半日陰で美しく育つ寄せ植え !ヤマアジサイの涼やかなシェードガーデン

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

あまり日があたらない庭やベランダでは、寄せ植えは育てられないと思っていませんか?1日のうちで数時間だけ日があたるような場所や、木漏れ日がさすような明るい日陰を好む植物を集めて寄せ植えをつくれば、あまり日があたらない場所でも全く問題ありません。今回紹介する寄せ植えのイメージは、涼やかな木漏れ日のシェードガーデン。そんな屋外の半日陰だからこそ美しく育つ寄せ植えの作り方を紹介します!

シェードガーデンの寄せ植えの目次

半日陰におすすめの寄せ植え植物6種

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ ~アジサイ科 半耐寒性落葉低木~

 

フクシア

フクシア ~アカバナ科 半耐寒性低木~

 

ラミウム

ラミウム ~シソ科 耐寒性多年草~

 

ヒューケラ

ヒューケラ ~ユキノシタ科 耐寒性多年草~

 

コデマリ ゴールドファウンテン

コデマリ ゴールドファウンテン ~バラ科 耐寒性落葉低木~

 

ミスキャンタス

ミスキャンタス ~ユリ科 耐寒性多年草~

目次に戻る≫

シェードガーデンの寄せ植えを教えてくれた井上まゆ美さん

井上 まゆ美 さん 園芸家。株式会社河野自然園 代表取締役。横浜市にある自社農園での定期講習や北海道から九州まで全国各地への出張講習を含め、年間約100講座を開講しています。

井上 まゆ美 さん
園芸家。株式会社河野自然園 代表取締役。横浜市にある自社農園での定期講習や北海道から九州まで全国各地への出張講習を含め、年間約100講座を開講しています。

▼井上まゆ美さんについてもっと詳しくはこちら。

目次に戻る≫

シェードガーデンの寄せ植えの作り方

 

今回は園芸家の井上まゆ美さんに、初夏のシェードガーデンを爽やかに彩るヤマアジサイの寄せ植え寄えを教えていただきました!

淡いピンクをメイン、黄色をさし色にしました。こんもりとアイスクリームのようなドーム形をイメージして植えていき、葉ものでアクセントをつけるのがポイントです。

 

1.  鉢底ネットを敷いた器に、鉢底石の代わりとして細かめのパーライトを器の高さの1/5ほど入れます。その上に培養土を入れていきます。

1. 鉢底ネットを敷いた器に、鉢底石の代わりとして細かめのパーライトを器の高さの1/5ほど入れます。その上に培養土を入れていきます。

 

2. 鉢の部分が一番高さがある苗を置いて、土の高さを決めます。寄せ植えの中心となるヤマアジサイから植えていきます。

2. 鉢の部分が一番高さがある苗を置いて、土の高さを決めます。寄せ植えの中心となるヤマアジサイから植えていきます。

 

3. ヤマアジサイの後方にコデマリとミスキャンタス、左手前にヒューケラを植えます。

3. ヤマアジサイの後方にコデマリとミスキャンタス、左手前にヒューケラを植えます。

 

4. 右手前にフクシアの苗を少し外側へ傾けて植え、ナチュラルな仕上がりにします。

4. 右手前にフクシアの苗を少し外側へ傾けて植え、ナチュラルな仕上がりにします。

 

5. 正面にラミウムを入れます。隣り合う葉を絡ませてそれぞれの葉が美しく見えるようにすると、寄せ植え全体がなじみ、少し前からそこで育っていたような自然な景色ができます。

5. 正面にラミウムを入れます。隣り合う葉を絡ませてそれぞれの葉が美しく見えるようにすると、寄せ植え全体がなじみ、少し前からその場所で育っていたような自然な景色ができます。

 

6. まわり一周と、苗と苗の隙間にもしっかり土を入れます。割りばしなどの棒で土をつっつき、鉢全体に土が行き渡るよう整えます。

6. まわり一周と、苗と苗の隙間にもしっかり土を入れます。割りばしなどの棒で土をつっつき、鉢全体に土が行き渡るよう整えます。

 

7. 完成!根元にたっぷり水をあげます。作りたては土に水が浸透しにくいので、何回かに分けて水が底から流れ出るくらいあげましょう。半日陰の風通しが良い場所で、しっとりと美しく育てます。

7. 完成!根元にたっぷり水をあげます。作りたては土に水が浸透しにくいので、何回かに分けて水が底から流れ出るくらいあげましょう。半日陰の風通しが良い場所で、しっとりと美しく育てます。

目次に戻る≫

寄せ植え完成後のお手入れ

花が終わったら、新芽を伸ばすために、葉の上でカットします。花に一番近い節もしくは二番目に近い節の部分で切ります。

花が終わったら、新芽を伸ばすために、葉の上でカットします。花に一番近い節もしくは二番目に近い節の部分で切ります。

 

ヤマアジサイの花が終わった後は、ヤマアジサイのみ別の鉢に植え替え、空いた所に他の花苗を入れるとさらに長く楽しめます。写真のインパチェンスは花期が長く、半日陰で美しく咲き丈夫でおすすめです。  暑い日に木漏れ日のシェードガーデンで涼むと気持ちがいいですよね。今回はそんな涼やかな半日陰で美しく育つヤマアジサイの寄せ植えを紹介しました。ぜひ、作ってお楽しみください。

インパチェンス ~ツリフネソウ科 非耐寒性一年草~

ヤマアジサイの花が終わった後は、ヤマアジサイのみ別の鉢に植え替え、空いた所に他の花苗を入れるとさらに長く楽しめます。写真のインパチェンスは花期が長く、半日陰で美しく咲き丈夫でおすすめです。ヤマアジサイの場所にインパチェンスを植え、インパチェンスとフクシアの花がら取りを続けて、晩秋まで美しい寄せ植えを楽しみましょう。

 

暑い日に木漏れ日のシェードガーデンで涼むと気持ちがいいですよね。今回はそんな涼やかな半日陰で美しく育つヤマアジサイの寄せ植えを紹介しました。ぜひ、作ってお楽しみください。

暑い日に木漏れ日のシェードガーデンで涼むと気持ちがいいですよね。今回はそんな涼やかな半日陰で美しく育つヤマアジサイの寄せ植えを紹介しました。ぜひ、作ってお楽しみください。

 

今回の撮影は、井上まゆ美さんが代表を務められる河野自然園の農園ハウスで行いました。季節の草花や多肉植物などが豊富にそろっていて、見ていて飽きない素敵な場所です。皆様もぜひ、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

今回の撮影は、井上まゆ美さんが代表を務められる河野自然園の農園ハウスで行いました。季節の草花や多肉植物などが豊富にそろっていて、見ていて飽きない素敵な場所です。近くに行った際は足を運んでみてください!

目次に戻る≫

余談ですが、Botapii掲載「季節を彩る寄せ植え作り」のページづくりのため、寄せ植え撮影チームが毎回全力で取材しています!次回の寄せ植え取材記事もお楽しみに!

余談ですが、Botapii掲載「季節を彩る寄せ植え作り」のページづくりのため、寄せ植え撮影チームが毎回全力で取材しているところ。毎回、その時によって様々な表情を見せてくれる寄せ植えの魅力を伝えるために、「こうしたい」「あーしたい」と毎号力が入っています!

次回は誰がどのような寄せ植えを紹介するのでしょうか?お楽しみに!

▼編集部のおすすめ

山紫陽花(ヤマアジサイ)

  • 山紫陽花は日本の各地で古くから自生している野生種の紫陽花です。丸く小さめの花房と小ぶりな葉が繊細な印象を与えます。細い枝の先に、たわわな花が咲き満開で膨らむ様子は可愛らしさと華やかさを見せてくれます。

    山紫陽花は日本の風土に良くあい耐寒性と耐暑性もあり、置き場所も直射日光を避けた日当たりの良い場所から半日陰まで育てやすい植物です。仕立て方によっては鉢植えで小さく育てる事も出来ます。

    紫陽花は別名「七変化」と呼ばれる事からも想像がつくように、花色を鮮やかに変化させます。色の変化は土の性質(成分)を吸収する事によって植えられた土によって色を変化させる特徴がある植物です。

    山紫陽花は有毒の為、花や葉を口にしない様に注意が必要です。

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「半日陰で美しく育つ寄せ植え !ヤマアジサイの涼やかなシェードガーデン」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ