ビバーナム・スノーボールの育て方|植物図鑑

植物名
ビバーナム・スノーボール
学名

Viburnum opulus 

英名
Snowball
和名
洋種肝木
科名
スイカズラ科
属名
ガマズミ属
原産地
ヨーロッパ、北アフリカ

ビバーナム・スノーボールの特徴

ビバーナム・スノーボールは、スイカズラ科の落葉性低木です。

ビバーナム・スノーボールは新緑の季節にグリーンから白に花の色が変化するので、白にこだわったホワイトガーデンをはじめ、どんな花色にもあうのでおすすめの庭木です。花の他、秋の紅葉の美しさも目を引きます。

ビバーナムは、このスノーボールをはじめ、同じビバーナムとついていてもたくさん種類があって、植物の属性から違うものもありますのでご注意ください。

(例 ビバーナム・ティナス、オオデマリ、ビバーナム・オプルス、ビバーナム・サーゲンティー・・・など、ビバーナムとついている花がたくさんあります。)

ビバーナム・スノーボールの詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 2~5m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 グリーン~白
開花時期 4月~5月

ビバーナム・スノーボールの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花
剪定

ビバーナム・スノーボールの栽培環境

日当たり・置き場所

半日以上、日が当たる水はけのよい場所に植え付けましょう。

用土

ビバーナム・スノーボールは特に土質を選びません。鉢植えのビバーナム・スノーボールは草花用の培養土で問題なく育ちます。

ビバーナム・スノーボールの育て方のポイント

水やり

地植えのビバーナム・スノーボールは、根付いてからの水やりは必要ありません。

鉢植えのビバーナム・スノーボールは、「土の表面が乾いたらたっぷりと」を目安に水やりをするようにします。

肥料

葉が動き出す前の2月ごろと花の開花後にお礼肥えとして肥料を施しましょう。

病害虫

ビバーナム・スノーボールは病害虫には強い花木ですが、3月~4月の若葉の季節に葉が穴だらけの虫食い状態になったら、サンゴジュハムシの食害かもしれません。

サンゴジュハムシは、3月~4月は幼虫として葉を食害し穴だらけにしたのち、5月に一度土に潜り、6月~7月に成虫になると再度葉を食べて、葉っぱが茶色く穴だらけになります。一度食われだすと毎年のように卵を産み付けて食害されるので、幼虫や成虫の時に捕殺するか、薬品を散布して虫のサイクルを絶つ必要があります。

ビバーナム・スノーボールの詳しい育て方

選び方

ビバーナム・スノーボールは花付きの鉢ものが春に出回ります。枝ぶりがよく、葉っぱが生き生きとしている株を選びましょう。

植え付け

ビバーナム・スノーボールは特に土質を選びませんが、水はけのよい場所に植え付けましょう。鉢に植える場合は、花用の培養土で問題なく育ちます。

剪定・切り戻し

ビバーナム・スノーボールは、あまり剪定をせず放置しても自然に樹形が整います。もし剪定をする際は一番大切なのは剪定の時期です。ビバーナム・スノーボールは秋以降は次の花芽を形成するため、花の後の剪定は遅くても7月いっぱいに済ませましょう。

ビバーナムの枝の広がり方は横に広がるように生長します。特に剪定をしないでも樹形は整いますが、剪定をすると分岐が盛んになり花つきが良くなります。

植え替え・鉢替え

鉢植えのビバーナム・スノーボールは、2~3年に1回、一回り大きめな鉢に植え替えます。

ビバーナム・スノーボールは4月~5月に開花します。咲き始めが緑で徐々に白に変化していきます。

夏越し

ビバーナム・スノーボールは特別な夏越しの必要はありません。

冬越し

ビバーナム・スノーボールは特別な冬越しの必要はありません。ビバーナム・スノーボールは紅葉も美しい花木です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ビバーナム・スノーボールは挿し木で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング