前田有紀の一“花”言vol.62 〜夏の鎌倉さんぽ

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

フラワーアーティストの前田有紀さんが、一家言ならぬ一“花”言と称して、その時期に気になる旬のお花や魅力、そして前田さんならではのアレンジ術などをお届けするこちらの企画。今回も特別編として前田さんのコラムをお届けします!

鎌倉山へ

 長く連載を続けさせてもらっているこちらのコラムですが、3月以降は自宅から記事を綴ることがメインになりました。そのため、季節の花あしらいだけではなくて、日々の暮らしの中で訪れた自然のある場所やおすすめスポットをご紹介することも増えました。  鎌倉に住んでいてもなかなか行く機会のなかった鎌倉山。ちょうど臨月に入り、あまり遠くにはでかけられないため、先日の週末に家族で思い切っていってみることにしました。

長く連載を続けさせてもらっているこちらのコラムですが、3月以降は自宅から記事を綴ることがメインになりました。そのため、季節の花あしらいだけではなくて、日々の暮らしの中で訪れた自然のある場所やおすすめスポットをご紹介することも増えました。

鎌倉に住んでいてもなかなか行く機会のなかった鎌倉山。ちょうど臨月に入り、あまり遠くにはでかけられないため、先日の週末に家族で思い切って行ってみることにしました。

檑亭(らい亭)

 ずっと行ってみたかった鎌倉山にある”らい亭”へ、家族でお蕎麦を食べに行きました。入り口の大きな山門を抜けると、まだまだ綺麗な紫陽花の小道が。そこから四季折々の草花が揺れる庭園を回遊して、お蕎麦屋さんへ到着しました。こちらのお店は、一階がお蕎麦やさんですが、2階では会席料理が楽しめるそう。

ずっと行ってみたかった鎌倉山にある”らい亭”へ、家族でお蕎麦を食べに行きました。入り口の大きな山門を抜けると、まだまだ綺麗な紫陽花の小道が。そこから四季折々の草花が揺れる庭園を回遊して、お蕎麦屋さんへ到着しました。こちらのお店は、一階がお蕎麦やさんですが、2階では会席料理が楽しめるそう。

 

 立派な建築は、江戸時代からのもので、本館は横浜市戸塚の豪農猪熊家の旧宅を移築して改築したものなんだそうです。   「春は鎌倉山の絢爛たる桜に興じ  夏は竹林の涼風に身を洗う  秋は紅葉の錦と名月に酔いしれ  冬は雪化粧の富士を望む」   というお店のコンセプトそのままに、信じられないくらい雄大な風景が広がります。

立派な建築は、江戸時代からのもので、本館は横浜市戸塚の豪農猪熊家の旧宅を移築して改築したものなんだそうです。


「春は鎌倉山の絢爛たる桜に興じ
 夏は竹林の涼風に身を洗う
 秋は紅葉の錦と名月に酔いしれ
 冬は雪化粧の富士を望む」


というお店のコンセプトそのままに、信じられないくらい雄大な風景が広がります。

 

 あまりに広々とした景色に「ここ、本当に鎌倉?」と夫と笑い合いながら、ちょっとした旅行気分を味わいました。 ステイホーム期間がはじまる前は、週末にはなんだかんだと旅行や遠出をして出かけることも多くて、毎週忙しくしていたので、自宅からすぐ近くの場所で素敵なスポットを見つけられたことがとても嬉しかったです。

あまりに広々とした景色に「ここ、本当に鎌倉?」と夫と笑い合いながら、ちょっとした旅行気分を味わいました。

ステイホーム期間が始まる前は、週末にはなんだかんだと旅行や遠出をして出かけることも多くて、毎週忙しくしていたので、自宅からすぐ近くの場所で素敵なスポットを見つけられたことがとても嬉しかったです。

 

 この夏は、長期間のお出かけプランは立てていない人も多いかもしれませんが、自宅近くで意外な素敵な場所を見つけるいい機会かもしれません。 コラムは8月はお休みする予定です。この記事がアップされる頃には、すでに第2子の育児に悪戦苦闘しているかもしれませんが、涼しくなる頃から近くの自然を味わいにお出かけもできたらいいなと願っています。

この夏は、長期間のお出かけプランは立てていない人も多いかもしれませんが、自宅近くで意外な素敵な場所を見つけるいい機会かもしれません。

コラムは8月はお休みする予定です。この記事がアップされる頃には、すでに第2子の育児に悪戦苦闘しているかもしれませんが、涼しくなる頃から近くの自然を味わいにお出かけもできたらいいなと願っています。

 

檑亭(らい亭)  住所:〒248−0031 神奈川県鎌倉市鎌倉山3-1-1 TEL:0467-32-5656

檑亭(らい亭)

住所:〒248−0031 神奈川県鎌倉市鎌倉山3-1-1
TEL:0467-32-5656

 

PROFILE
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

前田有紀さんのプロフィール写真

フラワーアーティスト 前田有紀さん

10年間テレビ局に勤務した後、2013年イギリスに留学。コッツウォルズ・グロセスター州の古城で見習いガーデナーとして働いた後、都内のフラワーショップで3年の修業を積む。「人の暮らしの中で、花と緑をもっと身近にしたい」という思いからイベントやウェディングの装花や作品制作など、様々な空間での花のあり方を提案する。2018年秋に自身のフラワーブランドguiを立ち上げる。

Facebook/前田有紀『一日一花』
instagram/前田有紀 『一日一花』
Instagram/“guiflower”

前田有紀の一“花”言 バックナンバー

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「前田有紀の一“花”言vol.62 〜夏の鎌倉さんぽ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

migiwa フラワーベース ツヤあり

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】観葉植物 2個セット アクアテラポット ガラス鉢

販売価格:4,950円(税込)

ラバーグローブ VOIRY STORE

販売価格:1,320円(税込)

SPECIAL

おすすめ