大掃除や暑い夏に活躍!ハッカ油スプレーの作り方と使い方

櫻井彩乃

櫻井彩乃

62416views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い時期になると、ハッカ油をお風呂に数滴入れて楽しむ方も多いのではないでしょうか?

夏の暑い時期だけでなく掃除にも使えるハッカ油スプレーの作り方と使い方をご紹介します。

ハッカ油スプレーの作り方

材料

■無水エタノール
■ハッカ油
■精製水
■スプレー容器

※無水エタノール(1):精製水(9)
※ハッカ油は無水エタノール+精製水が100mlに対して40滴程度まで
※ハッカ油はポリスチレン(PS)を溶かしてしまう可能性があります。スプレー容器を選ぶ場合は、 プラスチックの容器は避け、ガラス製や陶器にするか、耐油性、耐アルコール性の表記のある容器がおすすめです。
14074373_928278250613874_1732982246_o

 

無水エタノールにハッカ油を混ぜてよく振ります。

スプレーの作る量によりますが、無水エタノールと精製水を合わせて100mlぐらいになるのに対して、ハッカ油は約40滴を目安に入れましょう。
14087161_928278237280542_1312467422_o

 

精製水を入れて完成!

無水エタノールとハッカ油が混ざったら、精製水を入れて完成です!

精製水を入れたときに液体が分離しますが、使用する際に振って使えば大丈夫です。
14087478_928278217280544_2066907624_o

 

使用時にはパッチテストをしよう

お肌に使うときは必ずパッチテストをしましょう。

使用時に、精製水がお肌に使わない場合は、水道水ではなく硬水以外のミネラルウォーターを使用してみるのもおすすめします。

出来上がったスプレーは、約2週間以内で使い切りましょう!
14037971_928278190613880_1690941082_o (1)

 

ハッカ油スプレーの使い方

・汗をかいたりした時に、デオドラント効果を期待して脇や足などに使用してみてはいかがでしょうか。運動後は、とてもさっぱりします。

・梅雨などでジメジメしている時期や布団が干せない時に、布団や枕にシュッとひと吹き!寝る前に爽やかな気持ちになって眠りにつけます。ダニ対策も期待できるそうです。

・掃除の時に、殺菌効果のあるハッカ油スプレーを使って最後の仕上げを!ゴキブリがよりにくくなると言われているので試してみるのはいかがでしょうか。

・夏場はコバエも気になるところ。ゴミ箱や生ゴミの三角コーナーにひと吹きするようになってからは、以前より発生しにくくなりました。
1

 

ドラッグストアーやWEBでも購入できるハッカ油を是非お試しください!

健栄製薬 ハッカ油(20mL)[ハッカ油 アロマオイル 花粉対策]

 

「大掃除や暑い夏に活躍!ハッカ油スプレーの作り方と使い方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

オススメ特集