ボタン(ぼたん・牡丹)の育て方|植物図鑑

植物名
ボタン(ぼたん・牡丹)
学名

Paeonia suffruticosa

英名
Tree peony
和名
牡丹
別名・流通名
花王、花神、廿日草、鎧草、忘れ草、ぼうたん、深見草、花中の王
科名
ボタン科
属名
ボタン属
原産地
中国北西部

ボタン(ぼたん・牡丹)の特徴

牡丹は芍薬と花はよく似ていますが芍薬は季節になると土から直接芽を出す多年草とは違い、落葉低木にまります。

時期になると新芽が芽吹き先端に花径15~40cm程の花をつけます。

花形は一重、八重、千重、万重、獅子咲きなどの種類が多い植物です。一般的には春咲きの春牡丹ですが、初冬に寒牡丹という春牡丹より小ぶりで、春と秋の二回咲く種類があります。冬牡丹と言われているものは寒牡丹より大きな花を咲かせる春牡丹を温度管理によって花の少ない冬に楽しむ為に人工的に咲かせたものをそう呼びます。

 

花色は白、桃、紅、朱赤、黄、絞りや複色など種類が豊富です。中国原産の花木で奈良時代に薬用木として渡来しその後改良が進んだ結果中国の品種とは異なる独自の品種群がつくりだされました。欧米で改良された品種群にフランスボタン、アメリカボタンがあります。

ボタン(ぼたん・牡丹)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 1m~2m
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 白、ピンク、赤、紫、黄
開花時期 4~6月、10月~1月

古くから日本では美しい女性の姿を形容する言葉として「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉がありますが、芍薬と牡丹はよく似ていますが、なぜ立ち姿が芍薬で座るのが牡丹なのかというと、その理由は芍薬はスッと伸びた茎に花が咲く事に対して牡丹は低い木から出ている幹から花を咲かせる様子が椅子に座っている姿に見える事から座った姿は牡丹と言われるようになりました。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング