フクシアの育て方|植物図鑑

植物名
フクシア
学名

Fuchsia

英名
Fuchsia
科名
アカバナ科
属名
フクシア属
原産地
アメリカ

フクシアの特徴

釣鐘のように垂れ下がって咲くフクシアの花。咲き方はどの品種でもほとんど同じですが、花弁の種類は一重咲きや八重咲きなどがあります。花は下向きに開きます。茎と繋がっている個所から花の中央部分までは細い筒状で、中央から先端は放射線状に口を開きます。色は鮮やかなピンクと紫。大方二色が配合されています。常緑性低木で花が咲くのは4月~10月と長期間。一年中フクシアが楽しめます。但し、元々気温の低い野山で自生する植物なので気温の高い場所には適しません。夏になると弱ってしまうのが難点。夏の暑さが厳しい日は室内に入れて楽しむと良いでしょう。

フクシアの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~1m程度
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い
花色 ピンク、赤、白、紫
開花時期 4月~10月頃

フクシアの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花
収穫

フクシアの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。

用土

水を多く欲するフクシアですが、水が滞留する土を使用するのは避けた方が良いです。水はけの良い用土を選びましょう。赤玉小土、腐葉土を混ぜ合わせ軽石等を底に敷き用土を作ると水はけが良くなります。

フクシアの育て方のポイント

水やり

暑さに弱いフクシア。水やりはとっても重要です。気温が高くなり湿度も上がる時期は水やりを怠らないようにしましょう。水を与えるのも土の表面を濡らす程度というより、たっぷり与えて構いません。それでも根腐れを起こさずに吸引してくれます。

肥料

成長著しい時期に追肥を行います。先回りして行うと良いでしょう。月に何度か液体肥料を施すと十分です。忘れてしまいそう、管理するのが苦手と言う方は差しっぱなしの遅性の液体肥料があります。そちらを使用してください。

病害虫

付着することによって植物にカビが発生し枯らしてしまう害虫がいます。それが「オンシツコナジラミ」です。どの時期でも発生する厄介な害虫なので、見つけ次第除去しましょう。また、防虫剤を蒔き予防すると、管理が楽になります。

フクシアの詳しい育て方

選び方

小株、中株、大株、と有りますがご自宅で育てられる大きさによって選びましょう。大きすぎると管理しきれなくなる為、初心者の方は小さ目の種類を選ぶと良いです。また、フクシア専用の園芸会社に苗を見に行く、注文をすると専用の用土が共に販売されている場合があります。確実に育てたいのならこちらを利用するのも手でしょう。

種まき

暖かい時期に種まきを行います。寒い時期に行うと発芽の温度になっておらず蒔いても意味がありません。プランターを用意し等間隔に種を並べ土を被せます。一か月をめどに発芽状況を見ると良いでしょう。それ以上経過しても何も起こらない場合は失敗となります。

植え付け

勿論地植えでも育てることが出来ますが、夏の暑い日にきちんと管理しておかないと早々に枯れてしまいます。自信の無い方は鉢に植え付けましょう。一回り大きい鉢を用意し、真っ直ぐに立つように苗を受け付けてください。鉢に植え付けた直後は反応を見る為に室内で育てると良いでしょう。

剪定・切り戻し

草丈が伸びる春から初夏にかけて剪定を行いましょう。葉が茂り過ぎると重なり合い十分に光合成が出来ないからです。これから成長しそうなものを選んでそれ以外の葉を剪定しましょう。また、花殻は早めに積んだ方が後の成長を促します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

フクシアは種まきで育てられますが、芽から苗を育て花を咲かすのは時間が掛かります。圧倒的に簡単な方法は挿し木です。選ぶ枝はその年に生えてきた若い枝。古いものは成長する力が少し足りないので避けた方が良いでしょう。10cmほど切り取れば十分です。下葉を取り除き、用土を敷き詰めたポッドに挿し木を挿します。あとはたっぷり水を与えて半日陰の場所で管理します。一か月ほどで新芽が顔を表しますよ。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング