黄色いポンポンが可愛らしい♪ ミモザのリースの作り方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

75129views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

小さくて黄色いポンポンが連なり、ふわっと垂れさがるミモザ。

ドライフラワーにしても楽しめます。今回はミモザのリースの作り方をフラワーデザイナーのMigiwa OTAさんに教えてもらいました。ミモザの種類や飾っている時間経過によって、楽しめます。くたっとなったミモザもリースにすることで、また違う飾り方ができます。

目次

黄色いポンポンのような花を咲かせるミモザ

ミモザリースの作り方

 

黄色いポンポンのような花を咲かせるミモザ

マメ科アカシア属の樹木です。2~4月ごろに小さな黄色いポンポンのような花が咲きます。花屋さんでは生花として並び、ドライフラワーやリースで楽しむことも♪ 庭木としてシンボルツリーなどにも人気です。3月8日はミモザの日と言われており、男性が女性にミモザの花を贈ることが習慣になっています。

マメ科アカシア属の樹木です。2~4月ごろに小さな黄色いポンポンのような花が咲きます。花屋さんでは生花として並び、ドライフラワーやリースで楽しむことも♪ 庭木としてシンボルツリーなどにも人気です。3月8日はミモザの日と言われており、男性が女性にミモザの花を贈ることが習慣になっています。

▼ミモザの育て方はこちらから

ミモザ(ギンヨウアカシア)

  • 「ミモザ」とはアカシア属のなかでも、黄色の房状の花をつける種類の俗称です。特にギンヨウアカシアは「ミモザ」として、人気の庭木です。常緑高木で、名前の通りの銀葉が一年中楽しめます。鳥の羽のように軽やかで銀色がかったグリーンの葉と、春先に咲く明るい黄色の花のコントラストが美しい樹木です。

    3/8は国際女性デーといって、女性の政治的自由と平等を訴える日として国連が制定しています。この日はイタリアでは「女性の日」とされ、女性への日頃の感謝を込めて、男性から女性へミモザの花を贈る習慣があります。

 

ミモザリースの作り方

材料・道具 ミモザ・ 麻紐・ハサミ

材料・道具

ミモザ・ 麻紐・ハサミ

 

手順 ①麻紐は20cmくらいにカットしミモザの茎に麻紐を通します。

手順

①麻紐は20cmくらいにカットしミモザの茎に麻紐を通します。

 

バランスを見ながらミモザを重ねます。

バランスを見ながらミモザを重ねます。

 

麻紐でしっかりとミモザの茎を結びます。余った麻紐は目立たないように短くカットします。

麻紐でしっかりとミモザの茎を結びます。余った麻紐は目立たないように短くカットします。

 

②脇の花はカットします。

②脇の花はカットします。

 

茎の部分に花を乗せて麻紐で結びつけます。

茎の部分に花を乗せて麻紐で結びつけます。

 

④葉も同様に麻紐で結びます。

④葉も同様に麻紐で結びます。

 

⑤土台のミモザの茎を手でしならせてアーチ型にします。

⑤土台のミモザの茎を手でしならせてアーチ型にします。

 

 

⑥アーチ型にした茎部分に端を被せるようにして輪っかを作ります。  麻紐で茎と花部分を結びます。花がとれないように優しく行いましょう。葉の位置や、リース全体の形を確認しながら整えます。

⑥アーチ型にした茎部分に端を被せるようにして輪っかを作ります。

麻紐で茎と花部分を結びます。花がとれないように優しく行いましょう。葉の位置や、リース全体の形を確認しながら整えます。

 

ミモザのリースが完成しました。お好みでリボンやラフィアテープなどをつけてもよいです。  ミモザのリースは花粉が落ちて、飾っている場所の下が黄色くなるので注意。飾る場所は掃除しやすい場所に飾ると管理がしやすいでしょう。  材料はミモザと麻紐だけで簡単に作成できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ミモザのリースが完成しました。お好みでリボンやラフィアテープなどをつけてもよいです。

ミモザのリースは花粉が落ちて、飾っている場所の下が黄色くなるので注意。飾る場所は掃除しやすい場所に飾ると管理がしやすいでしょう。

材料はミモザと麻紐だけで簡単に作成できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

目次に戻る≫

▼ミモザの関連記事をもっと読む

 

▼関連ワード

「黄色いポンポンが可愛らしい♪ ミモザのリースの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ