フクシアの花言葉|種類、花の特徴、名前と花言葉の由来 

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

フクシアの花言葉や種類、花の特徴、名前と花言葉の由来などをご紹介!フクシアは、まるでイヤリングのような美しい花を咲かせる樹木。品種改良が進み、最近は鉢植えだけでなく庭植えや寄せ植え、ハンギングバスケットに使う花苗としても人気があります。

目次

フクシアの花言葉

「フクシア」の花言葉は「上品な趣味」「お洒落な人」

目次に戻る≫

フクシアについて|基本情報

科・属 アカバナ科・フクシア属
和名 釣浮草(ツリウキソウ)
英名 Fuchsia、Lady’s eardrop
学名 Fuchsia
原産地 中南米ほか
開花期 6月~9月

目次に戻る≫

フクシアとは|花の特徴・名前と花言葉の由来

フクシア 育て方 特徴

フクシアは花が筒状に開いてガクがそり返り、下向きに開くという独特な咲き方をする花木。樹高は低く、落葉の性質があります。株の姿は立性のタイプとやや下垂するタイプがあります。

フクシアはイヤリングのように花を垂れ下がらせて咲くその花姿から、貴婦人のイヤリングと呼ばれることもあります。英名ではLady’s eardropとも呼ばれます。花はとても鮮やかでガクと花びらで2色咲きのように見えます。花色は白、桃、紅、紫、複色などがあります。花の形は一重咲きから八重咲きまであり、花のサイズも小輪から大輪まで多様です。

フクシアという名は植物学者のレオンハルト・フックスという方の名前にちなんで付けられました。また、和名の釣浮草(ツリウキソウ)は、花姿が釣りのウキに似ていることが由来とされています。

フクシアは基本的に高温多湿に弱く、寒さにもそれほど強くありません。高冷地や湿った山野などに自生し、涼しくて湿った環境を好むため、日本では夏越しが難しいとされる植物です。夏は室内の風通しの良い明るい場所に移動させて管理します。一重咲きで小輪の品種は八重咲きの大輪品種よりも暑さに強いと言われています。フクシアは今まで鉢花として出回ることが多かったイメージがありますが、最近では品種改良が進んで以前より暑さや寒さに強い品種も増え、庭植えとしてもよく用いられるようになりました。また、品種を選べば温暖地では霜よけ対策をして屋外で冬越しできるものもあります。

フクシアは、見た目が上品でオシャレなことから「上品な趣味」「お洒落な人」という花言葉が付けられたと言われています。

目次に戻る≫

フクシアの種類

フクシアの品種は数多く存在します。

エンジェルス・イヤリング

暑さ寒さに比較的強く、育てやすく人気がある品種です。

メヌエット

暑さ寒さに比較的強く、矮性の品種です。

ヘンケル

比較的暑さに強い品種です。赤い花とシックな葉が特徴的。

マリンカ

比較的夏に強く、枝が横に伸びるのでハンギング仕立てに向いています。赤色の花が咲きます。

トリフィラ

夏越ししやすく、冬越しが少し苦手。オレンジ色のガクが特徴です。

マゲラニカ

耐寒性があり、イギリスではよく生け垣に使われることもあるフクシアです。赤色の花が咲きます。

 

▼フクシアの詳しい育て方はこちら


▼フクシアの関連記事はこちら


 

▼366日誕生花一覧

 

▼前向きな花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「フクシアの花言葉|種類、花の特徴、名前と花言葉の由来 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花と花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス