した後、2013年イギリスに留学。コッツウォルズ・グロセスター州の古城で見習いガーデナーとして働いた後、都内のフラワーショップで3年の修業を積む。「人の暮らしの中で、花と緑をもっと身近にしたい」という思いからイベントやウェディングの装花や作品制作など、様々な空間での花のあり方を提案する。2018年秋に自身のフラワーブランドguiを立ち上げる。

Facebook/前田有紀『一日一花』
instagram/前田有紀 『一日一花』
Instagram/“guiflower”

前田有紀の一“花”言 バックナンバー

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「前田有紀の一“花”言vol.70「チューリップ」〜春を代表する花の楽しみ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【事前予約・11月上旬発送】宿根草 ブローディア(トリテレイア)コリーナ 球根 10球入り

販売価格:550円(税込)

【省スペースで手軽に飾ろう】おしゃれなワゴン ストアおすすめセット DRAW A LINE ムーブロッド (Move Rod)+トレー×2

販売価格:20,020円(税込)

【シンプルでおしゃれな花瓶】フラワーベースM(円筒)

販売価格:3,960円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A