花の寄せ植えレッスン | 春の風に揺れるアネモネの寄せ植え

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

まるで草原を切り取ってきたかのようにふんわりと揺れるアネモネの寄せ植え。

色合わせにもひと手間加えることでより素敵に仕上げます。

 

アネモネの咲き方

咲き方や生長の違いで印象が大きく異なります。お好みのアネモネを寄せ植えに選びましょう。

一重咲き

スタンダードな一重咲きの品種には親しみがあります。

 

八重咲き

ゴージャスな八重咲きの品種は生長すると花が開き、徐々に変わる花姿も魅力的。

 

寄せ植えの色みポイント

色みの合わせ方を少し工夫し、ワンランク上の素敵な寄せ植えに挑戦してみましょう。今回はアネモネのおしべの色に合わせて、同じ色のカラーリーフのビーツを選びました。お花の色から一つ選び、その色みに合わせた植物を取り入れることがポイントです。

 

寄せ植えの作り方

今回は決まった配置はありませんので自由に楽しみながら植えてみてください。アネモネを中心にふんわりとしたイメージをもって植えることがポイントです。

今回使用する鉢花

手順

1.鉢底石、鉢底ネット、緩効性肥料、土、土入れコップを準備し、肥料と土を混ぜながら鉢に入れていきます。

 

2.最初にアネモネを中央に植えます。アネモネ・エニシダ・バラを交互に、中央に寄せるイメージで植えていくと柔らかくバランスの良い印象になります。

 

3.アブラナ科のアリッサムは生長スピードが早いため、黄色くなった下葉は取り除き植えます。

 

4.最後に鉢の外側を植えて仕上げていきます。ビーツはカラーポイントとして植えます。

 

アネモネを植えるポイント

アネモネの蕾は地際にできるため、土をかぶせないように気を付けるのがポイント。また、根を崩さないよう優しく丁寧に植えてください。

 

その後の管理

アネモネは陽にあてないと花が閉じてしまいますので日当たりの良い戸外へ置きます。冷え込む日や夜などには軒下へ移動しましょう。花を楽しんだ後は地際からハサミで切り取ってください。

※管理内容は関東エリアを基準としています

 

いかがでしたでしょうか?

切り花としても綺麗ですが、集まっている様子もとっても美しいアネモネ。ぜひ寄せ植えを作って、春の雰囲気を感じて見てくださいね。

▼関連記事

▼関連ワード

「花の寄せ植えレッスン | 春の風に揺れるアネモネの寄せ植え」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ