ガーデニング初心者さん必見!草花の水やりについての基礎知識

金子三保子

金子三保子

12522views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

自然に植わっている植物は、雨がまんべんなく地面に水をまいてくれますが、鉢植えの場合は、人間が水をあげなくてはなりません。

水やりは、簡単なようでいて奥の深い作業。「水やり3年」という言葉もあるくらいです。(上手に水やりが出来るようになるには3年の年月がかかりますよという意味)

植物にとって、水は足らなくても、あげすぎでも苗が弱ります。

植物によって、季節によって、的確な水やりが出来るようになると園芸のレベルがぐんと上がります。

今回は、一般的な草花への水やりについてご説明します。

 

乾いたらたっぷりと!

よく水やりについての表現で「乾いたらたっぷりとあげてください」という言葉を見かけることが多いと思います。

乾いたらたっぷりとって?・・・園芸初心者さんは、この表現自体が「?」ではないでしょうか。

 

乾いたら・・・

ついつい花ばかりに目が行きがちですが、水やりに関しては植物が植えてある「土の表面の色」も日々注意深く見ることが大切です。

 

土が乾いて乾燥してくると、土の色が白っぽくなってきます。

この状態が「乾いたら」、そろそろ水やりをするサインです。

 

たっぷりと・・・

上のような白っぽい土になってきたら、水をたっぷりとあげます。その時のあげ方にもポイントがあります。

それは、強い水流で一気にあげないことです。

勢いよく水をあげると、土の表面は確かに黒く水を吸った状態の土の色になりますが、一気に鉢底まで水が流れてしまい、鉢の中の土は全く水を吸収していないこともあります。

優しい水流で数回に分けてあげて、鉢底から水が出てくるくらい・・・これが「たっぷりと」です。

 

水は植物にかけるというよりは土の表面にかけるイメージで

葉っぱに水がかかりすぎて、常に葉っぱが濡れている状態だと、うどん粉病などの菌系の病気にもなりやすくなります。

また、ラナンキュラスなど、花びらの枚数が多い花に水がかかると、花の奥の方に水分が残ってしまって、花が腐って開かない原因にもなります。花や葉っぱにはなるべく水をかけないようにしましょう。

 

一般的な春の草花の水やり

パンジー、ビオラなどの草花やハーブなど、一般的な植物は「乾いたらたっぷり」を意識すれば十分です。

冬から春は、同じ植物でも、置き場の日当たり具合によって、毎日あげることもあれば、数日に1回くらいの場合もあります。土の表面を見てあげるようにします。

 

水やりの時間帯

もうひとつ、注意するのは時間帯。外の植物への水やりの時間帯は、一年通して基本的には「午前中」が最適です。特に冬から早春の気温の低い季節は、夕方になってからの水やりは、乾かずに夜になってしまい、葉っぱが凍ってしまったり、霜によって根がやられてしまったりします。

 

乾燥を好む草花

プランツタグや植物の管理についての説明に

・乾燥を好む

・過湿を嫌うので乾燥気味に

・蒸れには弱い、高温多湿を嫌う

などと書かれている場合は、特に十分に乾いてからたっぷりとあげるようにします。

乾き気味の土が好みの植物を具体的にご紹介すると・・・

ワスレナグサ

 

ネモフィラ

 

ルピナス

 

花菱草

 

ラナンキュラス、アネモネなどの球根の花

水をあげすぎると球根が腐ってしまいます。

 

いかがでしたか?

春はガーデンニングをはじめるには最適な季節です。参考にしてみてくださいね。

 

midolas

「ガーデニング初心者さん必見!草花の水やりについての基礎知識」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

オススメ特集