家庭菜園特集

本当に蚊を寄せつけないの?蚊連草(蚊嫌草)の効果や増やし方。

櫻井彩乃

櫻井彩乃

公開日 :

 

ホームセンターでも見かける“蚊連草(蚊嫌草)”。本当に蚊に対する効果あるのかな?どう育てるの?増やせるの?と気になりますよね。簡単にご紹介します。

 

目次

蚊連草(蚊嫌草)の効果って?

蚊連草(蚊嫌草)の管理や増やし方

蚊連草(蚊嫌草)の香りを持続させよう

 

蚊連草(蚊嫌草)

13383963_884267018348331_1167432422_o

蚊連草(蚊嫌草)は、ゼラニウムとシトロネラを交配してつくったハーブの一種と言われています。

ゼラニウムやシトロネラはもともと蚊を寄せつけにくいと言われ、シトロネラールという香りが含まれており、その2種のハーブを交配してつくられた蚊連草(蚊嫌草)はハーブの中でもよりシトロネラールという香りが強く、蚊を寄せつけにくいそうです。

 

新

蚊は、体温が高い人や汗の乳酸、呼吸に含まれる二酸化炭素に反応し寄ってくると言われています。蚊連草(蚊嫌草)は、蚊が苦手な香りを発するだけでなく、蚊の二酸化炭素の匂いの感覚を麻痺させるそうです。

蚊連草(蚊嫌草)は新芽からより強い香りがします。

 

センテッドゼラニウムを蚊連草(蚊嫌草)として出回っていることもあります。また、センテッドゼラニウムやローズゼラニウムの近種とも言われているそう。

100%蚊を撃退できませんが、ゼラニウムより、葉を少しこすっただけで香りが強いたけでなく、爽やかな香りを楽しめます。試してみてはいかがでしょうか。

 

管理や増やし方

日光を好むので、日中はなるべく日が当たるようにしましょう。基本、暑さにも強く直射日光でも大丈夫ですが、真夏の直射日光に注意が必要です。半日陰に移動したほうがいいです。冬は苦手ですので、室内で管理するのがオススメです。室内の日が当たる場所に移動しましょう。

乾燥を好みますので、水は土が乾いたらたっぷりと上げてください。2日~3日はお水を上げなくても大丈夫ですので、水やりを忘れがちな方にもおすすめです。

成長時季の最適な温度は、15°~30°が好ましいです。冬場は0°以下、霜や凍結にならないように管理しましょう。

増やし方

13446046_884267045014995_1749466638_o

挿し木と株分けで増やすことができます。

挿し木は、新芽で伸びてきた茎を約5cmにカットして土に挿して増やすことができます。

 

13446262_884267031681663_992805638_o

環境が合わないと発根しにくいですが、水挿しして発根させてから土に挿す方法もいいといわれているようです。

おうちの環境や蚊連草(蚊嫌草)の状態で発根率も変わってきますので、それぞれの増やし方を試してみてもいいかもしれません。

 

蚊連草(蚊嫌草)の香りを持続するには?

13410848_884267025014997_1921059856_o

蚊連草(蚊嫌草)の葉が枯れてきたらカットしましょう。また、多湿が苦手なので風通りをよくするために剪定もするといいです。枯葉があったりすると、とうまく栄養分が全体に回りにくくなってしまいます。

 

芽

枯れ葉や剪定をすることでカットした場所から新芽が出てきて香りがより強くなります。

 

13405677_884267038348329_1645602730_o

絶対、蚊を寄せつけないとは言えませんが、蚊連草(蚊嫌草)を育てながら+αで蚊よけ効果や香りを楽しんでみませんか。

 

 

 

関連ワード

「本当に蚊を寄せつけないの?蚊連草(蚊嫌草)の効果や増やし方。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

おすすめ