新生活グリーン特集

2019年の清明(二十四節気)はいつ?暦のある生活

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

暦(こよみ)は中国から日本に渡ってきたものです。季節を記録するものとして太陽暦(新月の日を1日としてひと月を定めたもの)を用いていました。太陽暦の一年間、春夏秋冬を二十四分割したものを、二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。この場合、一年は二十四節気の「立春」から始まり「大寒」で終わります。季節をより身近に感じることのできる、二十四節気をご紹介します。

目次

二十四節気とは?

清明(せいめい)とは? どういう意味?

清明(せいめい)はいつごろ? 2019年はいつ?

季節を感じる花

清明に旬を迎える食べ物

沖縄の清明祭(シーミー)とは?

 

二十四節気とは?

二十四節気とは、春夏秋冬一年間を二十四分割したもののことです。

二十四節気は、小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至です。春分や夏至、秋分や冬至などよく耳にすることばもありますね。中国から伝わった二十四節気は日本の気候に合わないものもあったので、農耕が盛んだった日本では「雑節(ざっせつ)」という暦を合わせて、日本では旧暦として用いていました。雑節には節分や彼岸などがあります。

七十二侯もある

二十四節気をそれぞれ三分割したものを七十二侯(しちじゅうにこう)といいます。

24 × 3 = 72

一年間を七十二個に分けたもので、初侯・次侯・末侯という三つの侯があります。春分も初侯・次侯・末侯に分けることができます。

清明の場合

初侯 玄鳥至る   (つばめきたる)     つばめが軒先などに来る時期。つばめは海を渡って春になると日本へやってきます。  次侯 鴻雁北へかえる(がんきたへかえる)   日が暖かくなって雁がシベリアへ帰っていく時期です。また秋になると日本へ飛んできます。  末侯 虹始めて見る (にじはじめてあらわる) 春雨が上がった後、初めて虹を見れる。夕方雨が降ったあとに虹がよく見れるようになります。

初侯-玄鳥至る(つばめきたる)

つばめが軒先などに来る時期。つばめは海を渡って春になると日本へやってきます。

次侯-鴻雁北へかえる(がんきたへかえる)

日が暖かくなって雁がシベリアへ帰っていく時期です。また秋になると日本へ飛んできます。

末侯-虹始めて見る(にじはじめてあらわる)

春雨が上がった後、初めて虹を見れる。夕方雨が降ったあとに虹がよく見れるようになります。

目次に戻る≫

清明(せいめい)とは? どういう意味? 

清明は二十四節気の第5節目です。清浄明潔(しょうじょうめいけつ)という言葉の略です。「空気は澄んで、陽の光は明るく万物を照らして、全てがはっきりと鮮やかに見える」頃です。また芽吹いた植物の葉が開き、なんの植物かがわかるようになる季節とも言われています。

目次に戻る≫

清明(せいめい)はいつごろ? 2018年はいつ?

二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。2019年の清明は4月5日です。また、4月5日から次の二十四節気の次の第6節、穀雨の4月20日までの15日間ぐらいを指します。

目次に戻る≫

季節を感じる花

二十四節気の清明である新暦の4月5日ごろは新緑の勢いが力を持っていく時期です。

カタクリ

 

植物名 カタクリ(片栗)
学名 Erythronium japonicum
英名 Japanese dog’s tooth violet
科名

ユリ科

属名

カタクリ属

原産地

日本、東アジア

春の妖精、と呼ばれるカタクリ。まだ雪の残る森でいちはやく紫の花を咲かせ、他の草木が勢いよく生い茂る初夏には、早々と地上部を枯らして休眠に入ります。

▼カタクリについてはこちらの記事もチェック!

アネモネ

草丈25~40cmになるキンポウゲ科の多年草です。茎はスッと直立して直径10cm前後の花を咲かせます。和名はボタンイチゲ(牡丹一華)やハナイチゲ(花一華)といいます。まだ花の少ない2月下旬ごろから5月頃までと開花期が長く、赤、白、ピンク、紫や青など豊富な花色や一重だけでなく半八重や八重など花形の異なる多くの品種があり切り花や花壇で広く栽培されています。

植物名 アネモネ
学名 Anemone coronaria
英名 Anemone
科名 キンポウゲ科
属名

アネモネ属

原産地

地中海沿岸からヨーロッパ南部

草丈25~40cmになるキンポウゲ科の多年草です。茎はスッと直立して直径10cm前後の花を咲かせます。和名はボタンイチゲ(牡丹一華)やハナイチゲ(花一華)といいます。まだ花の少ない2月下旬ごろから5月頃までと開花期が長く、赤、白、ピンク、紫や青など豊富な花色や一重だけでなく半八重や八重など花形の異なる多くの品種があり切り花や花壇で広く栽培されています。

▼アネモネについてはこちらの記事もチェック!

オキナグサ

ふわふわした繊毛が生えたオキナグサ。釣鐘のような花を地面に向けて咲かせる山野草。全体に毒性があるため、素手で植物の強いるなどに触れるとかぶれる場合があります。

植物名 オキナグサ(翁草)
学名 Pulsatilla cernua
英名 Nodding anemone
科名 キンポウゲ科
属名

オキナグサ属

原産地

日本、中国、朝鮮半島

ふわふわした繊毛が生えたオキナグサ。釣鐘のような花を地面に向けて咲かせる山野草。全体に毒性があるため、素手で植物の強いるなどに触れるとかぶれる場合があります。

▼オキナグサについてはこちらの記事もチェック!

目次に戻る≫

清明に旬を迎える食べ物

新じゃが

新じゃがとジャガイモの違いは、二十四節気のシリーズをご覧いただくと大体予想がつくかと思いますが、植え付けてから収穫、出荷までの期間が短いものを新じゃが、と言います。通常ジャガイモは春に植え付けたものを7月から11月ごろまでに収穫し、出荷していきます。新じゃがは、3月~6月ごろまでに収穫、すぐ出荷されるものを新じゃがといいます。

初ガツオ

この時期に獲れるカツオを初ガツオ、8月下旬~9月に獲れるカツオを戻りガツオと言います。脂ののった戻りガツオに比べるとあっさりしているものが初ガツオです。

にら

にらはこの時期旬を迎えます。1株から複数回収穫が可能ですが、一番最初に収穫できるにらが、一番柔らかく味もいいのだそう。

にらはこの時期旬を迎えます。1株から複数回収穫が可能ですが、一番最初に収穫できるにらが、一番柔らかく味もいいのだそう。

タラの芽

タラの木の新芽をタラの芽と呼びます。山菜として人気で、天ぷらなどで食べるのが好まれます。幹にとげが生えているのですが、鹿などに樹皮を食べられると、自らを守るために、その後はとげが鋭くなるんだそうです。

目次に戻る≫

沖縄の清明祭(シーミー)とは?

沖縄では清明節は大体的に執り行われます。もともと中国での清明節は日本のお盆のようなものです。現在もそうですがお墓にお参りに行ったり、親族で集まり、先祖供養を行う日。沖縄もその流れがあり、清明節のことは「シーミー」と呼び、親族一同お墓に行き(沖縄のお墓はとても大きくて、お墓の前でピクニックができるほど)、お重箱に詰めたご馳走をみんなで食べます。

目次に戻る≫

実は私の子どもは4月5日がお誕生日で、暦の上ではこんな素敵な日なんだ!ということがわかりました。今記事を読んでいるあなたのお誕生日はどんな暦の日でしょうか。調べてみると面白いかもしれませんね。

▼関連記事

▼関連ワード

「2019年の清明(二十四節気)はいつ?暦のある生活」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

デイリーアクセスランキング

おすすめ