芍薬(シャクヤク)の育て方|植物図鑑

植物名
芍薬(シャクヤク)
学名

Paeonia lactiflora

英名
Paeonia lactiflora
和名
芍薬
別名・流通名
ピオニー
科名
ボタン科
属名
ボタン属
原産地
アジア北東部

芍薬(シャクヤク)の特徴

芍薬(シャクヤク)はアジア原産の多年草です。その種類は豊富にあり、季節になると地面から新芽を出しスッと伸びた茎から大きな花を咲かせるのが特徴です。花を見ただけでは見分けがつかない、よく似た花を咲かせる牡丹(ボタン)とは全く違う植物です。

牡丹(ボタン)は落葉低木で「木」として扱われ、芍薬(シャクヤク)は「草」として扱われます。

薬用植物としても知られ、花から根まで余すことなく漢方薬としても使用され江戸時代からは「茶花」として観賞用として楽しまれました。

その後改良されて観賞用として多くの品種が作られ、形、花、切り花としても人気が高い花です。

芍薬(シャクヤク)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50cm~1m程度
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 ピンク、赤、白、黄色など
開花時期 5月~6月

シャクヤク(芍薬)の種類

シャクヤク(芍薬)は5月ごろ茎先に大型の牡丹によく似た10cmくらいの花をつけます。花びらの数は品種によって様々です。花の色は紅色や桃色のほか、紫紅色や白、黄色などがあり、花の形は一重咲き、八重咲き、翁咲きなどの種類があります。

 

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

このことわざは美しい女性の立ち居振る舞いを例えたもので、芍薬(シャクヤク)はすらりとした茎の先に花を咲かせることから立ち姿の女性、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花を咲かせることから座った女性、百合は風に揺れる姿が美しいことから女性が歩く姿を表していると言われています。

 

芍薬(シャクヤク)と牡丹(ボタン)の違いと見分け方

華やかな大輪の花を咲かせる芍薬(シャクヤク)と牡丹(ボタン)は一見かなり似ています。さらに、英語名はふたつとも「peony」となっていて、英語圏の国では区別されていません。ここでは見分け方のポイントを紹介します。

違いが一番わかりやすいのが葉の形です。芍薬(シャクヤク)の葉はツヤがあり、葉の先にギザギザはなく全体的に丸みがあります。一方、牡丹(ボタン)は葉にツヤがなく、ギザギザになっているのが特徴。

香り

芍薬(シャクヤク)はバラのような甘く爽やかな香りがします。比較的わかりやすいので、どっちか迷ったときは香りを確かめてみるとよいかもしれません。

木・草

芍薬(シャクヤク)は草、牡丹(ボタン)は樹木に分類されます。シャクヤクは冬になると地上部の茎葉が枯れて根の状態で休眠するため「草」に分類されます。また、シャクヤクは茎が枝分かれせずまっすぐ伸びていくのに対し、牡丹は茎が枝分かれして低く横ばいに広がっていきます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング