2019年の穀雨(二十四節気)はいつ?暦のある生活

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

暦(こよみ)は中国から日本に渡ってきたものです。季節を記録するものとして太陽暦(新月の日を1日としてひと月を定めたもの)を用いていました。太陽暦の一年間、春夏秋冬を二十四分割したものを、二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。この場合、一年は二十四節気の「立春」から始まり「大寒」で終わります。季節をより身近に感じることのできる、二十四節気をご紹介します。

目次

二十四節気とは?

穀雨(こくう)とは? どういう意味?

穀雨(こくう)はいつごろ? 2019年はいつ?

季節を感じる言葉

季節を感じる花

穀雨に旬を迎える食べ物

 

二十四節気とは?

二十四節気とは、春夏秋冬一年間を二十四分割したもののことです。

二十四節気は、小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至です。春分や夏至、秋分や冬至などよく耳にすることばもありますね。中国から伝わった二十四節気は日本の気候に合わないものもあったので、農耕が盛んだった日本では「雑節(ざっせつ)」という暦を合わせて、日本では旧暦として用いていました。雑節には節分や彼岸などがあります。

七十二侯もある

二十四節気をそれぞれ三分割したものを七十二侯(しちじゅうにこう)といいます。

24 × 3 = 72

一年間を七十二個に分けたもので、初侯・次侯・末侯という三つの侯があります。春分も初侯・次侯・末侯に分けることができます。

穀雨の場合

初侯-葭始生 (あしはじめてしょうず)
水辺に生える多年草の葦(アシ。現代ではヨシと呼ぶ)が生えてくる時期。

次侯-霜止出苗(しもやんでなえいず)
田植えの準備をする時期で、田んぼにも霜が降りなくなり、稲の苗も成長してきた頃のことです。

末侯-牡丹華 (ぼたんはなさく)
牡丹の花が咲くころ。富貴な花、高貴な花として中国で「花の王」とされている牡丹の花が見ごろを迎える時期です。


目次に戻る≫

穀雨(こくう)とは? どういう意味?

穀雨は二十四節気の第6節目です。穀雨とは、「穀物を運んでくれる春の雨」という意味です。農業を行っている人にとっては、この穀雨をひとつの作業目安としてとらえています。田んぼの準備も整い、さあ田植えに取り掛かろう・・・そんなタイミングがこの穀雨なのです。

目次に戻る≫

穀雨(こくう)はいつごろ? 2019年はいつ?

二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。2019年の穀雨は4月20日です。また、4月20日から次の二十四節気の次の第7節、立夏の5月5日までの15日間ぐらいを指します。

目次に戻る≫

季節を感じる言葉

春眠暁を覚えず

この言葉、「こんなに眠いのは春だから仕方ない」という意味で使っていたのですが、実はこれは少し違うようです。冬から春になると、夜明けがどんどん早くなっていきます。その様を見ながら、夜明けがこんなに早いのは春だからなんだなあ、という意味合いが込められているのがこの言葉の始まりなんだとか。春だから眠い、というのは気圧の変動や気候の変化で自律神経が乱れやすくなります。季節に応じて変化するからだの自然な反応なのですが、この言葉は適切ではなさそうですね。

八十八夜

茶摘みの歌で聞いたことがあるのではないでしょうか。夏の気配も近づいてきた立春から八十八日目の夜に摘んだ茶は健康に良いとされていました。2019年の八十八夜は5月2日です。

目次に戻る≫

季節を感じる花

二十四節気の穀雨である新暦の4月20日は春の花が開花していく時期です。

牡丹

美しい女性の姿を形容する言葉として「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉。牡丹は落葉低木なので低い位置で花を咲かせるため、椅子に座っている女性の姿になぞらえたのですね。

植物名 ぼたん(牡丹)
学名 Paeonia suffruticosa
英名 Tree peony
科名

ボタン

属名

ボタン

原産地

中国北西部

美しい女性の姿を形容する言葉として「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉。牡丹は落葉低木なので低い位置で花を咲かせるため、椅子に座っている女性の姿になぞらえたのですね。

▼牡丹についてはこちらの記事もチェック!

ボタン(ぼたん・牡丹)

  • 牡丹は芍薬と花はよく似ていますが芍薬は季節になると土から直接芽を出す多年草とは違い、落葉低木にまります。

    時期になると新芽が芽吹き先端に花径15~40cm程の花をつけます。

    花形は一重、八重、千重、万重、獅子咲きなどの種類が多い植物です。一般的には春咲きの春牡丹ですが、初冬に寒牡丹という春牡丹より小ぶりで、春と秋の二回咲く種類があります。冬牡丹と言われているものは寒牡丹より大きな花を咲かせる春牡丹を温度管理によって花の少ない冬に楽しむ為に人工的に咲かせたものをそう呼びます。

     

    花色は白、桃、紅、朱赤、黄、絞りや複色など種類が豊富です。中国原産の花木で奈良時代に薬用木として渡来しその後改良が進んだ結果中国の品種とは異なる独自の品種群がつくりだされました。欧米で改良された品種群にフランスボタン、アメリカボタンがあります。

チューリップ

春に咲く花として多くの方がイメージするのがチューリップです。

植物名 チューリップ
学名 Tulipa gesneriana
英名 Tulip
科名 ユリ科
属名

チューリップ属

原産地

トルコ

春に咲く花として多くの方がイメージするのがチューリップです。様々な色味や花びらの形状がおもしろいもの、また原種のチューリップもたくさん出回るようになり、楽しめますね。球根を庭や鉢に植えていた人たちは開花が楽しみな時期ですね。

▼チューリップについてはこちらの記事もチェック!

チューリップ

  • チューリップは春に花咲く球根植物です。チューリップの球根は直径3cmほどのものが多く、玉ねぎのような形をしています。この球根を地面に植え育てるのです。球根の先はとがっていて、その先端から花茎や葉を伸ばします。花茎の背丈は種類にもよりますが、15cmよりも下のものはありません。おおよそ15cm~60cmのものまでが主に出回っています。花びらの色は皆さんも良くご存知の様に赤、白、黄色をはじめ、ピンク、紫、複色などさまざま。咲き方も、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、八重咲きなどいろいろな咲き方があります。チューリップの開花時期は、大きく分けると、早咲き、普通咲き、遅咲きの3時期があります。同じチューリップでも開花の時期がかなり違うので、違う開花時期のものを一緒に寄せ植えすると、開花時期がずれてしまい見栄えが悪いので、鉢植えに植える場合は単一種を植え付ける方が一般的です。

    チューリップの育て方で大切なことは

    1.よい球根を選ぶこと

    2.適切な場所に植えて、適量の水やりをすること

    3.寒さに当てること

    です。

ヨモギ

植物名 ヨモギ(蓬)
学名 Artemisia indica
英名 Mugwort
科名 キク科
属名

ヨモギ属

原産地

日本

春になると土手や草地にはえているヨモギ。ヨモギは日本原産のハーブで、草餅にしたり古くは薬として用いていました。沖縄では「フーチバー」と呼び、豚肉などのにおい消しや薬味、健康に良いとされて今も親しまれています。私はおばあちゃんがヨモギでヨモギモチを作る絵本が大好きで、この季節ヨモギを見るとよく読んでもらったことを思い出します。

▼ヨモギについてはこちらの記事もチェック!

目次に戻る≫

穀雨に旬を迎える食べ物

新ごぼう

通常のごぼうと品種に差はありませんが、通常のごぼうが秋に植え付けし、翌年の秋に収穫するのに対して新ごぼうは秋に植え付けし、翌年の春~夏に収穫します。

ミョウガ(みょうが・名荷)

  • ミョウガは、中国・朝鮮半島・日本・台湾に自生する宿根性の多年草です。日本でも本州から沖縄まで自生しています。地下茎を伸ばして生長します。半日陰と湿った土壌を好みます。地下茎は低温に耐えるため、秋には根に栄養をため休眠期間に入ります。

    ミョウガの蕾を食べる「花ミョウガ」と、植え付けてから2~3年たったミョウガの新芽を遮光して軟白化した幼茎「ミョウガ茸」を食べます。

    独特な香りをもつ香味野菜。先端の紅色が鮮やかで、ふっくらしたものが良質です。

    東京の地名で「茗荷谷(みょうがだに)」がありますが、かつてその場所がミョウガの産地だったことが由来です。切り立った崖の下に清水がわき、周囲でミョウガがたくさん採れたことが分かる文献や地図が残されています。

この春の時期に取れる鯵は小ぶりなものが多く、脂のりが良いとされています。

こごみ

シダ植物である草ソテツの若い芽をこごみといい、春の山菜としいてお浸しなどで食べます。

シダ植物である草ソテツの若い芽をこごみといい、春の山菜としてお浸しなどにして食べます。

▼シダ植物についてはこちらの記事もチェック!

目次に戻る≫

二十四節気を知ると、日本はもともと農作業が生活の中心だった国なんだなあとしみじみ思います。ベランダ菜園や家庭菜園、毎日の食卓でも二十四節気や暦を意識してみると、新しい発見がたくさんあるかもしれませんね。

▼関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2019年の穀雨(二十四節気)はいつ?暦のある生活」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

おすすめ