知っておきたい。ハーブや植物の「水栽培」メリットとデメリット

櫻井彩乃

櫻井彩乃

このライターの記事一覧

公開日 :

手軽におうちの中で植物を育てることができる水栽培。

水栽培できる植物は様々で、野菜やハーブなどはキッチンで育てて、使いたいときに摘んで使えるので実用性もバツグン。水栽培が人気の秘密でもある、メリットの部分と、ちょっと気を付けたいデメリットについて紹介します。

水栽培の3つのメリット

1.虫がつきにくい

土を使わないことで、虫がつきにくくいのはメリットの1つ。

植物を育てる土の中に害虫が卵を産んでしまっていることや、土の中に隠れていることもあります。水栽培の場合、土を使わないため、絶対に虫がつかないわけではありません。外で管理していたものをカットする場合は、虫が付いていることもあるので水栽培を始める前に、よく洗ってから水に挿しましょう。

2.水のやり忘れの心配がない

水につかっているので、水やりを忘れるという心配がなくなります!とはいえ、暑い時期はお水も汚れやすいのでお水はこまめに取り替えて清潔に保つことを心がけましょう。

3.おしゃれなグリーン空間に

水栽培している植物を並べて飾ったり、インテリアと一緒に飾るとおしゃれなグリーンの空間に変身。空きビンに入れてるだけでも、インテリアとして手軽に楽しめるのが魅力的です。

 

DIYでつくったフラワーベースなどに入れると、オリジナルのインテリアづくりができそうですね。

 

水栽培のデメリット

sasas

暖かい室内では水が汚れやすい

水をかえるのを怠ったり、高温多湿や日光が当たる環境で、管理をしているとバクテリアが発生して入れ物に茶色や緑の藻がついたりします。また、風通しが悪いとカビが発生することもあります。

予防するポイントは?

・水はこまめに取り換える
・直射日光での管理は避ける
・風通しをよくする
・容器も洗って、清潔な状態を保とう

窓辺の強い光で、水温が上がることで藻やカビが発生しやすくなります。窓辺で管理する場合は、日の当たり具合に気を付けましょう。
IMGP8360

 

水栽培から土に戻すときの注意点

水栽培の根は、土での栽培の根とは異なります。そのため、土で植えつける際は根を傷めないように植え付けしましょう。最初はハイドロボールやセラミスを使用した植え付けがオススメです。それから植物が生長して根をパンパンに張ったら、土に植え替えてもいいと思います。植物の種類によって異なりますが、多肉植物の場合、水栽培から土に戻す場合は、伸びた根をカットして改めて土で育てるようにしましょう。

 

ポトスを土に戻してみよう

ポトスは、丈夫な観葉植物なので水栽培から土に植え替えても失敗は少ないです。植え替えの際は、根を傷つけないようにやさしく行います。根を傷つけると、お水が吸えなくなってしまい、葉に張りがなくなり枯れてしまう可能性があります。時期は、真夏や真冬を避けた暖かい気候の春、初夏、秋が向いています。

 

おすすめの水栽培できる野菜・植物

アイビー

花屋さんで買える切花からも発根することも。この写真も切花から発根したものです。
IMGP8355

 

▼育て方をみてみよう!

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビー(ヘデラ)は家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    アイビー(ヘデラ)は耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 

ポトス

育てやすいことで人気の観葉食物。植え替え時に株分けして水栽培してみても。

 

▼育て方をみてみよう!

ポトス

  • ポトスといえば、定番の観葉植物ですよね。初心者でも育てやすく、どんどん品種が増えて、新しい魅力的な品種も開発されているので、ベテランの園芸家も楽しめる植物です。

    仕立て方も、ハンギングで上から垂らしたり、逆にヘゴ仕立てなどで上に這わせていくなど、変化も楽しめますし、切って水に挿しておけば簡単に発根するといった楽しみもあります。

    もっとも飽きのこない観葉植物と言っていいでしょう。

    日本で販売されているポトスのほとんどは幼株で、葉が小さいですが、自生地などに生えている本来のポトスは葉の大きさが1m近くになる大型の観葉植物です。

    また、大きくなった葉はモンステラの様に縁から切れ込みが入ります。斑がマーブル模様に入った大きな葉に切れ込みが入っている姿は非常に美しく、今まで持っていたポトスのイメージを覆すものだと思います。

    一般家庭でそこまで大きくするのは至難の業ですが、温暖な環境下でへゴ支柱や庭木に這わせるようにすれば大きくなることがあるそうです。

     

 

オリヅルラン

子株がついたら外して水栽培に。
14164056_934589626649403_47949660_o

 

▼育て方をみてみよう!

オリヅルラン

  • オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物です。大株でも小さな鉢植えでも、水耕栽培でも楽しめますので、「一家に一鉢」の基本的な植物と言っていいかもしれません。

    細長い茎(ランナー)を伸ばして、その先に子株をつけるのですが、それがまるで折鶴がぶら下がっているように見えるところから、名前がつきました。

    あまり目立ちませんが、春から夏にかけてランナーの節から、白くかわいい花を咲かせます。葉の縁に斑が入る「ソトフオリヅルラン」と、中央に斑が入る「ナカフオリヅルラン」の他に、斑の入らない種類のものや葉の先がカールする「ボニー」という品種もあります。

 

アロマティカス

人気のアロマティカスも水に挿して。香りも楽しめます。
13570157_897204320387934_1831172612_o (1)

 

▼育て方をみてみよう!

アロマティカス

  • アロマと名前に入っているだけあって、とても香りの良い植物です。少し手に触れただけでも香りがつきます。ハーブティーや料理に大活躍します。葉は表面を細く柔らかい毛がびっしり覆っており、ぽってりとした多肉質になっています。多肉植物のコーナーで売られていることもあり、ほかの多肉植物と同様に水を控えめにして育てる必要があります。比較的乾燥には強く、病気や害虫も付きにくい植物です。そのため、育てやすい植物として、また見た目が可愛らしく香りも良いことから人気が出ています。

 

ミント

キッチンに飾って爽やかな香りを楽しむことができます。

 

▼育て方をみてみよう!

ミント

  • ミントはハーブの中で最もポピュラーな品種です。どの品種でも基本的に強い性質をもっています。強い香りを放ち天然虫よけ剤のハッカ油の材料になります。ミントというと、スカっとしたさわやかな香りがしますが、中にはアップルミントのようにほんのり甘くすっきりとした香りの品種もあります。ミントティーにしたり、サシェやポプリの材料にしたり、料理にも使うことができたりと様々な活用法があります。摘みたての葉を数枚コップに入れ、熱湯を注ぐだけでハーブティーになります。エスニック料理も使用され、東南アジア料理のスープやサラダなどにも利用できます。

 

ローズマリー

こちらもミントと同じでさっと摘んで料理に使えます。キッチンにひとつあると便利なハーブ。

 

▼育て方をみてみよう!

ローズマリー

  • 「ローズマリー」は、地中海沿岸地方が原産のハーブです。清々しい香りが特徴で、乾燥させてお茶や料理などに使われています。「若返りのハーブ」として知られています。春から秋にかけて、小さな青から青紫の花が咲きます。環境さえ良ければ四季咲きです。

 

キッチンやお部屋で楽しめる水栽培。いろんなものを栽培してみてくなりますね。育てている植物をカットしたり、株分けしたものなどではじめてみるのもいいですね。

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「知っておきたい。ハーブや植物の「水栽培」メリットとデメリット」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

このライターの記事一覧

おすすめ