ミモザの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

ミモザ(アカシア)の花言葉と種類についてご紹介。ミモザ(アカシア)は切花として、リースとして、鉢物として、人気の高い春の花。花言葉を意識してミモザを贈ってみるのもいいですね。

 

ミモザ(アカシア)の花言葉

「ミモザ(アカシア)」の花言葉は「優雅」「友情」。  オレンジ色のミモザの花言葉は「エレガント」。  黄色のミモザの花言葉は「秘密の恋」。

「ミモザ(アカシア)」の花言葉は「優雅」「友情」。

色別のミモザの花言葉

オレンジ色のミモザの花言葉は「エレガント」。

黄色のミモザの花言葉は「秘密の恋」。

 

ミモザ(アカシア)について

科・属	 マメ科・アカシア属 和名	 銀葉アカシア 英名	 mimosa 学名	 Acacia decurrense var.dealbata 原産地	 オーストラリア 開花期	 2月~4月

科・属  マメ科・アカシア属
和名  銀葉アカシア
英名  mimosa
学名  Acacia decurrense var.dealbata
原産地  オーストラリア
開花期  2月~4月

 

ミモザ(アカシア)の特徴

ミモザはマメ科ネムノキ亜科アカシア属の総称で、フランスでは「ミモザ」の名で親しまれています。ミモザ(アカシア)は多くの園芸品種がありますが、暖地でよくみられるのは銀葉アカシアやフサアカシアです。銀葉アカシアは名前の通り銀白色を帯びた葉をもち公園樹などに利用されます。フサアカシアは葉色が緑で葉と花序が長くミモザの名で知られています。いずれも生長が非常に早く樹高が10m以上になります。2月~3月の花の時期には木全体が黄色く染まるほど、黄色い小さな花が集まった球形の花を多数咲かせ、芳香を漂わせます。果実は5cm前後の豆果を多数つけ、6月下旬頃には紫褐色に熟し、裂けて種子を飛ばします。またフサアカシアの花は香水の原料としても利用されます。ミモザは、夏ごろには来年のつぼみが目で確認できるほどに生長し、つぼみの状態から開花まで半年近くかかる花木です。夏以降に剪定すると、翌年の花が咲かなくなるので注意しましょう。

▼ミモザの育て方など詳しい情報はこちら

ミモザ(ギンヨウアカシア)

  • 「ミモザ」とはアカシア属のなかでも、黄色の房状の花をつける種類の俗称です。特にギンヨウアカシアは「ミモザ」として、人気の庭木です。常緑高木で、名前の通りの銀葉が一年中楽しめます。鳥の羽のように軽やかで銀色がかったグリーンの葉と、春先に咲く明るい黄色の花のコントラストが美しい樹木です。

    3/8は国際女性デーといって、女性の政治的自由と平等を訴える日として国連が制定しています。この日はイタリアでは「女性の日」とされ、女性への日頃の感謝を込めて、男性から女性へミモザの花を贈る習慣があります。

 

ミモザ(アカシア)の種類

とっても種類の多いミモザ。花の大きさや、色、葉の形なども異なっているものがありますが、基本的には見た目はとても似ているものが多いです。ミモザの中でも、一般的にミモザと呼ばれているものは銀葉アカシアという品種です。

とっても種類の多いミモザ。花の大きさや、色、葉の形など、様々な種類のミモザが存在します。

 

ミモザの流通(販売)

ミモザの花がついている鉢物の流通は実際に開花する前の冬場。それ以降は葉っぱのみの状態であれば通年購入することができます。切り花のミモザを花屋さんで買うことができるのは1月~3月くらいです。これらはミモザの中の銀葉アカシアで、ミモザといってもたくさんの種類があり、中には銀葉アカシアより遅い開花の種類のミモザもあります。ミモザは種類によって、葉の形も全く違うので、こだわったミモザを育てたい方は、いろいろ調べてみることをおすすめします。

 

ミモザの由来

ミモザは本来オジギソウ属を指す名前でしたが、アカシア属のフサアカシアの葉がオジギソウに似ていたため、誤ってフサカアカシアがミモザと呼ばれたことにちなみます。日本ではアカシア属のギンヨウアカシアもミモザと呼ばれています。

ミモザは本来オジギソウ属を指す名前でしたが、アカシア属のフサアカシアの葉がオジギソウに似ていたため、誤ってフサカアカシアがミモザと呼ばれたことにちなみます。日本ではアカシア属のギンヨウアカシアもミモザと呼ばれています。

 

ミモザ祭り

ミモザは春を告げる花としてヨーロッパでは大変人気があり、主要な産地のフランスのニースの西側にある海沿いの街モンドリューラナープルでは1931年から毎年2月にミモザ祭りが開かれています。この町はオーストラリアからもたらされたミモザの花を切り花として栽培、販売しており、1月~2月になると丘や庭園、街全体が金色に輝きます。祭りでは地元で栽培された10t前後のミモザを使って、毎年異なるテーマに従って飾り付けられた山車によるフラワーパレードや花合戦が開かれています。

ミモザは春を告げる花としてヨーロッパでは大変人気があり、主要な産地のフランスのニースの西側にある海沿いの街モンドリューラナープルでは1931年から毎年2月にミモザ祭りが開かれています。この町はオーストラリアからもたらされたミモザの花を切り花として栽培、販売しており、1月~2月になると丘や庭園、街全体がミモザの花色で金色に輝きます。祭りでは地元で栽培された10t前後のミモザを使って、毎年異なるテーマに従って飾り付けられた山車によるフラワーパレードや花合戦が開かれています。

 

ミモザの日

ミモザは春を告げる花としてヨーロッパでは大変人気があり、主要な産地のフランスのニースの西側にある海沿いの街モンドリューラナープルでは1931年から毎年2月にミモザ祭りが開かれています。この町はオーストラリアからもたらされたミモザの花を切り花として栽培、販売しており、1月~2月になると丘や庭園、街全体が金色に輝きます。祭りでは地元で栽培された10t前後のミモザを使って、毎年異なるテーマに従って飾り付けられた山車によるフラワーパレードや花合戦が開かれています。

3月8日は「国際女性デー」です。1904年の3月8日にニューヨークの女性労働者が参政権を求めてデモを行ったことから女性が平等に社会参加が出来るように、現在は国連事務総長が加盟国に対して女性の平等な社会参加ができる環境を整えるように呼び掛ける日となっています。イタリアではこの「女性の日」の時期に咲くミモザの花をシンボルとして、男性が女性にミモザの花を贈ることが習慣になっています。そのため3月8日を「ミモザの日」ともよびます。

 

ミモザの木

ミモザは、地植えで育てると10m程にもなる、とても高く生長する花木です。ミモザは自宅で楽しみたい場合は鉢植えでも育てることができますが、根詰まりを起こしやすくなっていますので、大きめの鉢に植えつけましょう。

根詰まりを防ぐために、少なくとも2~3年に1度くらいは根の張り具合をチェックして植え替えましょう。植え替えが必要な時は、水をあげてもすぐに土が乾いてしまうときや逆に水が浸透せずに表面に溜まっているときです。

▼ミモザの葉が落ちてしまった・・・その理由は? 

▼ミモザに関する記事をもっと読む

▼関連ワード

「ミモザの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ