ミモザ特集

黄色いポンポンが可愛らしい♪ ミモザのリースの作り方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

65336views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

小さくて黄色いポンポンが連なり、ふわっと垂れさがるミモザ。

ドライフラワーにしても楽しめます。今回はミモザのリースの作り方をフラワーデザイナーのMigiwa OTAさんに教えてもらいました。ミモザの種類や飾っている時間経過によって、楽しめます。くたっとなったミモザもリースにすることで、また違う飾り方ができます。

目次

黄色いポンポンのような花を咲かせるミモザ

ミモザリースの作り方

 

黄色いポンポンのような花を咲かせるミモザ

マメ科アカシア属の樹木です。2~4月ごろに小さな黄色いポンポンのような花が咲きます。花屋さんでは生花として並び、ドライフラワーやリースで楽しむことも♪ 庭木としてシンボルツリーなどにも人気です。3月8日はミモザの日と言われており、男性が女性にミモザの花を贈ることが習慣になっています。

マメ科アカシア属の樹木です。2~4月ごろに小さな黄色いポンポンのような花が咲きます。花屋さんでは生花として並び、ドライフラワーやリースで楽しむことも♪ 庭木としてシンボルツリーなどにも人気です。3月8日はミモザの日と言われており、男性が女性にミモザの花を贈ることが習慣になっています。

▼ミモザの育て方はこちらから

ミモザ(アカシア)

  • アカシアは多くの園芸品種がありますが暖地でよくみられるのは銀葉アカシアやフサアカシアです。銀葉アカシアは名前の通り銀白色を帯びた葉をもち公園樹などに利用されます。フサアカシアは葉色が緑で葉と花序が長くミモザの名で知られています。いずれも成長が非常に早く樹高が10m以上になります。2月~3月の花の時期には木全体が黄色く染まるほど、黄色い小さな花が集まった球形の花を多数咲かせ、芳香を漂わせます。果実は5センチ前後の豆果を多数つけ、6月下旬頃には紫褐色に熟し、裂けて種子を飛ばします。またフサアカシアの花は香水の原料としても利用されます。ミモザは、夏ごろには来年のつぼみが目で確認できるほどに生長し、つぼみの状態から開花まで半年近くかかる花木です。夏以降に剪定すると、翌年の花が咲かなくなるので注意しましょう。

 

ミモザリースの作り方

材料・道具 ミモザ・ 麻紐・ハサミ

材料・道具

ミモザ・ 麻紐・ハサミ

 

手順 ①麻紐は20cmくらいにカットしミモザの茎に麻紐を通します。

手順

①麻紐は20cmくらいにカットしミモザの茎に麻紐を通します。

 

バランスを見ながらミモザを重ねます。

バランスを見ながらミモザを重ねます。

 

麻紐でしっかりとミモザの茎を結びます。余った麻紐は目立たないように短くカットします。

麻紐でしっかりとミモザの茎を結びます。余った麻紐は目立たないように短くカットします。

 

②脇の花はカットします。

②脇の花はカットします。

 

茎の部分に花を乗せて麻紐で結びつけます。

茎の部分に花を乗せて麻紐で結びつけます。

 

④葉も同様に麻紐で結びます。

④葉も同様に麻紐で結びます。

 

⑤土台のミモザの茎を手でしならせてアーチ型にします。

⑤土台のミモザの茎を手でしならせてアーチ型にします。

 

 

⑥アーチ型にした茎部分に端を被せるようにして輪っかを作ります。  麻紐で茎と花部分を結びます。花がとれないように優しく行いましょう。葉の位置や、リース全体の形を確認しながら整えます。

⑥アーチ型にした茎部分に端を被せるようにして輪っかを作ります。

麻紐で茎と花部分を結びます。花がとれないように優しく行いましょう。葉の位置や、リース全体の形を確認しながら整えます。

 

ミモザのリースが完成しました。お好みでリボンやラフィアテープなどをつけてもよいです。  ミモザのリースは花粉が落ちて、飾っている場所の下が黄色くなるので注意。飾る場所は掃除しやすい場所に飾ると管理がしやすいでしょう。  材料はミモザと麻紐だけで簡単に作成できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ミモザのリースが完成しました。お好みでリボンやラフィアテープなどをつけてもよいです。

ミモザのリースは花粉が落ちて、飾っている場所の下が黄色くなるので注意。飾る場所は掃除しやすい場所に飾ると管理がしやすいでしょう。

材料はミモザと麻紐だけで簡単に作成できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

目次に戻る≫

▼ミモザの関連記事をもっと読む

 

「黄色いポンポンが可愛らしい♪ ミモザのリースの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。