ボタン(ぼたん・牡丹)の育て方|植物図鑑

植物名
ボタン(ぼたん・牡丹)
学名

Paeonia suffruticosa

英名
Tree peony
和名
牡丹
別名・流通名
花王、花神、廿日草、鎧草、忘れ草、ぼうたん、深見草、花中の王
科名
ボタン科
属名
ボタン属
原産地
中国北西部

ボタン(ぼたん・牡丹)の特徴

牡丹は芍薬と花はよく似ていますが芍薬は季節になると土から直接芽を出す多年草とは違い、落葉低木にまります。

時期になると新芽が芽吹き先端に花径15~40cm程の花をつけます。

花形は一重、八重、千重、万重、獅子咲きなどの種類が多い植物です。一般的には春咲きの春牡丹ですが、初冬に寒牡丹という春牡丹より小ぶりで、春と秋の二回咲く種類があります。冬牡丹と言われているものは寒牡丹より大きな花を咲かせる春牡丹を温度管理によって花の少ない冬に楽しむ為に人工的に咲かせたものをそう呼びます。

 

花色は白、桃、紅、朱赤、黄、絞りや複色など種類が豊富です。中国原産の花木で奈良時代に薬用木として渡来しその後改良が進んだ結果中国の品種とは異なる独自の品種群がつくりだされました。欧米で改良された品種群にフランスボタン、アメリカボタンがあります。

ボタン(ぼたん・牡丹)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 1m~2m
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 白、ピンク、赤、紫、黄
開花時期 4~6月、10月~1月

古くから日本では美しい女性の姿を形容する言葉として「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉がありますが、芍薬と牡丹はよく似ていますが、なぜ立ち姿が芍薬で座るのが牡丹なのかというと、その理由は芍薬はスッと伸びた茎に花が咲く事に対して牡丹は低い木から出ている幹から花を咲かせる様子が椅子に座っている姿に見える事から座った姿は牡丹と言われるようになりました。

ボタン(ぼたん・牡丹)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

ボタン(ぼたん・牡丹)の栽培環境

日当たり・置き場所

置き場は春と秋にしっかり日があたり、夏は半日陰、冬は冷たい風があたらない暖かい場所が理想的です。傘をさしたり雪除けを作ると良いでしょう。
真夏の西日は寒冷紗などで遮るのが重要です。

用土

水はけと水持ちの良い土を好みます。庭植えの場合は植え付け時に堆肥をたっぷりと施します。鉢植えの場合は赤玉土と腐葉土を配合します。

ボタン(ぼたん・牡丹)の育て方のポイント

日常の管理

水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えます。水やりの際は根が浅く張っているので、元の幹から遠い場所から与えると良いでしょう。

水やり

春以降、根元が乾いたら与えます。根が浅く張るので夏の乾燥期には弱ることがあります。傘等で半日影を作り、できれば水鉢をつくって水やりをするとよいでしょう。

肥料

肥料を好むので3月に芽出し肥えと花後のお礼肥えを忘れないようにします。根が地表近くにはるので緩効性化成肥料を株元に施します。夏の高温期は不要です。

病害虫

病気は4~10月頃にうどんこ病炭疽病や褐斑病にかかることがあります。害虫はコガネムシ類の食害やカイガラムシに注意しましょう。

ボタン(ぼたん・牡丹)の詳しい育て方

選び方

接ぎ木苗で品種が確実なものを選びます。台木が伸びていないもの、太い茎と生き生きとした芽が出てるもの、鉢植えの場合、しっかりした花芽が3個以上あるものを選びましょう。

種まき

鞘から種を取り出したら水につけ、沈んだものだけをすぐにまきます。適期は9~10月頃で種が乾燥すると発芽に時間がかかります。実生では親と同じ花は咲かず開花までには3年以上かかります。

植え付け

夏の暑さが苦手で休眠期に入るので春植えではなく秋植えにします。植え穴は40~50cmほど大きく掘り、堆肥や牛フンをばけつ一杯ほどすきこんで化成肥料を元肥として加え水はけ良く地表から15cmほど盛り上げて高めに植え、接ぎ木部分は10cmほど隠れるようにし、ボタンの自根をださせるようにします。株間は1mくらいとるとよいでしょう。できれば1年目は花芽をとってしまい花を咲かせず木を生長させる方がよいでしょう。

摘芯(摘心)・摘果

花は一つの花を大きく育て咲かせる為に「かき芽」をします。かき芽は咲かせたい向きに着いた蕾を残し他を摘み取りましょう。

剪定・切り戻し

9月頃に葉が黄ばんできたら葉を全部摘み取り枝だけにします。その後細い枝や内側に伸びる枝を切り落とします。さらに残った枝も2~3芽を残して切り詰めておきます。台芽が伸びていたらかきとります。

植え替え・鉢替え

植え替えは出来る限り避けましょう。牡丹は植え替えを嫌うので生長が悪くなったなどの理由がない限り植え替えは不要です。
株の寿命は15年と言われています。

春に蕾が膨らむと花が風に揺れて傷んだり折れやすいので、支柱をして固定しましょう。冬は雪除け等を作ると雨風、雪から花を保護する事が出来ます。
咲き終わったら次の花を咲かせる為、花のすぐ下にある節の当たりで切ります。

収穫

種を収穫したい場合、最初に咲いた花を開花後も切らず、そのまま育てましょう。その際、株から他に出てくる花は育てずかき芽をすると栄養が行き届いた種が収穫できます。

種を収穫した株は翌年咲く花は小さくなります。

夏越し

夏は根が乾燥しないように水苔などをひいて乾燥しない様にしましょう。また真夏の直射日光は傘や簾等で保護すると良いでしょう。

冬越し

冬の寒さが春咲き種には必要なので水は殆ど与えず、凍結を防ぐ為、土の上に藁や水苔等をしきましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

牡丹の増やし方は芍薬の根を台木(土台)として、カミソリ等で切り込みを入れます。その切込みに穂木(育てたい木)を差し込みます。牡丹は3つ程新芽が出た枝を台木の切込みに形を合わせて鋭く斜めに切って差し込みます。差し込んだらビニールテープや麻ひも等で固定します。
時期は8月~9月が的期です。
新芽が伸び始めたら挿し木は成功です。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング